毎年、新年になると悩まされるお年玉。

一体、何歳から何歳まで上げるのが一般的なんでしょうか。

また、年齢別の相場金額や甥姪にはいくらくらいなんでしょうかね。

今回は、謎多きお年玉についてまとめていきます。

お年玉は何歳から何歳まであげる?

子どものとってはお正月1番の楽しみと言っていいお年玉!

大人にとっては出費に悩むお年玉ですが(笑)

何歳から何歳まであげるのが一般的なのか調べてみました。

自分が子どもの時は幼稚園くらいからお年玉をもらっていた記憶がありますし、大人になってからは幼稚園くらいの子どもからお年玉をあげています。

それより年齢が小さいとお金をもらってもよくわからないのではないかな?

と個人的には思っています。

何歳からというのは特に一般的な感覚はないようで、乳幼児と呼ばれる0~2歳までの子どもにあげる時は親に渡すので、硬貨では失礼な気がするので1000円という情報がありました。

お年玉自体をあげないという情報も多かったです。

お年玉として現金を渡すのではなく、絵本などをお年玉として渡すというものもありました。

上に兄弟姉妹がいて2歳くらいの子になると、お兄ちゃんお姉ちゃんは何かもらっているのに自分はもらえないと思ってしまうかもしれないので、500円くらいのお年玉をあげるのもいいかもしれないですね。

自分の祖父母などは小さいうちは金額よりもらって楽しい方がいいという考えで、小さい時は小銭をたくさんポチ袋に入れてくれてじゃらじゃら&ずっしりの重さで大喜びしたことを覚えています(笑)

ちなみ、お年玉をあげるのは何歳までの方は大学生までや成人まで、いくつになっても子どもは子どもと社会人になっても結婚してもお年玉をあげるといった感じで家庭によってさまざまでした。

親戚付き合いや地域性などによっても違いがあるようですね。

まとめると、一般的には幼稚園の年齢から大学を卒業するまでが一般的のようですね。

小学生のお年玉の相場は?

最近では物価があがったことも関係しているのか、小学生の低学年の相場は1000円~3000円が多かったです。

地域性もあるでしょうが、お祝い事の数字は割り切れない数の方がいいと言われているので1000円か3000円のどちらかといった情報も。

ただ今、小学生だとその先に中学生・高校生・大学生と子どもは大きくなります。

最初に見栄を張って高額なお年玉を渡すと、その子が大きくなった時にいつまでも〇〇円か…と内心思われる危険があるので、よく検討したほうがいいですね笑。

小学生低学年(1~3年生)は1000円~3000円が相場でしたが、高学年(4~6年生)になると、ほとんどが3000円になるようです。

小学生のお小遣いも学年×100円が相場と言われていて、お年玉も1年生と6年生では金額を変えるのが一般的なようです。

お年玉の相場で気を付けなければならないのは、祖父母の金額です。

祖父母はなぜか相場など一切気にせず、高額なお年玉を孫にあげます!

なぜかは不明ですが、おじいちゃんおばあちゃんは小学生の孫にも1万円あげたりしちゃうのです(笑)

親世代は一般的な相場の金額のお年玉が大多数ですので、おじいちゃんおばあちゃんからいくらもらったという子どもの意見には惑わされないようにしましょう(笑)

中学生のお年玉の相場は?

中学生のお年玉の相場は小学生ほど年数も多くなく、一般的と言われているのは3000円か5000円です。

慶事のマナーとして4という数字は縁起が悪いと言われているので4000円はNGです。

このあたりの相場も兄弟やいとこの子どもと自分の子どもの学年が同じだったり、学年の近い兄弟の場合は3000円、中学生が親戚で1~2人くらいなら5000円など状況によって若干の差がある感じです。

同じくらいの学年の子どもがいる場合は、お年玉も同額返しがお互いの負担にならないなど大人の事情(笑)も絡んできます。

例えば同じ学年の親戚同士で自分が渡したお年玉が1万円で、自分の子どもがもらったお年玉が3000円だったら微妙な気持ちになるのもわからなくもないですものね。

親戚付き合いの濃さにもよるでしょうが、親族で学年によってお年玉の金額が一律で決まっていたりする場合もあるそうです。

いとこの子どもが10人以上いる親戚なら、親の出費もそれなりに大きいですものね…(笑)

高校生のお年玉の相場は?

