テニスプレーヤーのダニエル太郎の父親であるポール・ダニエル。

なんでも昔はテニスプレーヤーとの噂があり、ダニエル太郎にテニスを教えたのもポール・ダニエルなんだとか!

だとすると、ポール・ダニエルのテニスプレーヤーとしての実力がどうなのか気になりますね。

そんなポール・ダニエルの年齢は何歳くらいなんでしょうか。また、現在も職業はテニスコーチとして活躍してるんでしょうか。

今回は、そんなダニエル太郎の父親・ポール・ダニエルについてまとめていきます。

ダニエル太郎のプロフィール

ダニエル太郎

ダニエル太郎のプロフィールを紹介していきます。

ダニエル太郎は日本の男子プロテニス選手です。

ダニエル太郎は1993年1月27日生まれの25歳、アメリカ合衆国のニューヨーク州の出身、身長190センチ、体重76キロの右打ちです。

バックハンドは両手打ちですね。

ダニエル太郎は父親がアメリカ人、母親が日本人のハーフで日本国籍を取得していて2017年9月から東京都に住んでいます。

14歳から23歳まではスペインのバレンシアを拠点としていました。

ダニエル太郎は、父親がストレス解消のために通っていたテニススクールについていっているうちに妹と一緒に見よう見まねでラケットを振り始めたそうです。

7歳からテニスを始め、14歳の時にスペインに移住、バレンシアのアカデミーで練習を積み2010年にプロに転向しています。

プロに転向してからは2012年6月にスペインF15フューチャーズで優勝してから何度か優勝経験があります。

2014年に全豪オープンで初の4大大会予選に挑戦し、4月に行われたデビスカップワールドグループ準々決勝のチェコ戦では日本代表に選ばれています。

2015年には自身のキャリア初のATPランキングトップ100入りを果たし、2018年にATPチャレンジャーで日本男子史上4人目となるツアー初優勝を飾っています。

現在行われている全豪オープンでは残念ながら2回戦で敗れてしまいましたが、これからの活躍に期待したいと思います。ダニエル太郎のプロフィールでした。

ダニエル太郎の父親・ポール・ダニエルは元テニスプレーヤー?

ダニエル太郎の父親・ポール・ダニエル

ダニエル太郎の父親・ポール・ダニエルは元テニスプレーヤーとの噂があります。

ダニエル太郎がツアー初優勝を飾った時のスピーチで「僕にテニスを始めるきっかけを与えてくれた、お父さんに感謝している。お父さん、ありがとう」と言っていました。

ただ、ダニエル太郎の父親・ポール・ダニエルはプロテニスプレーヤーだったというわけではなく学生時代にテニスに打ち込んでいたそうです。

ダニエル太郎の父親・ポール・ダニエルは仕事で埼玉県に移り住んだ時に「ストレス解消のため」に近所のテニススクールに通い始めました。

学生の時にやっていたスポーツって大人になってからでも楽しくできますものね。

個人競技だと大人になってからも通えるスクールがあっていいですね。

ダニエル太郎の父親・ポール・ダニエルがテニススクールに通うようになると子どもたち(ダニエル太郎と妹の可奈)も一緒にスクールについていくようになりました。

お父さんと一緒におでかけできて同じことを真似してやり始めるのは楽しかったでしょう。

ダニエル太郎の父親・ポール・ダニエルは日々上達する子どもたちの成長を嬉しく思い、子どもたちの成長を見ることがダニエル太郎の父親・ポール・ダニエルにとってテニスコートに向かうモチベーションになったそうです。

自分のストレス解消だったのが子どもの成長を見られることに変わっていくなんて素敵なことですね。

なので、ダニエル太郎の父親・ポールダニエルは、元テニスプレーヤーというわけではないんですね。

ダニエル太郎の父親・ポール・ダニエルがイケメン!

ダニエル太郎の父親・ポール・ダニエル

ダニエル太郎の父親・ポール・ダニエルがイケメンなんです!

ダニエル太郎も彫りが深くて濃い顔のイケメンですよね!

ダニエル太郎の父親・ポール・ダニエルは一般の方なので画像はないかな?と思いつつネットで探してみました。

父親・ポール・ダニエルは予想外にたくさん画像がありました(笑)

ダニエル太郎の試合などを時間を作ってよく観に行っているようで、ダニエル太郎と父親・ポール・ダニエルと母親の3人で写っている画像もあります。

夫婦で子どもが活躍する試合を観に行っているのでしょう。

何歳になっても我が子の頑張る姿を見ていたいのが親心というものですね。

そして肝心のイケメン具合ですがダニエル太郎の父親・ポール・ダニエルは評判通りのイケメンであります!

イケメンというより素敵なおじ様といった感じといえばよいでしょうか。

とても品がある男性です。

このまま年を重ねていけば素敵なロマンスグレーになるのだろうなと想像できます。

ダニエル太郎は父親・ポール・ダニエルによく似ていることもわかりました。

ダニエル太郎の父親・ポール・ダニエルの年齢や経歴は?

