女子ゴルフの新星・渋野日向子のプロフィールをまとめていきます。

また岡山県出身なので渋野日向子と桜井日奈子のダブル「ひなこ」が気になるんですけど、出身中学校や高校はどこだったんでしょうかね。

ひょっとして桜井日奈子と渋野日向子は同じだったりするんでしょうか。

また渋野日向子はソフトボールの実力も凄いんですよね。

今回は、そんな渋野日向子について記載していきます。

 

 

渋野日向子のプロフィール!

渋野日向子

渋野日向子のプロフィールを紹介していきます!

日本人として42年ぶりにゴルフの全英オープンメジャー制覇をした女子プロゴルファーの渋谷日向子が話題になっています。

渋谷日向子は1998年11月生まれの20歳、岡山県岡山市の出身です。

身長165センチ、体重62キロ、血液型はAB型で、趣味は書道とソフトボールだそうです。

所属はRSK山陽放送です。

プロになったのは2018年7月で日本女子プロゴルフ協会の90期生になります。

意外なことにプロテストは、2017年に1度不合格になっていて一発合格ではなく2回目で合格しました。

プロ転向の翌年2019年には日本国内ツアーで2勝をあげています。

初優勝は2019年5月のツアー公式戦「ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ」で20歳と178日での優勝は大会史上最年少での優勝です。

ゴルフは技術とともにメンタルも非常に大切なスポーツですから、若干20歳にしてプロ翌年に2勝もするとは渋野日向子の精神力はかなりのものですね!

これからは注目される中でのプレーになるでしょうから、プレッシャーとも戦わなければならないので、さらに強靭な精神が必要になってくると思いますが期待したいですね。

渋野日向子は何歳からゴルフを始めた?

渋野日向子

渋野日向子は何歳からゴルフを始めたのでしょうか。

渋野日向子がゴルフを始めたのは、小学2年生で8歳の時からです。

渋野日向子は友達の父親がインストラクターをやっていたことから、小学2年生の8月にゴルフに出会いました。

12月には「平島スポーツ少年団」に所属してソフトボールも始めました。

完全な個人競技と団体競技の両方をやっていたのですね。

かなり大きな括りでいうとどちらも球技ですが、たいていは早い段階で自分の好きな方や得意な方に決めてしまうと思いますが、渋野日向子は中学時代までゴルフとソフトボールの両方を続けていました。

ただ好きなだけではなく運動神経もよくないと、なかなか両立は難しいですよね。

2011年の岡山ジュニアゴルフ選手権競技の中学生女子の部で優勝したことからゴルフ1本に絞ったそうです。

その後の2012年、2013年にも優勝していて3連覇を果たしています。

ゴルフ一筋になってからわずか8年で日本史上2人目の快挙を成し遂げたのですから驚きです。

努力と実力と才能があってこその快挙ですよね!

渋野日向子はお菓子が大好き!

渋野日向子

渋野日向子はお菓子が大好きなんですよね。

渋野日向子が全英オープンの最終日のプレーの合間に食べていた駄菓子「タラタラしてんじゃねーよ」も製造元のよっちゃん食品工業へ問い合わせが殺到しているそうですね(笑)

個人的には「カットよっちゃん(通称よっちゃんイカ)」も捨てがたいです(笑)

どうやら渋野日向子はお菓子が大好きなようで、優勝賞金で「お菓子をいっぱい食べます」と試合後の記者会見でも発言しているほどです(笑)

特にイカや海苔のお菓子が好きなようで、海外ではなかなか食べられない日本の食べ物を食べたくなった時に代用品として味付け海苔やよっちゃんシリーズを食べているようです。

年齢的にお菓子が大好きで全く不思議ではありませんが、カーリングといいゴルフといい試合中にお菓子を食べるという行為が一昔前までは考えられなかった光景ですね(何歳だよ!というツッコミはなしでお願いします、笑)

若い女性が真剣勝負の場でお菓子を食べて結果を出すということが凄いことだと思います。

若い男性が同じことをしても特に話題にはならないような気もしますが(笑)

優勝賞金で好きなだけお菓子を買って堪能して欲しいと思います。

渋野日向子の出身中学校や高校どこ?

