毎年、夏が暑くなってきていますね…。そのなかで、熱中症には気をつけてると思いますが、なんでも熱中症に似た夏血栓という病気もあるんだとか。

しかも、夏血栓と熱中症の症状はよく似ているみたいで。一体、夏血栓と熱中症の症状の違いや見分け方はどのようにすればいいんでしょうか。

また、夏血栓の対処法だとか予防対策グッズなんかも予備知識として知っておきたいですね。

今回は、そんな夏血栓について記載していきます。

Sponsored Link

夏血栓と熱中症の症状の違いや見分け方は?

夏血栓と熱中症の症状の違いや見分け方はどのようにするのでしょうか。

災害レベルの暑さが続き、連日熱中症という言葉を多く耳にします。みなさんの中にも日頃から気を付けている方も多いのではないでしょうか。

一方で、熱中症とよく似た初期症状が現れる病気として「夏血栓」をご存じでしょうか。あまり聞きなれない言葉ですよね。

実は熱中症と夏血栓の初期症状はとても似ているのです。

その症状とは「めまい」「倦怠感」「動悸」「頭がぼーっとする」などです。

そもそも夏血栓ってどんなものかと言いますと、体が汗をかき脱水状態になると体内の血液もドロドロになってしまいます。

そうなると、血管に血の塊が出来やすくなり「血栓」が出来てしまいます。その血栓で血管が詰まってしまう事を「夏血栓」というそうです。

熱中症との見分け方は、しびれなどの症状は全身ではなく体の左右片側のみにしか現れないことです。

「右手だけがしびれる」こんな状態になったらすぐに救急車を呼びましょう。

夏血栓は「脳梗塞」や「心筋梗塞」になる可能性がとても高いのです。夏血栓と熱中症の症状の違いや見分け方の情報でした。

夏血栓の対処法は?

夏血栓の対処法ですが、夏血栓が疑われた時、まずは迷わず病院にかけこんで下さい。

熱中症と同じ様に体を冷やし、塩分・水分を補給すると一時的に症状は落ち着きます。

が!実はこの熱中症の時と同じ対処法をしてしまうとかえって悪化し、更には脳梗塞などに重症化する恐れがあるのです。

素人判断では熱中症なのか夏血栓なのか瞬時にはわかりません。

もし、体の片側にだけ異変が現れた時は夏血栓と疑っても問題ないでしょう。

仮に熱中症であっても病院へ行くことに問題はありません。

病院へ行くと、血栓を溶かす薬の投与をしてくれます。これで血管内の血栓がなくなり、脳梗塞や心筋梗塞の心配も和らぐことになります。

とにかく、自分だけで対処しようとするのはやめましょう!

夏血栓は命に関わる病気の1つになるからですね。以上、夏血栓の対処法の情報でした。

Sponsored Link

夏血栓のおすすめの予防対策グッズは?

夏血栓のおすすめの予防対策グッズはどのようなものがあるのでしょうか。

最悪のケースだと突然死の恐れがある「夏血栓」。

どうにかして夏血栓を予防したいけど、どんな事をすればよいのかわかりませんよね。

夏血栓が出来る多くの原因は体内の脱水状態です。

熱中症予防の様に水分補給をこまめに行うようにしましょう。更に日頃から血液をサラサラにする食事を心がけましょう。

この夏血栓は高齢者だけでなく若者も発症する可能性がとても高いのです。

長時間同じ姿勢でいたり、食生活が乱れているとかかりやすい病気です。

さらに、高血圧の方や糖尿病の方も注意が必要になります。

対策グッズという感じではありませんが、夏血栓を予防するには「青魚」や「納豆」などの血液をサラサラにする食品がオススメです。

長時間同じ姿勢でいる場合、2時間に一度手足を動かすなど、血液を巡らせてあげるようにしましょう。また、対策グッズでいくと、熱中症と同様に冷たいタオルを用意したり、冷えピタを用意したりするといいですね!

以上、夏血栓のおすすめ食材や予防方法の情報でした。

今回は、夏血栓について記載しました。

夏血栓と熱中症に大きな違いが見られないので、見分けるのは困難なケースが多そうです。なので、対処法としては素人が勝手に判断せずに、夏血栓の疑いがあれば病院にかけこみましょう!仮に、熱中症であっても問題ないので!また、対策グッズは熱中症対策グッズはマストですね。あとは日頃の体調管理には厳重注意ですね!

Sponsored Link

こんな記事も書いています。

夏血栓の症状の特徴は?予防や対策に飲み物や食べ物は何が良い?

夏血栓になったら応急処置はどうすれば良い?病院は何科で治療する?