浅田真央の後継者として呼び声高い紀平梨花ですが、出身高校がN高校なんですよね。初見でN高校と聞くと「???」となると思いますが、N高校は通信高校なんですよね!

ただ通信高校といえど、キャンパスはあると思うので紀平梨花がN高校のどこキャンパスに通ってるのか気になりますね。それにしても紀平梨花効果でN高校の知名度はどんどん上がりそうですね。

また紀平梨花が通ってる通信高校のN高校ですが角川マガジンズと関係があるみたいで…。なので、ひょっとしたら紀平梨花と角川マガジンズが関係があったりするんでしょうかね。

今回は、そんな紀平梨花について記載していきます。

紀平梨花の出身高校のN高校は通信!

紀平梨花といえば得意のトリプルアクセルで「浅田真央の後継者」なんて声もあるフィギュアスケート界の期待の星ですよね!

そんな紀平梨花の出身高校が通信制の「N高校」というちょっと興味深い情報があります^^;正

確には「出身」ではなく在学中なのですが、「N高校」というネーミングといいなかなか興味深くて調べてみたらこんな感じ・・・。

N高校は2016年4月に開校した高校で「沖縄に本校&全国各地にキャンパス」がある高校ですね。

N高校のサイトを見てみると「通学コース」と「ネットコース」があるのでネットコース=通信コースって事なのだと思います。

N高校のネットコース(通信)で25単位×3年=75単位の中で74単位とれれば、一般の高校卒業と同じ資格を取得出来るそう。

もちろん一年に数日はキャンパスに行かなければならない「特別活動」がありますが通常の授業は「映像視聴→確認テスト→レポート提出」とネットで完結するそう。授業の「時間帯制限がない」ってのがいいですね!

おそらく、世界中を競技で転戦してる紀平梨花もN高校の通学ではなくネット(通信)コースで高校卒業の資格を目指しているのだと思われます。

まだ開校まもないので「N高校出身の有名人」はいませんが^^;紀平梨花の活躍次第でN高校に入学するアスリートが増えるかもしれませんね!

紀平梨花が通うN高校のキャンパスはどこ?

紀平梨花が在籍するN高校にはネットコース(通信)と通学のコースがありますが、沖縄にある「本校」以外にキャンパスがどこにあるのか気になりますよね!予想外?にあちこちにあって驚きました^^;

全国にあるキャンパスの場所を調べてみるとこんな感じ・・・。

2018年現在で開校しているN高校のキャンパスは「代々木・御茶ノ水・横浜・大宮・千葉・名古屋・心斎橋・福岡」の8箇所。

N高校のサイトで確認した感じでは、どこのキャンパスも普通の高校のように「建物全体が校舎」というのではなく「オフィスビルのワンフロアがキャンパス」みたいなイメージですね。

ちなみに、2019年4月には「立川・柏・京都・江坂」のキャンパスも開校するとのこと。

なんとなく高校の「キャンパス」というイメージよりは全国規模の「塾に通う」って印象です^^;

紀平梨花はおそらくN高校のネットコースだと思われるのでキャンパスに出没することはほとんどないと思いますが^^;

運良く何かしら?の理由でキャンパスで見かけることが出来るとしたら出身地&所属先がある大坂の「心斎橋・江坂」だと思います(笑)

紀平梨花と角川書店は関係がある?

紀平梨花が進学先に「N高校」を選んだことで、角川書店と何か関係があるのでは?と思ってる人も多いようですね~。

これだけ聞くと「なんのこっちゃ」だと思いますが(笑)N高校の正式名所が「学校法人角川ドワンゴ学園N高等学校」なんですよね^^;

角川書店は KADOKAWAグループの事業の一つ。

そしてN高校は出版社である「KADOKAWA」とIT企業である「ドワンゴ」が提携して設立した学校法人が作った高校。ということで角川書店とN高校は人間の世界でいえば「兄弟」みたなもん(爆)

ちなみに、紀平梨花が角川書店で同じみの「 KADOKAWA」が関係するN高校を選んだのは親戚とか家族が「角川の関係者だからでは?」なんて噂もあるようですね^^;

ネットの情報を探した限りはそんなつながりは無さそう。もしかしたら、いずれ紀平梨花が角川書店の広告モデルに・・・なんてことはあるかもしれません(笑)

今回は、紀平梨花について記載しました。

紀平梨花が通ってるN高校は全国にキャンパスがある通信高校でした。まだ設立間もないので、紀平梨花がパイオニアになるかもしれないですね。また角川マガジンズとの関係が噂されてますが、今のところは不明です。でも、将来的には何だか関係が見えてきそうですよね!

こんな記事も書いています。

紀平梨花の父親と母親の仕事は何?実家はどこ?コーチも話題!画像