新年になれば初詣!

こんな習慣はあるけれど、初詣の由来ってイマイチ知らないですよね。昔から行ってるから…、という理由が多いと思います。

そんな初詣ですが、いつまでの期間が初詣になるのか。

また、初詣に最適な時間帯やお寺と神社に初詣に行く場合に、何か違いはあるのか。

誰かに聞かれると、分からないことが多いですよね。

今回は、そんな初詣についてまとめていきます。

初詣の由来とは?

参道

初詣の由来とはどんな感じなんでしょうか。

毎年初詣に行っている方は多いと思いますが、初詣の由来とは何なのでしょうか?

初詣も元々の由来は「年籠り」と言われる行事。

家長が大晦日の夜から元旦の朝にかけて氏神神社に籠る習慣があり、やがて大晦日の夜に行われる「除夜詣」と元日の朝に行われる「元日詣」に「年籠り」が分かれ、「元日詣」が現在の初詣につながっていると言われています。

「年籠り」は、治承5年に源頼朝が鶴岡若宮に参詣したことが初詣の広まるきっかけになったとされる説もあり、江戸時代末期までの「元日詣」には自分の住んでいる地域の氏神様が祀られている社寺にお参りに行くか、住んでいる家から見て恵方の方角にある社寺にお参りに行くという決まりがありました。

元々の風習であった「年籠り」から社寺に「元日詣」を行う初詣になったのは、明治中期あたりからだと言われています。

この明治中期あたりから鉄道が発展し遠方の社寺にお参りに行くことが可能になったため、現在のように有名な社寺にお参りに行くというスタイルが確立されたと言われています。

自分は子どもの頃に親から「初詣は近所の神社に1年間よろしくお願いしますと挨拶に行くものだ」と教えられたので元日詣の意味で覚えていました。

初詣の由来について簡単に紹介しました。

初詣の期間はいつまで?

神社

初詣の期間はいつまでなのでしょうか。

ざっくりとしたイメージで言うと、お正月を三が日までとするなら1月3日まで、松の内の間と考えると1月7日または1月15日まで(北日本から東日本の松の内は1月7日、西日本の松の内は1月15日とされているところが多いそうです)。

小正月までなら1月15日までという感じになると思います。

ただ、最近は年末年始に海外旅行へ行ったりする人も多く、1月中ならいいのではないか?という意見もありますね。

厳密に初詣の期間というものが存在するのか調べてみました。

神社庁からは、特に初詣の期間に対する見解は発表されていません

その年に初めていくお参りが初詣と言ってもいいということなのでしょう。

初詣の漢字の意味からするとそうなりますしね。

ただ個人的な感覚になりますが、やはり初詣は年の始めに行くものであまり日がたってしまうとなんとなく落ち着かないような気持ちになります。

初詣の期間は特に決められてはいませんが、よほどの理由がない限りは小正月にあたる1月15日までには初詣に行きたいと思います。

初詣に時間帯は関係する?

初詣

初詣に時間帯は関係するのでしょうか。

初詣の由来にもある「除夜詣」と「元日詣」があるので、大晦日と元日の2回に渡りお参りするのは二年参りにあたるのでOKだと思います。

また、初詣はその年の始めに社寺にお参りに行くことなので、大晦日だけのお参りはNGですね。

大晦日の夜から並んでお参りする時には、深夜0時を過ぎていれば元日のお参りになりますのでOKでしょう。

一般的にいいことは早くに知らせるのが良いとされていて、喜び事は午前中に行うことが多いので初詣も出来れば午前中に行くのが良いのかもしれませんね。

雪が多い地域や小さい子どもがいる家庭では、午前中に初詣に行くのが難しかったり元日の初詣はとても混む社寺もあるでしょうから、それぞれの家庭の事情に合わせてベストな時間帯に行くのが1番いいのかもしれません。

無理をして新年早々 体調を崩してしまっては意味がありませんものね。

また夕方から夜にかけては寒いことや朝から一杯ひっかけてきている人もいるでしょうから(笑)

 あまりオススメはしません。

初詣に時間帯は特に関係はありませんが、出来るだけ早い時間に行くのが良さそうです。

初詣はお寺と神社で違いはあるの?

