ワールドカップバレー2019の女子日本代表に石川真佑が選出されました。

東京オリンピックでも活躍が期待される石川真佑の年齢や身長・体重をまとめていきます。

また、ご存じの方も多いですが、石川真佑は男子バレー日本代表の石川祐希の妹です。

そうなると他にも兄弟がいるのか気になりますね。

ひょっとしたら、兄弟全員がバレーの日本代表になる可能性もあるので!

今回は、そんな石川真佑について記載していきます。

 

 

【女子バレー】石川真佑の年齢は?

石川真佑

【女子バレー】石川真佑の年齢はいくつなのでしょうか?

化粧っ気もなく、まだあどけなさの残る笑顔が印象的ですよね(´ω`)

兄の石川祐希もベビーフェイスで年齢より少し若く見えます。

気になる石川真佑の生年月日は2000514日です。

20199月現在の年齢は19です。

今年の春に高校を卒業したばかりです。

石川真佑は石川祐希の妹と常に言われ続けてきましたが、注目を集めてきたのはそれだけではありません。

確かなバレーボールの実力があるため注目されているのです。

19歳にしてバレーボール女子のワールドカップに出場する日本代表15人の1人にも選出されています。

今後の活躍にも注目ですね。

【女子バレー】石川真佑の身長と体重!

石川真佑

【女子バレー】石川真佑の身長と体重についてご紹介します。

高校時代よりバレー選手として常に注目を集めてきた石川真佑。

気になる身長は174センチで、体重は65キロです。

全日本女子バレー選手の平均身長176.03センチで、最高身長の選手は188センチとなっています。

プロの女子バレー選手としては、やや身長が低めということになります。

現在はアウトサイドヒッターとして活躍中です。

アウトサイドヒッターとしてはやや小柄の174センチですが、身体能力とセンスの良さで活躍中です。

監督は『小さい子がバレーをやりたいと思うような選手になってほしい』と語っています。

身長がやや低めであっても才能があればプロのバレーボール選手として活躍できるということですね。

【女子バレー】石川真佑の学歴は?

石川真佑

【女子バレー】石川真佑の学歴はをまとめていきます。

石川真佑は愛知県岡崎市の出身で、小学3年生からバレーボールを始めています。

小学校は愛知県にある岡崎市立矢作南小学校を卒業しています。

中学は親元を離れ、長野県長野市立裾花中学校に入学しています。

兄の石川祐希は、中学校までは地元でバレーボールをしていました。

裾花中学校は全国制覇の経歴もあるバレーボールの強豪校です。

裾花中学校出身でプロのバレーボール選手として活躍している選手も多数います(^o^)

長野県にある裾花中学校を卒業後は上京し、バレーの名門・下北沢成徳高校に入学しています。

下北沢成徳高校を卒業後は大学には進学せずにプロの道に進んでいます。

 

 

【女子バレー】石川真佑の現在の所属チームはどこ?

石川真佑

【女子バレー】石川真佑の現在の所属チームはどこなのでしょうか?

石川真佑は20193月に東京にある下北沢成徳高校を卒業しています。

卒業後は大学には進学せずに、4月からプロとしてVリーグの東レアローズに入団しています。

東レアローズは滋賀県大津市を本拠地とする女子バレーボールチームです。

久光製薬スプリングスとは常に優勝争いをしていますね(‘ω’)

日本の女子バレーボールの強豪チームと言えば、やはり東レアローズか久光製薬スプリングスです。

石川真佑はデビュー戦となる大会で最優秀新人賞を獲得しています。

早くも東レアローズの黄金ルーキーとして活躍しています。

 

 

【女子バレー】石川真佑の成績まとめ

石川真佑

【女子バレー】石川真佑の成績まとめをご紹介します。

石川真佑は中学時代よりバレーボール選手として活躍しています。

裾花中学校時代は、全国大会で優勝を2回と準優勝を1回経験しています。

石川真佑は1年生の時からレギュラーで、3年生の時にはJOC杯全国都道府県対抗大会に長野県代表で出場して見事チームは優勝、最優秀選手に選ばれています。

高校は木村沙織も通っていた下北沢成徳高校です。

高校でも1年生の時からレギュラーでエースとして活躍していました。

この年、下北沢成徳高校は優勝しています。

2年時の春高バレーは激戦に敗れ、準優勝となっています。

3年生の時はインターハイと国体とで優勝しています。

なんとも輝かしすぎる石川真佑のバレー歴でした!

 

 

【女子バレー】石川真佑は石川祐希以外に兄弟はいる?

石川祐希

【女子バレー】石川真佑は石川祐希以外に兄弟はいるのでしょうか?

石川真佑は3人兄弟の末っ子です。

兄の石川祐希以外にもいます。

お姉さんの名前は尚美さんです。

石川真佑の6歳年上です。

石川祐希より1歳年上ということになりますね。

3人の兄弟の中でいち早くバレーボールを始め、石川祐希や石川真佑に強い影響を与えたとされる人物です。

尚美さんもバレーボール選手として活躍していましたが、現在はバレーボールはしておらずサポートに回っているようです。

兄弟3人全員、運動神経が良いということになりますね。

父親は実業団の陸上選手として、母親は実業団のバスケットボール選手とのことです。

運動神経の良さは親譲りと言えますね。

今回は、石川真佑について記載しました。

石川真佑の年齢は19歳と若く、これから女子バレー日本代表を引っ張る存在になってくれるのは間違いないですね!また兄の石川祐希のほかにも姉がいて、その姉もバレーしてたということで、華麗なるバレー一家なのは間違いありません。これから石川祐希にはどんどん活躍してほしいですね!

 

 

 

こんな記事も書いてます。

ワールドカップバレー2019|黒後愛は代表なのに試合にいない理由は?

ワールドカップバレー2019|セッター・佐藤美弥の身長と経歴が凄い!

栗原恵は引退後も綺麗でスタイルも抜群なのに現在も結婚してない!

ワールドカップバレー2019|可愛いリベロ・井上琴絵がいない理由は?

ワールドカップバレー|歴代サポーターやテーマ曲と各年度順位まとめ

ワールドカップバレー2019|宮下遥が代表復帰!選ばれた理由は?

女子バレー|長内美和子の身長や体重は?出身高校や大学とバレー歴まとめ