女子高飛び込み選手として期待されてる金戸凛ですが、家族構成は父親と母親と兄と姉なんですよね。意外と多い5人家族だったんです。

そんな金戸凛の家族なんですけど、実は全員が高飛び込み選手なんですよね。そうですね、つまり華麗なる高飛び込み一族なんですよ。

だからこそ気になるのが、家族たちの成績ですよね。みんなオリンピック級ならびっくりですよね(笑)すごすぎます!!!

今回は、そんな金戸凛について記載していきます。

金戸凛の家族構成は父・母・姉・兄で名前や年齢は?

女子飛び込み選手のエース候補である金戸華ですが、父親や母親、姉と兄の5人兄弟みたいですが、家族たちの名前や年齢などはどんな感じなんでしょうか。

父の名前は「金戸恵太」で、年齢は1967年生まれの51歳。

母の名前は「金戸幸」(旧姓:元渕)で、年齢は1968年の50歳。

姉の名前は「金戸華」で、年齢は1998年生まれの20歳。

兄の名前は「金戸快」で、2001年生まれの17歳です。

ただ名前や年齢を見ていても、なぜ金戸華だけではなく家族まで注目されているのか分かりませんよね。

実は、金戸凛の家族は全員が高飛び込み選手なのです。

家族全員が同じスポーツをしていて大きな結果を残しているからこそ、メディアも注目しています。

金戸華の父と母はオリンピック選手で、姉や兄も現役の高飛び込み選手として活躍していることから、これからどんどんメディアでの注目が高まることでしょう。

金戸凛の父と母と姉と兄の全員が高飛び込み選手で成績は?

金戸凛の父と母と姉と兄全員が高飛び込み選手で注目されていますが、実際にどのくらいの成績を出しているのか気になりますよね。

父の恵太は3度オリンピックに出場しておりバルセロナオリンピックでは8位入賞をしており、母の幸も3度オリンピックに出場しておりアトランタオリンピックでは6位入賞しているのです。

なんでも父は56年ぶりの入賞で、母は60年ぶりの入賞だったことから当時はとても有名でした。

その両親が結婚したことから、子供たちも自然と高飛び込み選手となったのでしょうね。

両親がオリンピック選手なので最強の遺伝子を持っており、3兄弟も注目されているのです。姉の華は2013年の国際大会では優勝しており、兄の快は第26回全国少年少女水泳競技大会で10位の成績を残しています。

金戸凛の父と母は十分な成績を残しており、姉と兄は若いため、これからどんどん成長していくはずなので、伸びしろに期待できます。

金戸凛の祖父母も高飛び込み選手だった!

金戸凛は家族だけではなく、祖父母も高飛び込み選手だったんです。

祖父母共に2度オリンピックに出場しており、活躍していました。

祖父は飛び込むフォームが綺麗なことから、メディアでも取り上げられる事は多かったみたいですね!

また、祖父は1992年のバルセロナオリンピックでコーチを務めていたために、高飛び込み選手についてはプロ中のプロです。

その孫である金戸凛は祖父母や両親などいろんな方からアドバイスをもらえるので、どんどんいい記録が出ることも分かりますよね。

金戸凛だけではなく、姉や兄もどのように成長していくのか見ているのが楽しみになります。

なにより金戸凛のように祖父母も含めたスポーツ一家はほとんど見かけないですし、家族全員が同じスポーツと高飛び込み選手というのは、とても貴重で注目されるべき家族なのでしょう。

今回は、金戸凛について記載しました。

金戸凛の家族構成は父親と母親、姉と兄の5人家族でした。意外な大家族なんですけど、全員が高飛び込み選手というのが驚きですよね!しかも、実力者揃い(笑)おまけに祖父母まで高飛び込み選手で、オリンピック級。これはサラブレッドに違いないですね!これから金戸凛を筆頭に金戸家の活躍が大きくなりそうですね!