宮川一朗太が東大王で強すぎるオセロの実力を発揮してます。

なぜ、宮川一朗太は東大王にも余裕でオセロが勝てるんでしょうか…。

強すぎる理由が気になりますよね。

また、宮川一朗太のオセロ勉強方法や戦略はどんな感じなんでしょうか。

今回は、そんな宮川一朗太について記載していきます。

宮川一朗太のプロフィール

宮川一朗太

宮川一朗太のプロフィールを紹介していきます。

宮川一朗太は1966年3月生まれの52歳、東京都の出身です。

武蔵中学・高等学校を卒業、高校在学中に東京芸術学院に第一期生として通っていました。

早稲田大学第一文学部を中退しています。

宮川一朗太は1983年松田優作主演の映画「家族ゲーム」のオーディションに合格し、主人公と言える中学3年生の沼田茂之役で芸能界デビューします。

この作品で日本アカデミー賞優秀新人賞も受賞しています。

いい人に見えて悪い人という役柄が多かった印象ですが、最近では腹黒に見えて残念な人の印象が強いです(笑)

個人的には宮川一朗太が出演していると画面が和むというか安心感があります。

特に重要な役どころでなくても、そう感じるので宮川一朗太が出す空気感なのでしょう。

声優としてもマイケル・J・フォックスの日本語吹き替えをフジテレビ洋画劇場で多く担当しているので声を聴くと「あ~知ってる」と思う人も多いと思います。

宮川一朗太は1990年にフリーライターの女性と結婚し2児の父となりますが2005年に離婚しています。

子どもは2人とも宮川一朗太が育て、離婚の事実も娘の希望で公表していませんでしたが、下の子が大学を卒業し就職したことから娘に相談してバラエティー番組などで話すようになったそうです。

家族を第一に考えていて素敵なお父さんですね。

見た目も若いのでこれから再婚もあるかもしれません。

宮川一朗太がオセロ強すぎる!

宮川一朗太がオセロ強すぎるんです!

宮川一朗太が2018年10月に初参加したTBSのバラエティー番組「東大王」の中の問題形式で「難問オセロ」というものがあり、新司令塔として宮川一朗太が活躍しています。

TBSのバラエティー番組「東大王」とは東大王決定戦を勝ち抜いた頭脳明晰な東大王チームに芸能人チームが挑戦するクイズ対決バラエティーです。

番組の中のゲームの1つに「難問オセロ」があり、そのオセロで宮川一朗太の指令が的確でオセロ強すぎる!と言われています。

「難問オセロ」はその名の通りオセロゲームのようにマスを取り合うのですが、マスを取るためにはテーマに沿った漢字問題を正解する必要があります。

問題に正解するとそのマスが自チームの色になりオセロと同じように相手チームのマスを挟んで自チームの色にしていきます。

不正解の場合はその解答者が失格になり、全員が失格になった時点で負けとなります。

解答するマスを選ぶ時にはチームメンバーと相談することが出来るので、宮川一朗太が司令塔としてどのマスを解答するか指示を出しているのです。

宮川一朗太の漢字力も相当高いと言われていて、オセロの戦術と合わせて強すぎるんです!

宮川一朗太がオセロを強すぎる理由は?

宮川一朗太

宮川一朗太がオセロを強すぎる理由について記載していきます。

宮川一朗太がオセロを強すぎる理由をネットで調べてみましたが、特にこれといってオセロが強い理由が見つからないんですよね。

通常のオセロゲームと「難問オセロ」の違いは全体のマスの数の違いが大きいようです。

通常のオセロは8×8マスですが「難問オセロ」は6×6マスなのでマスの取り方のよっては、最後の一手で戦局がひっくり返ってしまうこともあります。

もともと宮川一朗太は大の競馬好きで自身のブログでかなり詳しい予想をしているので「読み」に関してはいろいろな意味で鍛えられているのではないかと思います(笑)

さらに情報を分析する能力や様々なパターンから予想を導き出す能力はオセロが強すぎることと無関係ではないと思います。

競馬で培った能力の他に宮川一朗太は漢検準1級を持っているという、まさに「難問オセロ」のスペシャリストに相応しい人物なのです!

宮川一朗太がオセロで東大王に勝てる理由は?

