これからの男子体操日本代表を背負っていく白井健三ですが、家族構成が父親と母親と兄2人みたいですね。なんだか体操一家の匂いがプンプンしてきますね。

そんな白井健三の父親や母親と兄2人の名前や年齢はどんな感じなんでしょうか。特に兄弟がどのくらいなのか気になりますね!

また家族たちの現在の職業はどんな感じなんでしょうか。兄弟も体操してるのか気になりますし、両親はやっぱり体操関係なんでしょうね。

今回は、そんな白井健三について記載していきます。

 

 

白井健三の家族構成は父・母・兄2人!

白井健三の家族構成は父・母・兄2人みたいですね。

白井健三といえば体操競技の日本代表選手ですよね。白井健三が編み出し白井健三の名前がついた技もあるほど世界トップクラスの体操実力者です。

2016年開催のリオオリンピックでは団体競技で見事金メダルを獲得。そして個人でも跳馬で銅メダルを獲得しました。

初出場でメダルを2つも獲得するなんてとんでもないメンタルの持ち主ですね。

そんな白井健三は5人家族です。

父・母と兄が2人おり、白井健三は三兄弟の末っ子として育ちました。

出身は神奈川県横浜市鶴見区。父親が経営する「鶴見ジュニア体操クラブ」で3歳から体操の腕を磨いてきました。

持ち前の強いメンタルはおそらく末っ子としてのびのびと育ったからこそ身についたものかもしれませんね。白井健三の家族構成でした。

白井健三の父親と母親の名前や年齢と現在の職業は?

白井健三の父親と母親の名前や年齢と現在の職業はどんな感じなんでしょうか。

父親の名前は「白井勝晃」で年齢は58歳です。そして母親の名前は「白井徳美」で年齢は54歳だそうです。

父親は現在「株式会社 鶴見総合体操研究所」を経営し、「鶴見ジュニア体操クラブ」で指導者として子供達に体操競技の指導を行っています。

同じく母親も夫である白井勝晃を手伝い、子供達の指導にあたっているそうです。

「鶴見ジュニア体操クラブ」は1999年に設立。白井健三が3歳の時にできたクラブです。

父親も母親も元々高校の教員として体操部の指導を行い、父親は指導したクラブを優勝させるほど指導者としての実力があります。

白井健三がオリンピックでメダルを獲得したことで、より経営している体操クラブが盛り上がることでしょうから「鶴見ジュニア体操クラブ」からオリンピック選手がどんどん生まれるかもしれませんね。

白井健三の父親と母親の名前や年齢、職業の情報でした。

 

 

 

白井健三の兄2人の名前や年齢と現在の職業は?

白井健三の兄2人の名前や年齢と現在の職業はどんな感じなんでしょうか。

白井健三には5つ上と3つ上の兄がいます。

長男の名前は「白井勝太郎」で1991年生まれの現在27歳です。次男の名前は「白井晃二郎」で1993年生まれの現在25歳。

長男・勝太郎は日本体育大学を卒業後「コナミ・スポーツクラブ」にて現役の体操選手として活躍しています。

「コナミ」といえば、白井健三と共にオリンピックで奮闘した内村航平も所属しているチームですね。勝太郎は全日本大会のゆか競技で4位を獲得するなど実力も確かです。

そして次男の晃二郎は現在、両親が経営する「鶴見ジュニア体操クラブ」でコーチを務めています。

日本体育大学卒業後すぐにコーチとして「鶴見ジュニア体操クラブ」に入りました。長男や弟の白井健三の様に選手としてではなく、指導者として体操競技を盛り上げる立場に回ったのですね。

ちなみに白井健三も現在、日本体育大学に通っていますよね。

そして両親の白井勝晃も母親の徳美も日本体育大学出身。家族全員日本体育大学の体操部という体操家族というわけですね。白井健三の2人の兄の名前や年齢、職業の情報でした。

今回は、白井健三について記載しました。

白井健三の家族構成は父親と母親と兄2人の5人家族でした。そして、体操一家でしたね。それにしても、家族全員が体操に関わってるなんて、なかなかの珍しさですよね!ここまでしないと、オリンピック選手は誕生しないのかもしれませんね!これから白井健三には日本をどんどん引っ張ってほしいですね。

 

 

 

こんな記事も書いています。

白井健三はワキ毛を処理してる?元々生えない?すね毛は濃かった!

白井健三と村上茉愛は現在も交際中?最新の目撃情報やプリクラ画像!