高校生のお年玉の相場は一般的に5000円~1万円と言われています。

はい!だんだんと金額があがってまいりました(笑)

今の高校生の1ヶ月のお小遣いが5000円くらいなので、お年玉も同額という家庭とお年玉という特別なものだからという理由で1万円の家庭とがあるようですね。

ここで参考までに「参考にならない(笑)祖父母の高校生にあげるお年玉の金額」ですが、「大学受験に備えて欲しいだけの参考書を買ってあげる」親も納得でありがたいですね。

「1万円」は親からの他に、臨時収入として嬉しい金額です。

「3万円」は子どもは嬉しいですが。親から見ると少しあげすぎでは?と思う金額です(お金の価値観的な観点から)

「5万円」や「10万円」は、ご家庭によっては家族会議が開かれたり親と祖父母で親子喧嘩が勃発するレベルです(笑) 

極稀な金額を大袈裟に言っているだけと思われる方もいるかもしれませんが、意外と5万円くらいは普通にいるレベルです!

遠くに住んでいて年に1回お正月にしか会えない孫だったり、祖父母自身が高齢で最後のお年玉だよなんて言って高額なお年玉を孫にあげることがあるそうです。

だいたいは最後のお年玉が数年続いたり、翌年から「もうお金がないから」とお年玉が5000円になったり…と。

子ども(孫)からしてみると悲喜こもごもです(笑)

大学生のお年玉の相場は?

高校生の時にかなり高額な家庭もあったお年玉ですが、大学生になったらお年玉をあげないという家庭も増えてきます

理由としては4年制大学へ進学した場合、大学卒業までお年玉をあげ続けると成人の20歳を過ぎてからもお年玉をあげることになり、大人になってもお年玉をあげるのは…と。

区切りよく大学生になったらお年玉はなしということだそうです。

やはりお年玉=子どもにあげるものという感覚の家庭が多いようで、成人するまではあげるけど20歳を過ぎたら大学生でもお年玉はあげないという家庭もありました。

学生時代まではお年玉をあげるという家庭もあり、大学生にお年玉をあげる場合は1万円という金額が相場のようです。

面白いのは高校生の時は5000円から何十万円までかなり幅があったお年玉の金額ですが、大学生で3万円や5万円といったお年玉の金額はほとんどないそうです。

話題の(笑)祖父母は、やはり成人になったらお年玉は不要と考える人が多いようです。

世代的にわからなくもないですね。

他にもアルバイトをしていたらお年玉はあげないが、アルバイトをしていなければお年玉をあげる家庭や大学生とは言わず、ずっと子どもにはお年玉をあげるつもりといった家庭もありました。

大学進学で親元を離れている場合はお年玉としてではありませんが、帰省した時にお小遣いをたくさん渡すといった家庭もあるようです。

甥姪へのお年玉の相場はいくら?

甥姪へのお年玉は普段近所に住んでいるか、年に数回しか会わないか、兄弟の関係はどうかといったこともお年玉の金額に影響してくるようです。

近所に住んでいてよく行き来している関係だと、普段からお小遣いなどを渡していたりするので、お年玉も甥姪の年齢に合わせた相場の金額になることが多いようです。

年に数回しか会えないような関係で兄弟の関係が良好な場合は、年齢のお年玉の相場よりも高額なお年玉をあげるという人が多いですね。

中にはお正月に直接会うことはないが、お年玉として甥姪の親(自分の兄弟)へお金を送って甥姪へお年玉として渡してもらうといった人もいました。

離れていても甥姪がかわいいのでしょうね。

逆に全く付き合いがないので甥姪へお年玉はあげないという人もいるので、普段の親戚(兄弟)付き合いによって変わってくることがわかりました。

年に1回お正月に親戚一同が集まるといったことが少なくなっていることも関係があるのかもしれないですね。

今回は、お年玉について記載しました。

お年玉を何歳から何歳まで上げるのは、一般的には幼稚園から大学生までみたいですね。金額の相場は、家庭環境や親戚づきあいで若干変わるみたいなので、話し合えるなら統一したほうがイザコザはなさそうです笑。