ダニエル太郎と父親・ポール・ダニエル

ダニエル太郎の父親・ポール・ダニエルの年齢や経歴はどんな感じなんでしょうか。

ダニエル太郎の父親・ポール・ダニエルの年齢を調べてみましたが、何歳とわかる情報はありませんでした。

ダニエル太郎が現在25歳なことやダニエル太郎の父親・ポール・ダニエルの画像を見ると、現在は50歳前後ではないかと思います。

ダニエル太郎と並んでいる画像を見ると小柄に見えるためか年齢が高そうに見えますが、ダニエル太郎の身長が190センチあるので、ダニエル太郎の父親・ポール・ダニエルが小柄なわけではないと思います。

ダニエル太郎の妹が大学を卒業した時に撮影したと思われる画像では、ダニエル太郎の父親・ポール・ダニエルの身長が1番高いです。

ダニエル太郎の父親・ポール・ダニエルの経歴は、アメリカでテニスプレーヤーだったという情報や学生時代にテニスプレーヤーだったという情報があり…。

ポール・ダニエルの経歴として元テニスプレーヤーと言っていいものかどうか判断がつかないです。

ただ、ダニエル太郎の父親・ポール・ダニエルはダニエル太郎が子どもの時にはコーチをしていたことや子どもの才能を伸ばすためにスペインのバレンシアに移住してアカデミーに通わせるくらいテニスの育成環境に詳しいのは間違いありません。

なので、おそらく元プロに近いテニスプレーヤーだったのではないかと思います。

ダニエル太郎の父親・ポール・ダニエルの現在の職業はコーチ?

ダニエル太郎

ダニエル太郎の父親・ポール・ダニエルの現在の職業はコーチなのでしょうか?

ダニエル太郎が2018年にツアー初優勝をした時に父親について「僕たちがテニスの道を歩むチャンスを与えたいという、お父さんの情熱が強かった。僕はそれに乗ってきたのでありがたかったと思います」と話しています。

子どもの頃には父親がテニスを教えてくれていたようで「暴力をふるったり、プレッシャーをかけたりするお父さんでは全然ない」とも話しています。

「父親としてはテニスを通じて生き方を教えたかった」とダニエル太郎の父親・ポール・ダニエルは話していて「(伝えたかったのは)考え方やAttitude(行動)それをコートで示してくれれば」と思っているそうです。

ダニエル太郎の父親・ポール・ダニエルが話していることが、父親としてもコーチとしてもとても子どもを信頼している感じがして素敵な関係だなと思いました。

2018年、年明けから勝てずに悩んでいたダニエル太郎と一緒に連日コートに行き、今では技術的なことを助言することはない父が「今取り組んでいることを体で覚えるための良い方法を見つけようと思った」とし繰り返しボールを打ち「上達し続ければいつか必ず上に行ける」と説き聞かせました。

こう聞くと現在の職業はコーチなのではないかと思いますが、ダニエル太郎の父親・ポール・ダニエルの現在の職業は会計士だそうです。

テニスのコーチもされているようですが、本業は会計士ということかもしれません。

忙しい仕事の合間を縫ってダニエル太郎の試合を観戦しているようです。

ダニエル太郎の父親・ポール・ダニエルの現在の職業は会計士とコーチをしているようです。

ダニエル太郎の父親・ポール・ダニエルの現在の年収は?

ダニエル太郎

ダニエル太郎の父親・ポール・ダニエルの現在の年収はどのくらいなのでしょうか?

ダニエル太郎の父親・ポール・ダニエルが会計士をしているとして年収はどのくらいなのか調べてみました。

公認会計士の平均年収は都道府県によって変動があるそうで。最も高い平均年収は東京都の約1000万円です。

一口に公認会計士と言っても監査法人で働いているか、普通の会社で働いているか、ベンチャー企業やコンサルティング会社で働いているか、独立しているかで年収は大きく変わってくるそうです。

さらに海外で働く公認会計士だと現地の企業で直接働いているか、日本の監査法人からの出向かなどでまた年収は違うそうです。

ダニエル太郎の父親・ポール・ダニエルは、もともとアメリカ人ですので、海外の企業を相手に独立して会計士をしている可能性が高いのではないかと思います。

スペインへ移住したり出来たのも独立しているからではないでしょうか。

独立している会計士の年収となると当然クライアントの数などによって変わってきますが、子どもたちをプロのテニスプレーヤーになるために環境を整えてあげられるだけの年収はあるのでしょうから、1000万円くらいの年収はあると思います。

またコーチの方はボランティア的な活動かな?とも思えてきます。

ダニエル太郎の父親・ポール・ダニエルの現在の年収は1000万円くらいだと思います。

今回は、ダニエル太郎の父親・ポールダニエルについて記載しました。

ポールダニエルが昔テニスプレーヤーだったかどうかは確証はありません。昔から会計士で、ストレス発散のために通ったテニス教室がきっかけでダニエル太郎がテニスを始めた可能性のほうが個人的には高そうだと思います。また、現在の職業は会計士で年収もそれなりにあるから、ダニエル太郎のテニス環境を整えれたのだと思います。これからも親子鷹として、がんばってほしいですね!