異色の経歴がありながらも抜群のかわいさを誇る戦慄かなのですが、少年入りという経歴の強さは芸能界でもインパクトが強いんですね。みちょぱもビックリしてましたし。

それにしても戦慄かなのが少年入りしてた理由のブラックビジネスって、どんな感じだったんでしょうか。ブラックビジネスと聞くと、何だかカッコいいイメージすらありますが、全貌はどんな感じだったんでしょうか。

また、戦慄かなのがブラックビジネスを始めたきっかけ、そして戦慄かなのがそんな過去がありながらも芸能界デビューしたきっかけが気になりますね。

今回は、そんな戦慄かなのについて記載していきます。

戦慄かなのは元少年院アイドル!

少年院入りしていたという異色の経歴をもつ元アイドル・戦慄かなのがテレビで話題になってるんですよね~。

いやぁ、かなかな凄い爆弾娘が出てきました(笑)ということで、戦慄かなのプロフィールを簡単に紹介するとこんな感じ…。

大阪出身の戦慄かなの。戦慄かなのの名前の読み方は「せんりつかなの」なのですが、これは当然本名ではないですね^^;

本名が気になるところですが、「元少年院」という経歴が理由かどうかは分かりませんが、本名非公開ってことのようです。

戦慄かなのの年齢は1998年9月8日生まれで現在二十歳。

某大学の法学部の学生というのにかなりビックリしました(笑)先入観で判断しちゃいけないのは分かっているけど・・・通信制大学なのかな?って気がしますね。

そのあたりもかなり気になるのですが、現在のところ具体的な大学名は不明なので真相は分かりません。

まぁ、通信だろうとなんだろうと「元少年院」という経歴で大学と名のつくところに入ったわけですから大したもんです(笑)

戦慄かなのの身長は154センチと小柄で見た目も経歴も「同世代から共感を得られそう」なキャラの戦慄かなの。

元少年院アイドルという唯一無二のジャンルで、今後どこまでブレイクしていくのか気になる存在ですね!

戦慄かなのはいつからいつまで少年院にいたの?

現在はまだ二十歳という年齢の戦慄かなのですが、いつからいつまで少年院にいたのか気になりますよね・・・。

少年院といえば中学生・高校生が行くところってイメージがあるので「え?最近の話なの?」と思って少々ビビりますね(爆)

戦慄かなの本人がテレビで明かしたところによると、少年院に入っていたのは高校生の時

高校二年の冬(年末から年明けくらい)から19歳の誕生日前後までの約二年も少年院に入っていたんですって・・・。

少年院ってそんなに長く入れるんだぁ?なんて変なところでビックリしました(笑)

出所?というのも何ですが^^;戦慄かなのが少年院を出たのが19歳を迎えた前後で、少年院の年齢制限が「例外はあるもののほとんどが二十歳未満」というのを見ると、年齢的なものも「いつまで少年院にとどめておくか」の判断基準になったのかな?という気がしますね。

それにしても17歳~19歳まで少年院にいて「長老!」なんてあだ名が付けられるのも戦慄かなのくらいです(笑)

戦慄かなのが少年院入りの理由ブラックビジネスの全貌は?

戦慄かなのが少年院に入った理由ではあるブラックビジネス。具体的にどんなことをしてたのか・・・。

怖いもの見たさ?で全貌が気になります^^;

ということで、テレビや雑誌で戦慄かなのが明かした内容を紹介するとこんな感じ・・・。

一つは、SNSを使っておじさまと出会い「お金がないからアマゾンギフトくれたら会いに行ける♪」といって稼いでいたそう。

アマゾンギフトだなんてかわいいもんじゃん!って思ったものの、一日で数百人も引っ掛けたこともあるそうで^^;

塵も積もれば山となる・・・で相当な額を手に入れてたんですね。当然受け取った瞬間SNSはブロック、まさにブラックビジネスです(T_T)

もう一つは、鋭い観察眼?でJKビジネスは儲かると気づいた戦慄かなの。

街中でティッシュ配りをする女子高生を集めて「大量の百均パ◯ツを履かせて、そのパ◯ツを売る」というビジネスをしていたそうです(爆)

しかも、顧客リストは「アマゾンギフトビジネス」のおじさま達が中心。なかなか敏腕です(笑)

こうしてブラックビジネスの全貌を知ると、戦慄かなのは単なる「少年院入りしたことがあるおバカタレント」ではなく実は凄い起業家になる才能を持った子なんじゃないか?なんて気がしてしまいますね^^;

ですけど、ブラックはブラックなのでダメ、絶対ですね!

