吉岡里帆が主演するドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」でケースワーカーが題材なんですけど、ケースワーカーってなんなんでしょうかね。

ケースワーカーに資格だとかはやはり必要なんですかね。また、その資格は通信講座とかで取得できるんでしょうか。気になるところですし、ケースワーカーの勤務先は市役所になるんですかね。

今回は、そんなケースワーカーについて記載していきます。

Sponsored Link

ケースワーカーに資格は必要?

ケースワーカーに資格は必要なんでしょうか。

まずケースワーカーの仕事について簡単に説明すると、公的機関で日常生活に困難を抱えている人の相談や解決の手助けをする仕事です。

生活相談員やソーシャルワーカーと呼ばれることもありますが、厳密には違う仕事の場合もあるので注意して下さい。

一口にケースワーカーと言っても窓口に相談に来た人と話をする面接員、援助の手続きの後のフォローをする地区担当員とに分かれています。

ケースワーカーは様々な相談に対応する必要があるため、生活保護法・老人福祉法・身体障害者福祉法・児童福祉法、年金や保険制度などの法律関係にも詳しくないといけないのでかなりの勉強が必要な仕事です。

ケースワーカーとして働くためには、福祉事務所に雇用されることが条件なので「公務員試験に合格する」ことが必要で任用資格の「社会福祉主事」を持っていなければなりません。

ケースワーカーに資格は必要です。

ケースワーカーの資格は通信講座で取得できる?

ケースワーカーの資格は通信講座で取得できるのでしょうか。

ケースワーカーになるためには地方公務員試験に合格する必要があり、通信講座では取得することが出来ません。

地方公務員試験は各自治体が独自に行っているため、自分が受けたい自治体の受験要項を確認して試験を受けることになります。

もう一つ必要な「社会福祉主事」の任用資格を取得するためには、大学・短大の社会福祉学系学部、社会学系学部、教育学系学部などで社会福祉に関する科目を3科目以上履修して卒業するか、厚生労働大臣指定の養成機関(専門学校や通信課程)、または講習会課程を修了する必要があります。

通信講座で取得出来る資格に社会福祉士があり似たような資格と思われがちですが、ケースワーカーの資格として必要な社会福祉主事の任用資格とは全く違うものなので間違えないように注意が必要です。

ケースワーカーの資格は通信講座で取得出来ません。

Sponsored Link

ケースワーカーの勤務先は役所?

ケースワーカーの勤務先は役所になるんでしょうか。

ケースワーカーとして働くためには地方公務員試験に合格しなければならないことは説明しました。

ケースワーカーとは福祉事務所で働く現業員のことで、働く福祉事務所とは厚生労働省管轄の社会福祉行政機関なのです。

福祉事務所と聞くと民間の介護センターや福祉関係の仕事をイメージしてしまうかもしれませんが、ケースワーカーが働く福祉事務所は国の公的機関になります。

福祉事務所は全国の都道府県・市町村を合わせると1247か所あります。

設置場所が役所の建物の中だったり独立した建物だったりと各地域によって様々ではありますが、ケースワーカーの勤務先である福祉事務所は国の公的機関であるため役所といっても差し支えはないと思います。

今回は、ケースワーカーについて記載しました。

ケースワーカーになるためには資格取得が必要で、通信講座では資格は取得できないみたいですね…。勤務先は一括りでいえば役所にはなりますが、厳密には違うようですね。これからドラマを通じて、ケースワーカーが注目されそうですね!

Sponsored Link