梅宮アンナの娘・百々果が可愛すぎると話題になってます。

羽賀健二と梅宮アンナの娘だけあってさすがだな!

と思いきや、百々果の父親は羽賀健二ではないんです。

なんでも梅宮アンナと一般人の旦那との娘なんだとか。

今回は、そんな話をまとめていきます。

 

 

梅宮アンナの娘・百々果の父親は羽賀健二じゃない?

梅宮アンナ

梅宮アンナと羽賀健二が付き合っていたのは有名な話ですが、梅宮アンナの娘・百々果の父親は羽賀健二ではないのでしょうか?

梅宮アンナが羽賀健二に知り合ったのはまだ高校生の頃で、当時は凄い遊び人という印象しかなかったようです。

でもあるバラエティ番組のデート企画で、とても熱心に話を聞いてくれたことで、優しい人だとイメージが一変し、22歳だった1994年に交際を開始しています。

でも1999年に梅宮アンナの方から別れを切り出して、梅宮アンナと羽賀健二は破局していました。

羽賀健二が多額の借金を抱えていて、返済のためにペアヌードを出したこともあり、周囲からも大反対されていても愛を貫いてきましたが、家庭や子供などの未来を考えたときに別れた方が良いと思ったのかもしれません。

そこで梅宮アンナの娘・百々果の父親は羽賀健二ではありません。

梅宮アンナの娘・百々果の父親は一般人?

梅宮アンナ

実は梅宮アンナの娘・百々果の父親は、千葉貴史という一般男性で実業家でした。

でも梅宮アンナと千葉貴史はたった2年でスピード離婚をしています。

夫婦仲が良くなくてケンカが絶えなかったことから、百々果への悪影響を考えての離婚だったそうですよ。

実業家ということで、金銭面では問題なかったと思いますが、百々果の父親の千葉貴史は違法カジノで逮捕されたり、あまり素行の良い人ではありませんでしたので、ケンカが絶えなかった理由もその辺りにありそうですね。

梅宮アンナはしっかりした両親がついていますし、梅宮アンナ本人も経済力がありますので、千葉貴史が逮捕されたことなどを考えても、離婚は正解だったといえそうです。

梅宮アンナの娘・百々果の父親は実業家の千葉貴史でした。

梅宮アンナの娘・百々果がかわいくなった!

梅宮アンナと百々果

梅見アンナの娘・百々果は芸能人一家の娘として、小さい頃から有名ですが、最近かわいくなったと評判です。

梅宮アンナも割と太りやすい体質のようで、顔がふっくらとしていますよね。

梅宮アンナの娘・百々果も体質が似ているようで、小さい頃から顔がふっくらとしています。

健康的な少女らしくて、ふっくらとしたところも良いと思いますが、お年頃なのでダイエットをされたのでしょうか?

頬がスッキリとして、身体つきもホッソリと女性らしく変貌していますね。

梅宮あんながハーフなので、梅宮アンナの娘・百々果はクオーターになります。

そこで痩せたら、目鼻立ちがくっきりしてとてもかわいくなりました。

梅宮アンナの娘・百々果は痩せてかわいくなっていました。

 

 

梅宮アンナの娘・百々果の現在の学校はどこ?

梅宮アンナと百々果

梅宮アンナの娘・百々果は現在どこの学校に通っているのでしょうか?

梅宮アンナの娘・百々果は幼稚園から高校まで一貫のインターナショナルスクールである「清泉インターナショナルスクール」に通っていましたが、2020年3月に卒業しています。

大学は2020年8月からアメリカに留学する予定で3月には渡米するはずでしたが、コロナの関係で渡米出来なくなってしまいました。

梅見アンナはアメリカのデザインスクールに入学して欲しいと願っていたそうですが、本人はスタンフォード大学のサマースクールへの進学を希望していたそうなので、どちらに進学したのかは不明です。

梅宮アンナの方針でインターナショナルスクールに通いましたが、最初は英語が話せなくて苦労し、泣いてばかりいたのだとか。

世界で活躍して欲しいという親心もわかりますが、本人の負担になると可哀想なので、本人の希望が叶った進路だといいなと思います。

梅宮アンナの娘・百々果は2020年3月にインターナショナルスクールを卒業し、アメリカの大学への進学が決まっていますよ。

 

 

梅宮アンナの娘・百々果のバレーボールの実力もすごい!

梅宮アンナと百々果

梅宮アンナの娘・百々果は高校ではバレーボール部だったそうですが、実力がすごかったと評判です。

小学校6年生からバレーボールを始めて、ポジションはリベロだったという、梅宮アンナの娘・百々果は2019年高校3年生のときに韓国の米軍基地で行われた大会に出場し、チームは優勝しました。

そしてなんとMVPに選出されています。

MVPはたった1人に贈られる個人賞ですから、実力のほどが伺えますよね。

母親のクラウディアと一緒に現地に応援に行った梅宮アンナは、大喜びで娘の百々果を抱きしめています。

7年間の集大成とも呼べる大会で優勝して、更に個人賞も受賞し、親子共々感慨深かったでしょう。

梅宮アンナの娘・百々果のバレーボールの実力は、大会でMVPを受賞するほどでした。

 

 

梅宮アンナの娘・百々果の身長は?

梅宮アンナと百々果

バレーボールの大会でMVPを受賞するほどの実力ですから、梅宮アンナの娘・百々果の身長は高いのでしょうか?

梅宮アンナの娘・百々果の身長についてもご紹介します。

梅宮アンナの娘・百々果は一般人なので、身長は公表されていませんでした。

でも母親の梅宮アンナが168センチですので、大きいと予想されましたが、親子で並ぶと身長差が10センチほどあるように見えますね。

そこで梅宮アンナの娘・百々果の身長は158センチ前後ではないかと思われます。

実はリベロというポジションは攻撃には参加できないために、低身長の選手も活躍が出来るポジションなので、160センチ弱という身長のハンデも克服出来たようですね。

158センチというと日本人女性の平均身長に近いので、ポジション争いはし烈だったのではないかと思います。

梅宮アンナの娘・百々果の身長は160センチ弱ですが、努力と才能でバレーボール大会のMVPを掴みとったといえますね。

今回は、梅宮アンナの娘・百々果について記載しました。百々果の父親は羽賀健二ではなく一般人のようです。現在は離婚して、梅宮アンナと百々果の2人だけみたいですが。ただ可愛いレベルは折り紙付きなので、これから芸能界デビューもありそうですね!