神社

初詣はお寺と神社で違いについてまとめていきます。

初詣の対象はお寺でも神社でも構わないとされています。

自分の菩提寺にお参りに行っても住んでいるところの神社に行っても、有名な神社に行っても良いようです。

明治初期に神仏分離が行われる前は、神道と大乗仏教並びに祖霊信仰が一体化した神仏習合による信仰が一般化していたので社寺への参詣に神道・仏教の区別はあまりないとされていたことがそのまま残っているということです。

それぞれが子どもの時に行った初詣の場所がお寺だったか神社だったかで、大人になってからの初詣の場所も決まっているのかもしれないですね。

なんとなく育った家庭の慣習が大人になってからの自分の慣習になっていることはありますからね。

初詣には特に厳密な決まりごとがなく、慣習や地域での習わしなどからそれぞれのルールのようなものはあるものの、「こうしなければならない・こうでなければならない」ということはないそうです。

新年に初めて氏神様やご先祖様にご挨拶に行くというのが初詣ということですね。

初詣に行くお寺や神社によってはそれぞれ決まりごとがあるところもあるとは思いますが、初詣は一般的なお寺と神社で違いはありません。

お寺と神社の初詣の参拝方法!

お寺

お寺と神社の初詣の参拝方法について記載していきます。

初詣はお寺と神社で違いはないと言いましたが、参拝方法はもちろんお寺と神社では違います(ややこしいですね)

一般的に言われているお寺と神社の初詣の作法を簡単に紹介していきます。

お寺での参拝は、山門と言われるお寺の正門の前で一礼してからお寺に入ります。

お寺に入る時には、敷居を踏まないように気を付けましょう。

手水舎で手を清めます。

手を清める方法はお寺も神社も共通の作法です。

最初に右手でひしゃくを持ち水を汲み左手に少量流して左手を清めます

次に、ひしゃくを左手に持ち替えて同様に右手を清めます

両手の清めが済んだら右手にひしゃくを持ち、左手に少量の水をため手のひらを口に近づけて口をすすぎます

口をつけた左手に水を流して改めて清めたら、最後にひしゃくを縦にして持っていた柄の部分に残りの水を流して洗い清めておしまいです。

字で読むと難しく感じるかもしれませんが、実際にやってみると簡単ですよ。

手を清めたら本堂にお参りします。

本堂や本尊の前で一礼し、お賽銭箱にお賽銭を入れます。

鰐口(わにぐち)など鳴らすものがあれば1度鳴らします。静かに合掌します。

柏手をしないで合掌するところが神社と違いますね。

間違えて手を鳴らしてしまうととても目立つので気をつけましょう。

お参りが終わったら、一礼して山門の敷居を跨がずに外に出ます。

次に神社での参拝は鳥居をくぐる時に一礼します。

また境内を歩くときは真ん中は神様が歩く場所をされているので、左右の端を歩くのが望ましいですが混雑している時は列にならって移動します。

手を清める方法はお寺と同じです。

本殿についたら、お賽銭箱にお賽銭を入れます。

鈴がある時は鳴らします。お寺でも神社でもお参りの時は出来れば、上着を脱ぎ荷物はおろすのが望ましいですが人が多いと難しいので帽子や手袋など外せるものは外してお参りしましょう。

本殿に向かったら二礼して二拍手します。

そのあとに手を合わせたまま神様にお参りします。

この時に自分の住所を名前を告げることがマナーと言われています。

きちんと名乗ってご挨拶するということだと思います。

最後に一礼して本殿をあとにします。

鳥居を出る時に境内を向き一礼して外に出ます。

神社によっては二礼二拍手一礼ではなく、二礼四拍手一礼とされている神社もあるので、初詣に行く前に調べてみるといいと思います。

お寺と神社の初詣の参拝方法についてまとめていきました。

初詣は何回行ってもいいの?

お寺

初詣は何回行ってもいいのでしょうか?

初詣がもし1年に1回しか行けないとなると、自分が住んでいる氏神様にお参りに行ったら菩提寺にお参りに行けなくなりますし…逆も考えられますよね。

お寺や神社によって祀られている神様が違うので、初詣は何回行っても大丈夫なのです!

もちろん同じ神社に複数回行くことも問題ありません。

家族と一緒に初詣に行った次の日に友達と初詣に行ってもいいのです。

1年の始めに学問の願い事をするために。

お参りに行く神社と恋愛成就をお願いするために。

お参りに行く神社が違うからどちらか1つに絞らなくてはならないということもありません。

そのお寺や神社に祀られている神様にお願いごとをするのであれば、何の神様なのかは調べたりもすると思います。

極端に言えば、わざわざ太宰府天満宮に行き、結婚できますようにとお願いする人はいないと思いますからね(笑) 

1年で最初のお参りが初詣だからと言って1回しかお参りできないということはありません。

初詣は何回行ってもいいんです!

今回は、初詣についてまとめていきました。

意外と知ってることや意外と知らなかったことなど、いろいろとありますが、日本の大切な文化なので、地域地域で大切にしていきたいですね!