熱中症にはいろいろな症状があるんですが、足の裏が熱くなるというのもあるみたいで…。本当にこれが熱中症の症状なのかって分からないですよね…。

一体、熱中症で足の裏が熱くなる理由や原因は一体なになんでしょうか。また、対策方法も気になるところ。

熱中症の予防は転ばぬ先の杖です。

今回は、熱中症で足の裏が熱くなる場合について記載していきます。

[ad#01]

熱中症で足の裏が熱くなるの!?

熱中症で足の裏が熱くなるという情報があります。

7月も下旬にさしかかり、今シーズン1番の暑さが連日続いています。

梅雨が明けたら暑くなるのは季節的に当たり前の事ですが、異常なのは気温ですよね。

最高気温が人間の体温より上がるわけですから、体もだるく辛くなります。

食欲も落ちるので体力低下も招きかねません。

そして一番注意しなくてはならないのが「熱中症」です。

みなさん、寝ている時や寝る直前など足の裏が熱くて寝つけないことありませんか?

それはもしかすると熱中症が原因かもしれません。

足の裏が熱くなる症状を「バーニングフィート症候群」といいます。漢字名ですと「灼熱脚症候群」だそうです。

バーニングフィート症候群には様々の原因があります。

その中でも熱中症による脱水症状も原因の1つとして挙げられています。

夏はトイレに行きたくなるからと我慢せず、寝る前も飲み物をしっかり飲んでから休みましょう。

熱中症で足の裏が熱くなるという情報でした。

熱中症で足の裏が熱くなる理由や原因はなに?

熱中症で足の裏が熱くなる理由や原因は何か調べてみました。

夏の夜はただでさえ寝苦しいのに足まで熱くなっていたら眠れませんよね。

なぜ、熱中症で足の裏が熱くなるのかというと、体が体温を調節する時、手足などの末梢から熱を発散します。

なので足が熱くなるわけです。

この時同時に汗もかいているわけですが、この汗になる水分が体内で不足している時、つまりは熱中症にかかっている時に熱が発散できず異常に熱くなってしまうというわけです。

この時顔や体も体温が上がっている様でしたら、早めに水分と塩分を補給し体を氷などで冷やすようにしましょう。

それでも症状が緩和されずに体調に悪化を感じたらすぐに病院へいきましょう。

ちなみに熱中症以外でもこのバーニングフィート症候群は起こるそうなので、熱中症が疑われないような時に足の裏が熱くなったら別の原因が疑われるそうです。

熱中症で足の裏が熱くなる理由や原因の情報でした。

[ad#01]

熱中症で足の裏が熱くなった時の対策方法は?

熱中症で足の裏が熱くなった時の対策方法を調べてみました。

みなさん熱中症かなと感じたらまず何をしますか?

本来ならば感じてからでは遅いのですが、人という生き物はそうなってからでないとなかなか行動しないものです。

まずは、水分と塩分補給をし、部屋を涼しくしたり体温を下げるように冷たいもので体を冷やしますよね。

足の裏が熱くて眠れないという症状を感じたらまずは熱中症対策を行いましょう。これで改善できるはずです。

ちなみに私も夏はよく足が熱くて眠れなくなります。

その時「アイスノン」を使用するのですが、この時熱くなっているからと足を冷やしても全く効果を感じません。

なので首や脇など太い血管が通っている部分を必ず冷やすようにしてください。

そうすると数分で落ち着き眠れるようになります。

この時絶対に水分補給は忘れずに。電気料金が気になるからと、我慢してエアコンを使用しないのも自殺行為です。夏は一生続きません。

その時でだけは自分の命を守るべくエアコンを使用するようにしてくださいね。熱中症で足の裏が熱くなった時の対策方法でした。

今回は、熱中症で足の裏が熱くなる場合について記載しました。

足の裏が熱くなるのも熱中症が原因の可能性は高いです。特に夏の時期には疑いが大きいですね。もし酷い場合であれば病院に行ったほうがいいですが、対策方法としてはしっかりと水分と塩分をとって、そして身体を冷やすことですね。転ばぬ先の杖ですね。

[ad#01]

こんな記事も書いています。

熱中症で「足が痛い」「しびれる」「だるい」状態になるの?理由は?

熱中症の塩分不足でなる症状は?塩分はどのくらい補給すれば良い?

熱中症で足がつる!?原因は脱水症状か塩分不足?対策方法はある?

「熱中症」になったらなぜ足を高くして寝たほうが良いの?理由は?