時代が時代なら最年少のベストセラー作家になってたのに違いない秋元ういちゃん。

そんな天才作家・秋元ういちゃんの父親と母親の職業や年齢はどんな感じなんでしょうか。

秋元ういちゃんが本を書くくらいなので、凄い両親なのは間違いなさそうですが…。

また、気になるのが秋元ういちゃんに他に兄弟はいるかですよね。

もし、他にも兄弟がいるなら第二の作家になる可能性もありますしね。

今回は、そんな秋元ういちゃんについて記載していきます。

秋元ういちゃんのプロフィール

秋元うい

秋元ういちゃんのプロフィールを紹介します。

2018年にとある少女が本を出版したことで話題になりました。

その本のタイトルは「しょうがっこうがだいすき」という作品です。

この作品の著者はなんと小学校2年生の少女だという事に驚いた方も多いのではないでしょうか。

少女の名前は「秋元うい」。

2010年生まれで現在は9歳、小学校3年生です。

この「しょうがっこうがだいすき」を書いたとされる年齢が小学校2年生の8歳の時というのですから驚きです。

詳しい出身地は不明ですが、おそらく岐阜県出身ではないかと考えられます。

秋元ういちゃんの将来の夢はなんと「お金持ちになること」らしく、大人の考えからすると、印税でもう夢は叶っているのではないかと考えてしまいました。

ちなみに名前の「うい」は英語の「We」からとった名前だそうです。以上、秋元ういちゃんのプロフィールでした。

秋元ういちゃんの父親の職業や年齢は?

秋元祥治

秋元ういちゃんの父親の職業や年齢はどんな感じなんでしょうか。

秋元ういちゃんの父親の名前は秋元祥治で、1979年12月15日生まれの現在40歳です。

岐阜県出身で、岐阜高校を卒業後、早稲田大学教育学部と政治経済学部に入学、中途退学をしています。

現在ではNPO法人G-netの代表理事を務めており、岐阜大学や愛知県立大学、中央大学にて非常勤講師を務めるなど、「経済コンサルタント」として各地で活躍しています。

2012年には内閣府の「ものづくり日本大賞」の優秀賞受賞や、2013年経産省の「キャリア教育アワード」優秀賞を受賞するなど、その功績は多くの人たちの助けになっているというのがわかります。

秋元祥治自身も38歳の時に「20代に伝えたい50のこと」というタイトルの本を出しています。

やはり秋元ういちゃんが本を書けるのは、父親も本を出してたから抵抗がなくなったんでしょうね。

秋元ういちゃんの本は父親が編集したの?

秋元ういちゃんの本は父親が編集に加わってるんでしょうか。

父親である秋元祥治も本を出しているということを考えると、秋元ういちゃんはまだ小学校2年生でしたから、編集は父親の秋元祥治であるという事が考えられますね。

実際の作品を見てみると、ほとんどの文章がひらがなで書かれており、小学生の子どもが書いたということがしっかりと伝わってきます。

多少父親のアドバイスも受けて書いたと思われますが、本の構成も文章もすべて秋元ういちゃん自身が考えて書いたそうです。

表紙の絵も秋元ういちゃんが書いたものでしょう。

自費出版ということで、編集は父親の秋元祥治が行ったのは間違いなさそうです。

そして、非常に人気が高いことから絵本でも発売されました。

秋元ういちゃんはこれから小学生になる幼稚園や保育園の「後輩」達に読んで欲しくて書いたそうです。

父親の書いた本に影響を受けているという事も考えられますね。

秋元ういちゃんの母親の職業や年齢は?

高嶋舞

秋元ういちゃんの母親の職業や年齢はどんな感じなんでしょうか。

秋元ういちゃんの母親は高嶋舞として活動しています。

1981年8月生まれの現在37歳です。

愛知県岡崎市生まれで名古屋大学法学部法律政治学科を卒業

現在は岡崎ビジネスサポートセンターOka-Bizの副センター長を務めながら、愛知県立大学で非常勤講師を務めています。

主に、中小企業などの経営アドバイスを行っていたり、地域まちおこしのサポートなどの活動を行っているそうです。

女性が働きやすい、女性の働き方を考える活動も3児の母親である目線から取り組んでいるそうですね。

秋元ういちゃんの父親も母親も非常に精力的に活動しているのがわかりますね。

そんな両親の背中を見て秋元ういちゃんも本を書いたのではないかということを感じます。

秋元ういちゃんに他に兄弟はいるの?

秋元ういちゃんの他に兄弟はいるのでしょうか。

秋元ういちゃんの母親のプロフィールを見ると、「3児の母親」と記載されています。

その事から、秋元ういちゃんには兄弟がいるという事がわかりますね。

更にプロフィールを読み進めると、「2010年、2012年、2014年に出産を経験」と記載されています。

秋元ういちゃんは2010年生まれなので、長女であるということがわかります。

また、高嶋舞のプロフィール写真には3人の子供と写っている写真を載せており、3人ともとても可愛らしい女の子ということがわかります。

このことから、秋元ういちゃんは3姉妹の長女であるということが言えますね。

全員2歳差ずつであるということもわかります。

きっと仲良し姉妹なのでしょう。

もしかすると、次は次女が本を…なんてことも考えられそうですね。

秋元ういちゃんの通ってる小学校はどこ?

秋元うちちゃんの通っている小学校はどこなのでしょうか。

秋元ういちゃんの出した「しょうがっこうがだいすき」という本についての記事をみていくと、「岐阜市の小学生」という紹介を見つけました。

このことから、秋元ういちゃんは岐阜県岐阜市内の小学校へ通っていると考えられます。

詳しい小学校の名前はわかりませんでしたが、岐阜市内には46校の小学校があります。

きっと小学校でも秋元ういちゃんの本は話題になったことでしょう。

クラスの人気者になれているということが想像できますね。

まだ小学校低学年ですが、自分より下の子ども達に向けた内容の本を書くという事は、長女だからこそ考えられることなのかもしれません。

本当に将来が楽しみな小学3年生ですね。

今回は、秋元ういちゃんについて記載しました。

秋元ういちゃんの父親と母親の職業や年齢についてまとめましたが、さすがの両親でしたね。秋元ういちゃんが作家デビューできたのも納得です。また、秋元ういちゃんには他にも兄弟がいるので、第二の作家、第三の作家が出てくれば、めちゃくちゃおもしろいですよね!