若きプロサーファーとして、そして男子サーフィン日本代表のエースとして注目されている五十嵐カノア。五十嵐もカッコいい名前ですが、カノアもカッコいいですよね。

そして、サーフィンもカッコいい。なんか全部がカッコいい五十嵐カノア。

そんな五十嵐カノアの家族構成は父親と母親と弟の4人なんですね。五十嵐カノアのためにカルフォルニアに行くくらいですから、家族全員サーファーだったりするんですかね。名前や年齢が気になります。

また、五十嵐カノアの父親と母親と弟の現在の仕事は何をしてるんでしょうか。サーフィン関係なんでしょうかね。

今回は、そんな五十嵐カノアについて記載していきます。

五十嵐カノアの家族構成は父親と母親と弟!

プロサーファーとして注目されている五十嵐カノアは、まだまだ知られていない部分がたくさんありますよね。

まず初めに気になるのは家族構成ですよね。

なんか日米両国籍を持っていると聞くと、父親と母親どちらかがアメリカ人なのかと予想しますよね。しかし、両親とも日本人なのです。これは大坂なおみ形式ではなかったんですね(笑)

では、どうして五十嵐カノアが両国籍を持ってるのかの理由は、カリフォルニアで生まれ育っているためなんです。

両親は五十嵐カノアが産まれる前からサーフィンをさせたいという思いがあり、カリフォルニアで出産したそうです。

今の五十嵐カノアの活躍は両親の思いが通じたように感じますね。それにしても大胆すぎますよね(笑)

また、兄弟の弟とはとても仲がいいことで有名です。

SNSなどでも一緒に登場する機会が多く弟を見たことがある方は多いことでしょう。

子供思いの両親に、兄思いの弟がいて五十嵐カノアは素敵な家族に囲まれているのですね。

五十嵐カノアの父親と母親と弟の名前や年齢は?

では、五十嵐カノアの家族である父親と母親と弟の名前や年齢はどんな感じなんでしょうか。

まずは、名前からご紹介しましょう。

父親の名前は「勉」母親の名前は「美佐子」、弟の名前は「キアヌ」という様です。

名前を見ていると弟の名前だけ気になりますよね。父親と母親の名前は純日本人なのに、五十嵐カノアも弟の「キアヌ」もとても珍しい名前です。

一体なにがあったんでしょうかね。名前の由来が気になるところです。

それぞれの意味がカノアは「自由」、キアヌは「山々を渡る涼しい風」など二人とも自然を感じさせる名前になっています。名前の由来がかっこよすぎですね!

また両親の年齢は父親が53歳、母親が52歳なんだそう。そして弟のキアヌは15歳でした。

まとめると父親の名前が勉で53歳、母親の名前は美佐子で52歳、弟の名前はキアヌで15歳なんですね。

五十嵐カノアの父親と母親と弟の仕事はなに?

五十嵐カノアの両親もカノア同様にプロサーファーでした。

そのようなところから子供もプロサーファーにしたいという気持ちが出てきたのでしょう。父親の仕事について詳しくは知られていませんが、五十嵐カノアにサーフィンのスキルを小さい頃から教えていたという情報があります。

そのため、サーフィンに関係する仕事をしているのではないでしょうか。

同じように母親の仕事に関しての情報もないですが、仕事をしていない可能性も高いですよね。子供2人がプロサーファーとなると母親は支えるために子育てに奮闘しているのではないかと思います。男の子2人というのも大変ですからね。

また、弟の五十嵐キアヌも五十嵐カノア同様にプロサーファーとして活躍しています。なのでこれからキアヌもプロサーファーとして活躍しそうですね。

兄弟そろってプロサーファーなので、いつかは兄弟で表彰台に立つことがあるのではないかとメディアも個人的にも大注目しています(笑)

今回は、五十嵐カノアについて記載しました。

五十嵐カノアの家族構成は父親と母親と弟だったんですね。そして、全員サーファーに携わっていそうな感じですね。さすがの五十嵐カノアですね。そしてさすがの家族です。これからサーファーといえば五十嵐一族になりそうなので、楽しみにしたいですね。個人的には五十嵐カノアと弟の五十嵐キアヌの揃った表彰台がみたいなので、がんばってほしいです!