年末年始になると気うになることの1つに厄年があります。

厄年って誰が決めたのでしょうか?そんな簡単に誰でも決めれるものではないと思います。では、誰が厄年って決めたんでしょうね。

また、厄年って何時代からの風習なんでしょうか?江戸時代からあったんでしょうか?また、厄年って何をしないといけないのでしょか?男女の違いは、やはりあるのでしょうか?

Sponsored Link

厄年って誰が決めたの?

厄年とは、悪いことや災いが例年より多く降り掛かってくる年齢のことを指しています。厄年は、誰がという人が決めたわけではなく、陰陽道の教えの中に、厄年という考え方があるみたいですね。つまり、1つの宗教的な考え方になるわけですね。この考え方にも諸説ありますが・・・

厄年の年齢の決め方ですが、科学的には根拠はありません。やはり考え方の1つなので、年齢の語呂が悪いだとか、陰陽道の教えが流行した時代によく悪いことが起こっていた年齢を引き継いでいることが多いみたいですね。

ちなみに、厄年という考え方は、つまり例年より悪いことや災いが多く降り掛かってくる年齢があるという考え方は、イギリスやスペイン、エジプトなどの外国にもあるみたいです。

Sponsored Link

厄年っていつからの風習なの?

厄年という考え方は、いつからあるのでしょうか?諸説あるみたいですが、1番早くて平安時代からその考え方はあったみたいですね。

やはり、厄年の由来が陰陽道の教えですから、さすがに弥生時代や縄文時代から始まった習慣ではないようです。

厄年って何をしないといけないの?避けたほうが良いことは?

厄年なら何をしないといけないのでしょうか?

厄年は、例年より多くの悪いことや災いが多く降り掛かってくる年齢なので、厄払いをする必要があります。その厄払いの方法ですが、地方によって違いがあるみたいです。厄払いの方法については差があるものの、神社で厄払いをするのが一般的みたいです。ですので、ご自身の家の近くの神社やいつもお参りをしている神社で厄払い方法の詳細については聞いた方がベターですね。

気になる厄払いの期間ですが、お正月や節分に厄払いをする方は多いみたいですが、厄年の年齢の期間であれば問題ありません。ただ、極端な例で説明すると厄年の年末に厄払いしてもあまり意味がなさそうなので、なるべく早く厄払いしておいた方が気持ち的にスッキリして良いとは思います。

また、厄年に避けたほうが良いことですが、人生の転機を迎えるようなことは避けた方が良いみたいです。例えば、転職や引っ越しなどが該当しますね。

厄年って男女の違いはあるの?

Sponsored Link

厄年の男女の違いですが、厄年の年齢の違いはあります。

男性の厄年は、25歳・42歳・61歳です。

女性の厄年は、19歳・33歳・37歳です。

それ以外の以外はなさそうですね。つまり、厄払いの方法については、ご自身がお参りしている神社に聞いた方がベターということです。また、厄払いの期間についても、お正月や節分などにしないといけないものではなく、なるべく早くご自身の都合がつく時に、厄払いをしておいた方がいいですね。

 

厄年と言われると、ついついネガティブなイメージになりますが、しっかり厄払いをして、厄年に備えましょう!

Sponsored Link