ラグビー日本代表の武器「オフロードパス」。

オフロードパスとは普通のパスと何が違うんでしょうか。

また以前までは日本代表のなかでオフロードパスは禁止されてたみたいなんですけど…。

どうして禁止されてたんでしょうか。

今回は、ラグビーの「オフロードパス」についてまとめていきます。

 

 

オフロードパスの語源は?

まずはオフロードパスの語源に迫っていきます?

ラグビー日本チームの活躍で2019年度の流行語大賞はラグビー関連のワードがノミネートされるのではと噂されています。

(ノーサイドやオフロードパスなど)

流行語大賞にノミネートされる前にオフロードパスの語源をチェックしておきましょう(‘ω’)

オフロードを英語で表記すとoff loadとなります。

offには外れる、loadには荷物という意味があります。

運んでいた荷物を下ろすようにラグビーボールをパスすることからオフロードパスという用語が誕生しました。

実は私はずっとoff road(道路をはずれた)と書くのかと思っていました。

日本ではあまりオフロードパスを見ないので王道ではないパスという意味なのかなと思っていたんですよね。

しかし正確にはoff loadでした。

確かにラグビーボールが荷物のように見えますよね(´ω`)

オフロードパスは前に投げてもいいの?

オフロードパスは前に投げてもいいのでしょうか?

ラグビーにはボールを前に投げてはいけないというルールがあります。

ラグビーは後方にいる味方の選手にボールを繋ぎながらゴールを目指します。

万一前方にボールを投げてしまうと【スローフォワード】という反則になります。

もしもボールを前に落としてしまうと【ノックオン】という反則になります。

このボールを全方向に投げてはいけないというルールはオフロードパスにもあてはまります。

でも体格の良い敵チームの選手にタックルされたら前方にボールが飛び出してしまいそうですよね(´ω`;)

ちなみにボールを真横に投げるのはOKとされています。

オフロードパスは普通のパスと何が違う?

ところでオフロードパスは普通のパスと何が違うのでしょうか?

まずラグビーの普通のパスの仕方からご紹介します。

選手は後方から来ている味方選手にボールを投げて繋ぎます。

一方、オフロードパスは敵チームの選手からタックルを受けた状態でボールを後方にいる味方選手に投げて繋ぎます。

オフロードパスのポイントは、タックルされ完全に倒される前にボールを投げることです。

万一、倒れたとしてもすぐにボールを投げればOKです。

もしもタックルされて完全に倒された場合はボールを放さないといけないというルールがあります。

ラグビーのルールはネットでも話題になっているように複雑ですよね。

オフロードパスが禁止されてた理由は?

2019年ワールドカップでは日本チームの見事なオフロードパスを見ることができました。

しかし、エディージョーンズ氏が日本の監督をしていた時はオフロードパスが禁止されていました。

その理由はオフロードパスが諸刃の剣だからです。

成功すれば得点獲得の大チャンスをつかむことができます。

しかし失敗されれば敵チームの選手にボールを奪われてしまいます。

オフロードパスを成功させるには3つの要素が必要です。

①選手の強靭な肉体

②選手の高い技術

③味方チーム選手のサポート

エディージョーンズ監督が日本チームの選手にオフロードパスを禁止していた理由は、日本チームはその実力に達していないと判断したためでしょう。

オフロードパスは日本の武器に!

オフロードパスは今後日本の武器になること間違いありませんね。

スコットランド戦で日本チームがオフロードパスを成功させたことで稲垣啓太選手がトライを決め、見事得点獲得となりました。

日本チーム選手のサポートも完璧でしたね(^^)

このようにオフロードパスは成功すればビッグチャンスとなります。

これまでオフロードパスを禁じられてきた日本チーム選手ですが新しく就任した監督の指導によりさらに力を開花させたようです。

現在ジェイミー・ジョセフ氏が日本代表の監督をしています。

ラグビーの練習にもオフロードパスの練習を取り入れているそうです。

今後日本チームのオフロードパスを見る機会が増えることは確実ですね!

オフロードパスは日本の武器になるでしょう。

今回は、ラグビーのオフロードパスについて記載しました。

オフロードパスは日本の武器にはなりましたが、武器にするまでには色々な挑戦があったんですね。日本代表でのオフロードパスが禁止されてた理由も分かりますし…。これから日本代表の最大の武器と言われるように、オフロードパスを磨いてほしいですね!