知ってるようで、知らない初詣のこと。

いつまでに初詣は行けば良いんでしょうか。

また、神社とお寺で新年のお参り作法は違うんでしょうか。

今回は、そんな初詣について記載していきます。

初詣はいつまでに行けばいい?

新年になると初詣に行きます。

家族揃っての初詣となると全員の予定が合わなかったりして、なかなか元日に行けなかったりしますよね。

初詣とは氏神様などに前の年を無事に過ごせたことの感謝と報告をし、新しい年も無事に過ごせるようにお願いに行く行事です。

二年参りと呼ばれる大晦日から元日にかけて初詣に行く人もいるでしょうし、元日に初詣に行く人もいると思います。

初詣はその年の最初に寺社へ参拝に行くことを言い、出来れば三が日までに行くのが良いと思います。

三が日が無理な時は、松の内までに行くようにすると良いと言われています。

松の内は東日本では1月7日まで、西日本では1月15日までです。

九州の一部では1月7日までのところもあるので、住んでいる地域の松の内の間に初詣に行くとよいでしょう。

どうしても松の内までに初詣に行けなかった、時は旧暦でいう立春の前日にあたる節分までにいくとよいと言われています。

初詣に時間帯はある?

初詣で二年参りに出かける人は、大晦日の遅い時間から出発すると思います。

元日に行く人は新年の無事をお祈りするので、出来るだけ早い時間で出来れば午前中に出かけるのがよいと言われています。

初詣の時は大晦日から神社や寺院はあいているので、早すぎて開いていないという心配はありません。

逆に元日のあまり遅い時間になると、閉まっている場合もあるので注意が必要です。

夕方以降だと本堂へのお参りは出来ても、お守りや破魔矢を購入できる社務所は閉まっている可能性があります。

前の年のお守りなどのお焚き上げしてもらう受付時間も、神社や寺院によっては早い時間に受付を終了してしまうことがあるので、遅い時間に行く人はあらかじめ調べておいた方がいいでしょう。

一般的には夕方5時ころまでは本堂も社務所も開いているので、それまでに初詣に行くといいですね。

神社での新年のお参り作法は?

神社と寺院では、初詣の作法が若干違います。

神社でのお参りの作法は鳥居をくぐるところから始まります。

初詣は神様にご挨拶に行くということですから、よそ様の御宅を訪問する時と同じように鳥居をくぐる前に衣服を整え一礼してからくぐりましょう。

鳥居をくぐる時や境内に入り参道を歩く時は、真ん中ではなく端を歩くようにしましょう。

鳥居や参道の真ん中は神様の通り道とされています。

参拝者が多く端を歩くことが難しい場合もあるでしょうが、出来るだけ意識して端の方を歩きましょう。

参拝前に手水舎と呼ばれる場所で手と口を清めましょう

手水舎には必ず柄杓がありますので最初に右手で柄杓を持ち左手を、次に柄杓を左手に持ち替えて右手を清めます。

もう1度柄杓を右手に持ち左手に水を貯めたら口に含んですすぎます。

この時に柄杓に口がつかないように気を付けましょう。

左手をもう1度洗ったら、両手で柄杓を立てて持ち手(柄)の部分に水を流して元の場所に伏せておきます。

お清めが終わったら参拝です。

基本は二礼二拍手一礼です。

二礼二拍手の後に手を合わせて去年のお礼と感謝を伝え、新年のお願いごとをし、一礼して参拝は終わりになります。

参拝が終わって鳥居をくぐる前に神社の方を向き軽く一礼してから鳥居をくぐります。

お寺での新年のお参り作法は?