戦慄かなのがブラックビジネスを始めたきっかけは?

テレビに出ている戦慄かなのを見ていると「ぶっ飛んでるな~」とは思っても、根っからの悪い子って感じは正直しないんですよね^^;

なぜブラックビジネスを始めたのか、きっかけを知ると「悪いことはしたけど、気持ちは理解できる」って気がします・・・。

戦慄かなの中学時代はおもったより壮絶な環境です。

いじめとか不登校とか自◯未遂・・・テレビや雑誌のンタビューで当時のことを戦慄かなのがネタにした喋っているのを見ると「母親世代」としてはだいぶ胸が締め付けられます。

そして、一番「母親の愛情が必要だった思春期」に戦慄かなのの家庭環境は最悪で、母親の育児放棄や母親が父親に暴力をふるう姿を目の当たりにしていたとか。

そんな環境の中で当時の戦慄かなのが考えたことは「早くお金稼いで自立しなきゃ・・・」ってこと。

それがブラックビジネスを始めたきっかけになったようですね。う~ん・・・現在母親はどうおもってるんでしょうかね^^;

戦慄かなのが芸能界デビューしたきっかけは?

戦慄かなのが少年院から出て短期間の間に、一体どこに芸能界デビューのチャンスが転がっていのか(爆)

デビューのきっかけが気になりますよね~。まぁ、確かに戦慄かなのは見た目「可愛い」ので中高生うけしそうなキャラではあるのですが^^;

戦慄かなの経歴をみると、少年院を出てから数ヶ月後にまずは「のーぷらん。」という地下アイドルグループでデビューしてるんですよね。

きっかけはSNSにあげたダンス動画でスカウトされたんだそう。

その後はまさか?の大学受験を理由にのーぷらん。を卒業・・・意外にも素顔はノープランじゃなかった戦慄かなの(爆)

その後、ミスiD2018のオーディションでは「少年院ネタ」で審査員の心を鷲掴み?にしてサバイバル賞なんていういわゆる「審査員特別賞」みたいなものを受賞したんだとか。

おそらく、このオーディションが「少年院アイドル」として芸能界デビューしたきっかけなんだと思われます。

ほんと、人生どころで変わるか分かりませんね(笑)

戦慄かなのは完全に更生してる?

2年も少年院に入っていた!となると、気になるのは「戦慄かなのは完全に更生してるのか?外の世界に出てきて、しかもテレビにでる仕事して大丈夫なのか?」って事ですよね^^;

私も正直、戦慄かなのの存在をしった時はそう思いました。しかし「少年院でどんな生活を送っていたのか」を知ると考えは変わります(笑)

戦慄かなのが少年院で生活していた約2年間。

もちろん娯楽なんてものはほとんどないので、ひたすら「資格取得」に励んでいたそうです^^;

ざっと並べると、秘書検定・危険物取扱・大検・そろばん検定・エクセル検定・漢字検定・ワープロ検定・・・。

しかも数千冊もの本を呼んでいたなんて情報もあり「本当に少年院に入るような子だったのか?」なんて思ってしまいます(笑)

そして、何より母親の愛情に恵まれてなかった戦慄かなのにとって、少年院で「母親のような愛情をもって根気よく接してくれた担当の先生」は更生するきっかけになったそう。

ということで、テレビではぶっとんでるように見える戦慄かなのですが「現在は完全に更生してる」ってことだと思いますね。

実は頭もよくて賢い子なのかもしれない・・・って感じました^^;

今回は、戦慄かなのについて記載しました。

戦慄かなのが少年院入りしてたブラックビジネスの全貌は凄いですね!ただ、戦慄かなのの背景をしると何だか胸が苦しくなりますね。きっと真面目な戦慄かなのなので、致し方なかったんだろうと伝わってきますしね。とはいえ元少年院アイドルというキャッチコピーは戦慄かなのなら生きてく上で最大限に活用しそうなので、これからどんどん活躍しそうですし、活躍してほしいですね!