渋野日向子の出身中学校や高校どこなんでしょうか。

渋野日向子は2011年に地元・岡山の岡山市立上道中学校へ進学しています。

市立中学校なので進学したというよりは、地元の学区が岡山市立上道中学校だったのだと思います。

渋野日向子は2010年には岡山県ジュニアゴルフ選手権競技では小学生女子・高学年の部で3位に入賞するなど結果を出していますが、普通の中学校にゴルフ部はありませんよね(笑)

中学2年の時にスポーツはゴルフだけに絞ったこともあり、高校はゴルフ部がある岡山県作陽高等学校へ進学しました。

2015年には「全国高等学校ゴルフ選手権大会」の女子団体戦に出場し優勝しています。

もともと女子ゴルフ部の強豪校で、2008年にも同じ大会で優勝しています。

岡山県作陽高等学校はサッカーが強い学校と言うイメージでしたがゴルフも強い学校なのですね。

岡山県作陽高等学校の卒業生には、渋野日向子を含めて3人の女子プロゴルファーがいました。

渋野日向子のソフトボールトの実力も凄い!

渋野日向子

渋野日向子のソフトボールトの実力も凄いんです。

2019年5月のワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ2日目のインタビューで小学2年生から始めたソフトボールについて話しています。

ソフトボールの打撃はゴルフのスイングとバランスをとるために左打ちに変更したそうです。

バットやクラブを振りやすい方というのはあると思うので、子どもの時に変えようと思って変えられるのは凄いな~と思います。

ソフトボールではピッチャーとして活躍していて、ピッチャー経験はゴルフのアプローチに似ていると経験が活かされているそうです。

小学6年生の時の体力テストでは、ソフトボール投げで58メートルを記録し、県大会で2位になったそうです。

今でも趣味がソフトボールというくらいでゴルフよりもソフトボールの方が好きなのだそうです(笑)

気分転換になるそうでオフは毎週土日に少年団に参加してバッティングやピッチングの練習をするそうです。

少年団で子どもたちに癒されて女子ゴルフ界のタフさを乗り切る安息材料でもあるようです。

渋野日向子は中学時代に野球部だった!

渋野日向子

渋野日向子は中学時代に野球部だったんです!

地元の中学に進学した渋野日向子は軟式野球部に入部しました。

おそらくソフトボール部がなかったのだと思います。

ゴルフ部もなかったことでしょうから、軟式野球部に入部したのでしょうね。

当然というか予想通りというか学校内で女子軟式野球部員は渋野日向子1人でした(笑)

ソフトボール部がないからと軟式野球部に入る中学生の女の子はなかなかいないと思います(笑) 

女子部員1人でも頑張っていた渋野日向子ですが、中学1年の時に「岡山県ジュニアゴルフ選手権競技」で優勝したことで中学2年の時に軟式野球部の監督が「ゴルフ1本のほうがいい」とアドバイスをもらったことで、野球部を退部しゴルフだけに絞ったそうです。

ゴルフと部活動を両立するとなると時間的にも体力的にも厳しいですからね。

軟式野球部の監督も大人から見てゴルフの練習時間をもっとたくさん取ってさらに活躍して欲しいと願ったのでしょうね。

期待に応える形で「岡山県ジュニアゴルフ選手権競技」中学の部で三連覇を達成します。

今の活躍も監督は嬉しく思っているでしょうね。

これからさらに活躍してくれることも楽しみにしていると思います。

今回は、渋野日向子について記載しました。

女子ゴルフ界の新星・渋野日向子についてまとめましたが、運動神経の塊のような人だったんですね。ソフトボールを真剣にやってたら、女子ソフトの日本代表になっていたかもですね!

渋野日向子についてこんな記事も書いてます。

渋野日向子の家族構成は父・母・姉・妹!名前や年齢と職業はゴルフ関連?

渋野日向子のコーチ兼キャディ・青木翔の経歴が凄い!レッスン料はいくら?