大谷翔平以上の素材だと呼び声が高い岩手県の大船渡高校の佐々木朗希。

それにしても菊池雄星、大谷翔平、佐々木朗希はいずれも岩手県出身というのが凄いですよね。

岩手県には良いピッチャーを輩出する秘訣みたいなものがあるんでしょうかね。

そんな大船渡高校の佐々木朗希ですが、身長・体重と腕の長さはどんな感じなんでしょうか。

大谷翔平に見劣りしない素晴らしい体型の持ち主なので、気になるところです。

また、佐々木朗希は球速だけでなく球種もバッティングも凄いんですよね。

今回は、そんな佐々木朗希について記載していきます。

 

 

佐々木朗希(大船渡)のプロフィール

佐々木朗希

佐々木朗希(大船渡)のプロフィールをご紹介します。

2019年夏の甲子園に向け高校球児たちの熱い闘いが始まりました(^o^)

そんな中で大きな注目を集めているのが岩手県大船渡高校3年生の佐々木朗希です。

その理由は大谷翔平がこれまで保持してきた高校球界最速とされる球速161キロを上回る163キロを出した投手だからです。

将来、大谷翔平を超える可能性が高いということです。

佐々木朗希は2001113日生まれで現在17歳です。 

岩手県陸前高田市の出身です。

大船渡市立第一中学校では軟式野球部に入部しており、その後大船渡高校に入学しています。

高校進学時に野球の強豪校から誘いがあったそうですが、仲間と一緒に甲子園を目指すために地元の高校を選びました。

野球もすごいんですが、仲間思いなのも凄いですよね。

佐々木朗希の身長・体重

佐々木朗希

佐々木朗希の身長・体重はどのぐらいなのでしょうか?

顔は細いですが下半身がかなりしっかりしています。

現在の身長は190センチで体重は86キロです。

佐々木朗希は報道陣に身長が1センチ伸びて190センチになったこと体重も81キロから86キロに増量したことを報告しています(^o^)

食事量などは変えずにスクワットなどで下半身を中心に鍛えたそうです。

ちなみに大谷翔平は身長が193センチで体重は92キロです。

まさにアメリカンサイズですよね!

佐々木朗希は高校1年生の時が186センチで現在190センチ、高校3年生なのでまだ身長が伸びる可能性があります。

身長と体重も将来大谷翔平を超える可能性がありますね。 

まさに規格外の大物高校生です。

佐々木朗希の腕の長さは?

佐々木朗希

佐々木朗希の腕の長さはどのぐらいなのでしょうか?

佐々木朗希が投球している画像を見るととにかく手が長いです。

そして脚もものすごく長いです(@@;)

球を投げている動画を見ると長い手足を持て余すことなく使い、指先まで神経が行き届いているようです。

佐々木朗希の腕の長さは公表されていません。

同じく高身長で手足が長い大谷翔平を参考にして佐々木朗希の手の長さを推測したいと思います。

大谷翔平の手の長さは85センチとなっています。

大谷翔平の方が身長が3センチ高いため、腕の長さも大谷翔平の方が数センチ長いと思われます。

なので、佐々木朗希の腕の長さは8283センチくらいではないでしょうか。

やっぱり、佐々木朗希の腕の長さも長いのですね!

 

 

佐々木朗希の球種はいくつある?

佐々木朗希

佐々木朗希の球種はいくつあるのでしょうか?

大谷翔平を超える投球の速さにばかり注目が集まっていますが、実は球種や打撃もすごいんです。

佐々木朗希は以下の球を投げることができます。

・ストレート

・スライダー

・フォーク

・チェンジアップ

これら3種類の変化球と最速163キロですからね。

現役の高校生で佐々木朗希と対等に闘える選手は皆無と言っても良いでしょう。

日本ハムが佐々木朗希を1017日のドラフト会議で1位に指名すると名言しているのにも納得です。

2の大谷翔平誕生までのカウントダウンはすでに始まっているようです(^o^)

 

 

佐々木朗希はいつからボールが速くなったの?

佐々木朗希はいつからボールが速くなったのでしょうか?

佐々木朗希は小学3年生から野球を始めています。

中学時代には軟式野球部に所属していましたが、この時すでに141キロを記録しています。

プロ野球選手でも最速140キロ台の選手が多いことを考えると、やはり佐々木朗希は規格外の逸材だと言えますね。

高校野球の強豪校が勧誘に来たというのも納得です。

そして、大船渡高校に入ると1年生で147キロの球が投げられるようになっています。

そして高校2年生で154キロ高校3年生で前代未聞の163キロを記録しています。

スランプなんてどこ吹く風、佐々木朗希は中学生時代から着実に投球スピードを驚異的に上げてきています。

 

佐々木朗希はバッティングも凄い

佐々木朗希は投球だけでなくバッティングの破壊力も凄いと話題になっています。

事件?は野球の強豪校である仙台育英高校と大船渡高校の練習試合で起こりました。

バッターとして登場した佐々木朗希が130メートル超弾を放ち、センターのスコアボードを直撃したのです。

この練習試合には日本とアメリカの20球団から40人のスカウト陣が見学に来ていました。

ジャイアン並みの打撃力を見せつけた佐々木朗希にスカウト陣は騒然となりました。

球を投げた仙台育英の投手も打球の破壊力に唖然とし、まるで次元が違うとコメントしています。

まるで名探偵コナンに登場する京極真のようですねΣ(Д)

今回は、大船渡高校の佐々木朗希について記載しました。

佐々木朗希は恵まれた身長・体重と腕の長さがあるから大谷翔平の高校時代を超える球速が出るんでしょうね。また、球速だけでなく球種も豊富で、バッティングも凄い。ひょっとしたら、二刀流の可能性もありそうですよね。大谷翔平も高校時代にはピッチングで有名でバッティングは影に隠れてましたが、実はすごかったですからね。これから佐々木朗希の活躍が楽しみです!