大坂なおみの新コーチにジャーメイン・ジェンキンスが選ばれました。

これから二人三脚で世界女王の地位を維持してほしいですね。

そんなジャーメイン・ジェンキンス新コーチですが、コーチ歴や現役時代のテニス実績はどんな感じなんでしょうか。

大坂なおみの新コーチだけに気になるところですね。

また、ジャーメイン・ジェンキンスは現在結婚してたりするんですかね。

今回は、そんなジャーメイン・ジェンキンスについて記載していきます。

ジャーメイン・ジェンキンスが大坂なおみのコーチに!

ジャーメイン・ジェンキンス

アジア勢では男女を通じて初の世界ランキング1位となり、日本人初のグランドスラムシングルス優勝の偉業を成し遂げた大坂なおみ。

その大坂なおみの新コーチにジャーメイン・ジェンキンスが加わりました。

2017年からコーチを務めていたサーシャ・バインとのコーチ関係を解消したことは、大きくニュースで取り上げられましたね!

ジャーメイン・ジェンキンスは、2019年1月からは全米テニス協会女子ナショナルコーチになっていて、大坂なおみのチームと並行して活動されていくということでしょう。

ナショナルコーチということは指導者として期待されているのですね。

ジャーメイン・ジェンキンスは指導するという経験に関しては全くの未知数と言われていますが、世界ランキング上位の選手のヒッティング・パートナーを3年半も務められたということは高く評価されることなのだそうです。

選手の状態を見て気持ち良くプレー出来るボールをだしたり、仮想対戦相手となるようなボールをだしたりと求められる役割は簡単に出来ることではないですからね。

これから大坂なおみとどのような関係性を築き、実力を底上げしていってくれるのか楽しみですね!

ジャーメイン・ジェンキンスのプロフィール

ジャーメイン・ジェンキンスのプロフィールを紹介していきます。

ジャーメイン・ジェンキンスは1984年11月20日生まれの34歳、身長180㎝、体重77㎏です。

大坂なおみと一緒に写っている画像ではあまり大きく見えませんが、よく考えたら大坂なおみが180㎝と高身長なので2人とも大きいです(笑)

ジャーメイン・ジェンキンスの出生地はアメリカ・ジョージア州カレッジパークで、現在の居住地はアメリカ・フロリダ州ココナッツクリークだそうです。

最終学歴は、クレムソン大学ビジネス行動科学科とありました。

クレムソン大学はサウスカロライナ州クレムソンに本部を置くアメリカの公立大学です。

クレムソン大学を調べてみると、アメリカンフットボールが有名で2018年シーズンで全米王者に輝いています!

在籍生徒は17000人だそうです。

ちなみに、日本の大学では公立トップの生徒数が東大の約2万7千人(うち1万2千人は大学院生)、私立の生徒数トップは日本大学の約7万人です。

大学ってたくさん在籍しているのですね。

話を戻して(笑)

 ジャーメイン・ジェンキンスは2003~2007年に大学で、テニスプレーヤーとして活躍しキャプテンも務めていました。

大学MVPを獲得するほど有力選手だったようです。

ジャーメイン・ジェンキンスのコーチ歴は?

ジャーメイン・ジェンキンスのコーチ歴はどんな感じなんでしょうか。

ジャーメイン・ジェンキンスは、33歳の2017年に現役選手を引退しています。

まだ現役選手を引退してから、2年しか経っていないのですね。

正式な現役引退は2017年ですが、2015年から大坂なおみが尊敬しているビーナス・ウィリアムズの専属ヒッティングパートナーを務めていました。

ちなみに大坂なおみは「セリーナ・ウィリアムズがいなかったらたぶんテニスはしていない」とまで言っているセリーナ・ウィリアムズのヒッティングパートナーは、ジャーメイン・ジェンキンスの弟のジャーメア・ジェンキンスが務めています。

ジャーメイン・ジェンキンスの兄弟でウィリアムズ姉妹のヒッティングパートナーを務めていたのですね。

大坂なおみの父親がテレビでウィリアムズ姉妹のプレーを見て、大坂なおみと姉の大坂まりにテニスを教え始めたそうなのでとても縁があるのですね。

ジャーメイン・ジェンキンスはヒッティングパートナーとして2年同じ選手と契約していたという強みはありますが、コーチ歴はほとんどないと言ってよいと思います。

と言っても、2019年からはUSTA(全米テニス協会)女子テニスナショナルコーチに就任しているくらいですから、コーチ歴よりも重要視出来るものを持っているのでしょう!