神社への参拝は神様へのお参りになりますが、お寺への参拝は仏様へのお参りになります。

お参りの作法は神社と大きく違うことはありません。

お寺へのお参りは仏様の御宅へ伺うということになるので、山門の前で合掌してから一礼をし、寺院へと向かいます。

山門が神社の鳥居と同じ役割をしています。

お寺では参道の真ん中を歩いても問題ありません

参道の脇に敷石が敷いてある時には、敷石を踏むことがマナー違反になるので気を付けましょう。

参道の真ん中に道があるので、そこを通ってお寺に向かいます。

手水舎でお清めをするのは神社と同じで作法(お清めの順番)も同じです。

※お寺によっては手水舎がないお寺もあるので、その場合はお清めはせずに先に進みます。

本堂の前にお線香を焚く香炉があるお寺もあります。

お線香は1本で構いませんので、香炉に焚き、煙で体を清めましょう。

お線香の煙は人の焚いたものだと業をもらうと言われているので、自分で焚いたお線香の煙でお清めしましょう。

本堂付近にはろうそくを捧げる施設があるので出来れば捧げましょう。

ただ、ろうそくの火も人からもらうのはよくないので自分でつけましょうね。

お寺でのお参りには二礼二拍手などがなく、お賽銭を納めたら静かに合掌し、一礼してから深くお辞儀をします。

合掌する時にお数珠があればいいですね。

お寺での参拝は拝むだけでいいのですが、お寺によっては唱える言葉が書いてある場合もあるので、その時には掲示されている言葉を唱えます。

最後に一礼して、お参りは終わりです。

山門を出る時には本堂に向かって合掌して一礼して帰ります。

初詣のお賽銭はいくら?

神社のお賽銭は「日頃の感謝を込めた供物」の意味合いのお金になります。

お寺のお賽銭は「自分の欲を捨てるためのお布施」という意味合いになります。

同じお賽銭でも意味合いが大きく違いますね。

お賽銭箱に書かれている字が神社は「賽銭」お寺は「浄財」となっているのはこういう理由からです。

どちらも神様仏様にお納めするお金には変わらないので、乱暴に投げ入れないようにしましょう。

初詣のお賽銭の金額は特に決まりがあるわけではありません。

一般的には語呂合わせにちなんで、「5円(ご縁)」「11円(いい縁)」「10円(5円玉2枚で重ね重ねご縁)」「115円(いいご縁)」「415円(よいご縁)」などがお賽銭の金額になっているようです。

新年のご挨拶にあたるので「紙幣」にするという人もいますし、金額を考えずに手持ちの小銭を全部という人もいます。

「見通しがよい」と5円や50円の穴の開いた硬貨をお賽銭にしている人や白い硬貨(1円玉・100円玉・500円玉)と赤い硬貨(10円玉)と穴の開いた硬貨(5円玉・50円玉)をそれぞれ組み合わせると願いが届きやすくなるという説もあるそうです。

大きなお願いごとをする時には少し奮発してお賽銭をするなど、本当にいろいろな考え方があったので自分に合ったお賽銭の金額で心を込めて参拝すればいいと思います。

初詣のおみくじは結ぶ?持ち帰る?

初詣のおみくじに関しては諸説あります。

一般的に「凶」をひいてしまった時には神社にあるおみくじを結ぶ場所に結んで帰ってくる人が多いと思います。

大吉などよいことが書かれているおみくじは結ぶ人と持ち帰る人とに分かれるようですね。

いろいろと調べてみましたが、おみくじは結んでも持ち帰っても特に問題はないようです。

日本各地の神社を包括する伊勢神宮を本宗とする文部科学大臣所轄の包括宗教法人「神社本庁」のHPによると…。

「おみくじも占いの一つとし、吉凶の判断を目的とするのではなく、おみくじの内容を今後の生活の指針としていくことが大切です。神社境内の木の枝に結んで帰る習わしもありますが、持ち帰っても問題ない」

と書かれています。

おみくじを持ち帰った時はお財布や鞄に入れたり、目につきやすい場所に保管しておくのがよいと言われています。

持ち帰ったおみくじは次のおみくじを引く時に神社やお寺に持っていき結び木に結ぶか、お焚き上げをしてもらうのが一般的です。

別の神社でおみくじを引き手元におみくじが複数あることは問題ありませんが、古いおみくじは感謝を込めて神社にお返しする方がよいでしょう。

引いたおみくじをよく読んで、持ち帰るか結んで帰るかを自分で決めていいということですね。

今回は、初詣について記載しました。

神社とお寺で参拝方法やお賽銭は違います。どこに行くかによって、変えないといけないので、しっかりとチェックしてから新年のお参りには行ったほうがいいですね!