夏の風物詩「そうめん」。

そんな「そうめん」ですが、今年のそうめんは来年は食べられないんでしょうか。

また消費期限はいつまでなんでしょう…。

さすがに消費期限が過ぎてたら食べるの怖いですよね、いくら乾麺とは言っても。

そうめんの保存方法についてもまとめていくので、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

 

 

今年のそうめんは来年食べれない?

今年のそうめんは来年食べられないのでしょうか。

夏の間にとてもお世話になるそうめんですが、夏は毎日食べていても段々と涼しくなるとあまり食べなくなりすね。

使い切ってしまっていればいいのですが、使い切る事が出来ずに余らしてしまうご家庭も多いのではないでしょうか。

また、夏が始まり気温が暑くなるとそうめんが食べたくなりますね。

そんな時、去年のそうめんを戸棚から見つけて、食べようか悩む方も多いでしょう。

今年のそうめんは、その種類によって来年も食べれるか大きく差が出ます。

よくスーパーで売られているようなポピュラーな乾麺タイプのそうめんであれば、来年も食べられるみたいです。

水分が含まれていない分、日持ちすると言われています。

半生麺タイプや生麺タイプはどれだけ日持ちしても3ヶ月が限界なので、半生麺や生麺タイプは今年のうちに食べきってしまいましょう。

そうめんの消費期限はいつまで?

そうめんの消費期限はいつまでなんでしょうか。

そうめんには4つほど種類があります。

まず、1番ポピュラーでスーパーでもよく見かける「乾麺タイプ」のそうめんは、最低でも3年は持つと言われています。

少し高めの木箱に入っているタイプのそうめんは2年の消費期限があるそうですね。

「半生タイプ」のそうめんは最長でも3ヶ月と言われています。

やはり、乾麺とは違い、水分を含んでいるため一気に短くなるようですね。

そして、「生麺」は1ヶ月が限界と言われています。

生麺タイプのそうめんはあまり見かけることはありませんが、もし手に入れる事があれば入手してから1ヶ月以内には食べ切るようにしましょう。

そして「手延べそうめん」は、乾麺であれば3年、半生麺であれば3ヶ月と言われています。

表面にごま油などがコーティングされている手延べそうめんは湿気の吸収を抑える働きがあり、通常よりも少し日持ちするそうです。

そうめんの賞味期限切れは食べてもOK?

そうめんの賞味期限切れは食べてもOKなんでしょうか。

正直、去年のそうめんを見つけ、おかしなところがなければ食べてしまうなんて方も多いのではないでしょうか。

実際に、賞味期限が切れていてもそうめんは食べることが可能です。

見た目や臭いなどに著しい変化がない限り、食べても体に害はないと言われています。

特に、乾麺タイプはしっかりとした保存方法で保管されていれば、賞味期限が切れても食べることが出来ます。

もし、気持ち的に気になる方は辞めておいた方が無難ですが、気にならない方は賞味期限が切れていても食べてしまって大丈夫でしょう。

一方、半生麺や生麺タイプは水分を含んでいることから、賞味期限が切れていると、変色や腐敗の恐れがあります。

水分を含んでいるタイプのそうめんは賞味期限以内に食べる事をおすすめします。

ちなみに、パッケージに「消費期限」と書かれている場合は、その期限内には食べ切るようにしましょう。

 

 

 

そうめんが食べれるか食べれないかの判断方法は?

そうめんが食べれるか食べられないかの判断方法はどんなものがあるか調べてみました。

まず、見た目でカビが生えていたり、虫がついていたら食べることはもちろんできません。

さらにそうめんのもとの色より黄ばみが強くなっている場合も食べることはできないので、黄ばんでいたら捨てるようにしましょう。

次に匂いで判断する場合です。

保存場所は方法によって変わってきますが、明らかにそうめんの香りではない異臭がする場合は腐敗している可能性があるので、食べることはやめておきましょう。

また、油のような匂いがしたり、別の食べ物の匂いがする場合は、食べてもおいしくない為、食べる事を控えた方が良いと言えるでしょう。

未開封のそうめんの保存方法

未開封のそうめんの保存方法を紹介します。

まず、そうめんを保存するにあたり、必ず風通しのいい冷暗所に保存することをおすすめします。

乾麺の場合、未開封の容器が紙や木箱であればそのまま保存しておいても問題ありません。

もしビニールに入っている場合はビニールから出し、ジップロックの様な密封袋か密封容器に入れ替え保存しましょう。

この時、近くに香りの強い食品や芳香剤のようなものと一緒に保管することは控えてください。

そうめんに臭いが移ってしまい、風味を損ねてしまう原因になります。

押し入れや床下などは、高温多湿になりそうめんを悪くしてしまう原因になる為、保存場所としてはおすすめできません。

では、どこが丁度いい冷暗所になるかというと、それは冷蔵庫です。

冷蔵庫内で保管するともっとも長期に保存可能なので、おすすめです。

開封後のそうめんの保存方法

開封後のそうめんの保存方法を紹介します。

開封後は、乾麺の場合これまた密封容器に入れて保管するようにしましょう。

空気に触れる事をできるだけ控える事で、長期の保存が可能になります。

また、生めんや半生麺も密封の容器で保存することをおすすめします。

そうめんをゆでた後、とても量が多いということもありますね。

ゆでた後の食べきれないそうめんを保存する方法として、ラップや密封袋に入れて保存する方法があります。

この時、冷蔵庫での保存も可能ですが、ちょっと日持ちさせたい場合は冷凍庫に入れることをおすすめします。

冷凍庫の場合、そうめんを密封容器に入れますが、凍るまでは空気は抜かずにそうめんが凍ってから袋の空気を抜く様にしましょう。

凍らないうちに袋の空気を抜いてしまうと、そうめんがつぶれ見た目も悪くべちゃっとしてしまいます。

再び食べる時は、凍ったまま湯がいても良いですよ。

今回は、「そうめん」について記載しました。

乾麺タイプなら今年のそうめんでも来年食べられるので安心ですが、他のタイプだと危ないので食べきるといいですね!また保存方法は、かさばるんですけど安定の冷蔵庫がいいですね。