ジャーメイン・ジェンキンスが選ばれた理由は?

どうしてジャーメイン・ジェンキンスが大坂なおみのコーチに選ばれたんでしょうか。

その理由が気になりますね。

大坂なおみは新コーチを選任する時に「ポジティブで、影でものを言わない人」が条件だと言っていました。

また、前コーチのサーシャ・バインとコーチ契約を解消した後の大会では「幸せでいる以上の成功は望んでいないし、私を幸せにしてくれる人たちと一緒にいたかった」と話しています。

どうやら前コーチとは特に大きなトラブルがあったというわけではなさそうですが、今後のテニス生活において大坂なおみが考える幸せとコーチが考える成功に乖離があったのではないかと思われます。

どのスポーツにも言えることだと思いますが、強さを維持するのは非常に大変です。

研究もされるし、対策も徹底的に練られるでしょうから、並大抵の努力ではないと思います。

勝ち続けることがよいと考えるか、勝敗よりも自分のプレイやポリシーを大事にするかといったところでしょうか。

そう考えていくと、ジャーメイン・ジェンキンスが選ばれた理由は、相手のことを第一に考えないと務まらないであろうヒッティングパートナーを同じ選手の元で解任されずに長期間務めてきた実績があるからかもしれません。

大坂なおみは技術の指導より自分のメンタルに寄り添ってくれるコーチを選んだのかもしれないですね。

ジャーメイン・ジェンキンスの選手時代のテニス実績は?

ジャーメイン・ジェンキンスの選手時代のテニス実績はどんな感じだったんでしょうか。

ジャーメイン・ジェンキンスは、選手時代の世界ランキングはATPツアーで最高位は2008年の1386位です。

ジャーメイン・ジェンキンスは8人兄弟でその中で3人がテニスプレーヤーでした!

兄弟が8人もいるとその中の3人が多いのか普通なのかよくわからない気もしますが(笑)

 ちなみに3兄弟の中で1番世界ランキングの順位が上だったのは、セリーナ・ウィリアムズのヒッティングパートナーを務めているジャーメア・ジェンキンスの190位だそうです。

ジャーメイン・ジェンキンスは大学時代の2004年にはダブルスでオール・アメリカに選出されたこともあります。

2017年に現役を引退しましたが、2015年からすでに元世界女王のビーナス・ウィリアムスの専属ヒッティングパートナーを務めていたことはコーチ歴でもお話しましたね。

ネットで見るとジャーメイン・ジェンキンスは大学時代が1番選手として活躍していた印象でした。

ジャーメイン・ジェンキンスは現在結婚してる?

ジャーメイン・ジェンキンスは現在結婚してるんでしょうか。

ジャーメイン・ジェンキンスは2016年にナタリーという女性と結婚しています。

奥さんであるナタリーのInstagramにジャーメイン・ジェンキンスとの2ショット写真が載っていました。

どの写真もとても仲が良さそうで羨ましいですね。

奥さんのナタリーも笑顔が素敵な女性です。

Instagramの画像を見ても新婚らしさが伝わってきますね。

ジャーメイン・ジェンキンスと奥さんの2ショットの写真ばかりでしたので、お子さんはまだいないようです。

どちらに似ても可愛らしい子どもになりそうですね。

今回は、大坂なおみの新コーチ・ジャーメイン・ジェンキンスについて記載しました。

ジャーメイン・ジェンキンスには代表でのコーチ歴と学生時代のテニス実績、そしてヒッティングパートナーとしての経歴があったから、大坂なおみの新コーチになれたみたいですね。これから二人三脚で世界女王という位置を少しでも長く維持してほしいですね!