夏に気をつけないといけない夏風邪…。身体がだるくなり、すべてにおいてやる気をなくしますよね。

そんな夏風邪ですが、症状として喉の痛みや咳・鼻水は出るんでしょうか。実際に私も夏風邪になりましたが、喉も痛いし、咳も出るし、鼻水も少しでるんですよね…。

一体なぜこのような症状が出るんでしょうか。理由や原因が気になるところですし、対処法も抑えておきたいところです。やはり予防が一番たいせつですからね!

今回は、そんな夏風邪について記載していきます。

Sponsored Link

夏風邪の症状で喉の痛みや咳や鼻水は出る?

夏風邪の症状で喉の傷みや鼻水は出るでしょうか。

風邪というものはいつなってしまっても辛いものですが、夏の風邪はさらに辛いものがあります。

一口に夏風邪と言っても、様々なウイルスが存在します。

ヘルパンギーナやプール熱、手足口病あたりは子供がかかりやすい夏風邪の一種と言えるでしょう。

どの夏風邪であっても、咳やのどの痛み、鼻水鼻づまりは出ます。もちろん子供だけではないのも恐ろしいところなのです。

夏風邪のほとんどはまず喉の痛みや違和感を感じ咳が出るようになります。

その後腹痛や下痢、発熱して鼻水や鼻づまりが起こるのです。

夏風邪の特徴としては高熱ではなく微熱が続くというのもポイントでしょう。特にプール熱は別名、咽頭結膜熱とも言い目が赤く充血しなかなか高熱にならないので長引きやすい夏風邪の1つなのです。

冬も夏も風邪の症状には大きな違いはありませんが、病原菌が異なるので風邪かな?と感じたら病院に行くことをおすすめします。夏の風邪でも喉の痛みや咳、鼻水は出るので要注意です。

夏風邪の症状で喉の痛みや咳や鼻水が出る理由や原因は?

夏風邪の症状で喉の痛みや咳や鼻水が出る理由や原因はなんなんでしょうか。

ウイルス性以外の夏風邪のほとんどはエアコンによる乾燥や、外との寒暖差が原因と言われています。

まず喉の痛みについてです。

エアコンによって乾燥した喉はいつも以上に抵抗力を失っています。そこに風邪菌物質が張り付くことで炎症が始まるのです。これにより喉が腫れ、痛みが発生するわけですね。

さらに発熱することにより体温が上がるので鼻水も発生します。

鼻水が出る事で、肺に鼻水が入りやすく炎症が起き、咳が出ると言う場合もあります。

喉の痛みや鼻水、咳はすべて体に入ってきてしまった異物を外に出そうと体が反応している証拠である為、どうしても避けられない症状ということですね。夏風邪の症状である喉の痛みや咳鼻水の原因でした。

Sponsored Link

夏風邪の症状で喉の痛みや咳や鼻水が出る対処法は?

夏風邪の症状で喉の痛みや咳や鼻水が出る対処法はどうするべきなのでしょうか。

まずは風邪を引かないように予防することが一番ではありますが、ここではなってしまった後の対処法を紹介します。

最大の対処方法として病院に行くことは第一前提です。

それでもなかなか良くならない場合の対処法を紹介します。

ではまず喉の痛みからです。

これは大半の場合乾燥である為、喉を出来るだけ潤すようにしましょう。暑いので大変ではありますが、マスクを着用しのど飴をなめるなど常に喉を潤すように心がけてください。辛い物や炭酸は禁物ですよ。

咳はとにかく鼻水をこまめにかんで肺に流さないようにしましょう。

ここでおすすめの食品ははちみつとレモンです。はちみつは小児用咳止めシロップ並みの効能があるといわれています。

レモンは抗菌作用がある為喉に張り付いた菌の除去にも効果がると言われています。

そしてできるだけ部屋の寒暖差を抑えることです。それにより鼻水がたくさん出ることを防げる可能性もあります。以上、夏風邪の症状の対処方法でした。

今回は、夏風邪について記載しました。

夏風邪の症状で喉の痛みや咳・鼻水はでますね。熱が出てないとはいえ、しんどいです。あまりに酷い場合には病院に直行ですね。対処法についても、夏の寒暖差で身体が想像以上に弱っているみたいなので、気をつけないといけないですね。夏風邪にならない夏を過ごすために…。

Sponsored Link

こんな記事も書いています。

夏風邪の症状|大人が高熱になった場合の対処方法や理由や原因は?