宮川一朗太がオセロで東大王に勝てる理由はなぜなんでしょうか?

宮川一朗太がオセロで東大王に勝てる理由は1つではないでしょうね。

問題の漢字の得手不得手もありますし、その時のチームに漢字が強い人がいるかどうかも勝敗に大きく影響があると思います。

過去に「難問オセロ」で芸能人チームが勝った時の勝因としてネットに書かれていたものは…。

「宮川一朗太が漢字力のプレッシャーに強かった」

「宮川一朗太の活躍に尽きる」

「東大生の選択ミス」などがありました。

どうやらオセロに詳しい人が過去の対戦を見ると「この一手で勝負がついた」という場面があるようです。

宮川一朗太も負けた時の敗因分析をしていて「大きな間違いを2つもしていた」「論外の26番はもちろん(東大生チームが)8番を打つ前、僕らに勝ち筋があったのに見落としていた」とかなり詳細に負けた原因がわかるようです。

この分析力が東大生に勝てる理由なのではないかな?と個人的には思っています。

勝敗が決した後に戦局を振り返ってミスがわかるというのは、囲碁や将棋の世界だけではないのですね!

それだけでも驚きました。

宮川一朗太のオセロ勉強方法は?

宮川一朗太

宮川一朗太のオセロ勉強方法はどんな感じなんでしょうか?

宮川一朗太のオセロ勉強方法は特に本人が話しているわけではないのですが、自身のブログで「最近は東大王の収録直前の1週間は勉強したりしている」と書いていました。

「難問オセロ」で負けた時も自身のTwitterで振り返ってつぶやいているので、かなり詳細に分析して対策を練っているのではないかと思われますね。

宮川一朗太がブログでやっている競馬の予想もそうですが、好きなことは徹底して研究する人なのでしょう。

ザ・凝り性といっても過言ではないと思います(笑)

オセロが強くなるコツというのをネットで調べてみたのですが、まず定石を覚えることは絶対条件だそうです。

そして、その定石はめちゃめちゃたくさんあるとのことです。

宮川一朗太は漢字も得意なので、暗記も得意そうなイメージがありますが…いかんせん年齢による記憶力の低下もなくはないわけで(笑)

東大生相手に頭脳と直感と戦術で勝負する「難問オセロ」に対する並々ならぬ熱意がなければ出来ない努力だと思います。

多くの時間をかけて反復と分析を繰り返しているのでしょうね。

見る側としては真剣勝負が楽しいので、これからも東大生をあたふたさせてスカッと勝つ場面を期待したいと思います。

宮川一朗太のオセロ戦略は?

宮川一朗太のオセロ戦略はどのようなものなのでしょうか。

宮川一朗太のオセロ戦略はおそらく定石を暗記し、相手の打つ手に対して最善手を打つというオセロで勝つための必勝法だと思います。

お互いにそうしていたら勝負がつかないのではないかと思いますが、最善手がない時は悪手を打たないということが非常に大切なのだそうです。

相手の打つ手に対して定石を打てればベストですが、そうでない場合に打つ手が悪手につながることが多いようです。

まさに裏の読みあいになりますし、一手が敗因になることは宮川一朗太もよくわかっているようですね。

東大生相手にいくつか罠を張ってみたけど通じなかったとTwitterでつぶやいていることもあるので、オセロの定石から独自の戦略まで驚くほどの戦術の数がありそうです。

さらに研究に余念がないようなので、これからも新しい戦略を見せてくれるのではないかと期待したいですね!

宮川一朗太もそうですが東大王に出演している東大生も頭の中身は一体どうなっているのだろうか?と非常に初歩的な疑問が個人的にあったりします(笑)

凡人なので超人の頭脳ゲームを楽しく観戦するくらいでちょうどいいんですけどね(笑)

今回は、宮川一朗太について記載しました。

宮川一朗太のオセロが強すぎて東大王にも勝てる理由は、めちゃくちゃオセロを勉強してるということですね。東大王に勝つためにオセロを勉強するって、仕事の合間もオセロの勉強をしてるんでしょうね。これから芸能人オセロNumber1選手権が開催されれば、宮川一朗太は間違いなく優勝候補ですね!