皆さん、お年玉のポチ袋ってどうやって捨てていますか?実はお年玉のポチ袋って保管しておいたほうが良い期間があるんです。

また、ポチ袋の意味やポチ袋を捨てるタイミングや方法にも、決まりがあったんですね。

お年玉をもらう側になるときは、必ずあると思いますので、いざという時に恥を書かないように留意しておいたほうが無難ですね。

Sponsored Link

お年玉のポチ袋の「ポチ」ってどういう意味?

お年玉が入っている袋、ポチ袋って言いますよね。どうしてポチ袋っていうのでしょうか?「ポチ」とはどのような意味なのでしょうか?

いろいろと語源はあるみたいですが、非常に少ないことを「これっぽっち」という言い方をしますよね。この言い方から「ぽち」には、「少ない」「だけ」「僅かな」という意味があります。

ポチ袋には、このような謙虚な意味が含まれているそうです。

お年玉のポチ袋には保管期間がある!?捨てるタイミングは?

お年玉のポチ袋には保管しておいた方が良い期間があります。それは、「松の内」の期間です。「松の内」とは、門松を飾っている期間です。つまり、門松を片付けるまでは保管しておくっていうことになりますね。

実際の日程は、関東の場合は1月7日まで、関西の場合は、1月15日までです。

つまり、お年玉のポチ袋も、松の内の期間に倣い、保管しておいた方が良いですね。その期間を過ぎたあとが、お年玉のポチ袋を捨てるタイミングになりますね。

全然知らないで、捨てていた方が大半かと思いますが、この機会を機に今年から「松の内」の期間は保管しておいて、その後にお年玉のポチ袋を捨てるという習慣にしてみてはいかがでしょうか?

お年玉のポチ袋を捨てる方法は?

Sponsored Link

お年玉のポチ袋を「松の内」の期間保管して、その後の捨てる方法ですが、お正月飾りと同じ方法で処分することの方が望ましいみたいです。さすがに、お年玉のポチ袋を「松の内」の期間保管しておいたから、ゴミ箱に捨ててしまうのは、ちょっと違いますよね。

なので、お正月飾りを処分する際に、お年玉のポチ袋を処分することが望ましいみたいです。

今回は、マメ知識として、お年玉のポチ袋の「ポチ」の意味やポチ袋の保管期間や捨てる方法について記載しました。

今年からは、「松の内」の期間(※関東:1月7日まで、関西:1月15日まで)はお年玉のポチ袋を保管して、お正月飾りと同じ方法で処分してみてください。

ひょっとしたら、良い1年になるかもしれません。

Sponsored Link