男子サッカーの日本代表の正ゴールキーパー候補のシュミット・ダニエル。イケメンで高身長なので、モデルとしても活躍できそうでよね。イケメンゴールキーパーはなかなかいないので頑張ってほしいですね。

そんなシュミット・ダニエルですが、どう見てもハーフなんですけど父親と母親の国籍はどこなんでしょうか。ちなみに、シュミット・ダニエルの国籍はもちろん日本ですよ!日本代表なんですしね(笑)

また、シュミット・ダニエルの学歴やサッカーの経歴はどんな感じなんでしょうかね。ずっとサッカーしてたんでしょうかね、やっぱり。

今回は、そんなシュミット・ダニエルについて記載していきます。

Sponsored Link

シュミット・ダニエルの父親と母親の国籍はどこ?

シュミット・ダニエルの父親と母親の国籍はどこなのでしょうか。

シュミット・ダニエルはサッカー・Jリーグのベガルタ仙台でゴールキーパーとして活躍し、2018年8月30日に初めて日本代表に召集されたアメリカ生まれの26歳です。

アメリカで生まれたシュミット・ダニエルは2歳の時に日本の仙台市に来ています。

シュミット・ダニエルの父親はアメリカ人で母親は日本人です。

父親の故郷で生まれ母親の故郷に来たのですね。

シュミット・ダニエルは身長196cm、体重90kgとサッカー選手としてはとても大きいです。きっと両親のどちらか(もしかして2人とも)が大きいのでしょうね。スポーツ選手として恵まれた体格というのは大きな武器ですね。

スポーツ選手ではありませんが羨ましいです(笑)

シュミット・ダニエルの父親の国籍はアメリカ、母親の国籍は日本です。

シュミット・ダニエルの学歴は?

シュミット・ダニエルの学歴はどんな感じなんでしょうか。

シュミット・ダニエルは2歳の時に日本に来ているので小学校は地元の小学校、中学校は東北学院中学校に通っていました。

高校もそのまま東北学院高等学校に進学しています。

東北学院は宮城県仙台市にあるミッションスクールでキリスト教系の学校で男子校です。

シュミット・ダニエルは高校3年生の時にベガルタ仙台の練習に参加し獲得のオファーも受けていましたがプロで活躍するために中央大学へ進学しています。

大学時代は川崎フロンターレの特別指定選手として登録されていました。また全日本大学選抜にも選出されたこともあります。

中央大学では4年生になるまでレギュラーにはなれませんでしたが、その後の活躍で再度ベガルタ仙台から獲得のオファーを受け大学卒業後の2014年にベガルタ仙台へ入団しました。

シュミット・ダニエルの学歴は高校は東北学院高等学校を卒業、大学は中央大学を卒業しています。

Sponsored Link

シュミット・ダニエルのサッカーの経歴は?

シュミット・ダニエルのサッカーの経歴も気になりますね。

シュミット・ダニエルは小学2年生の時に八幡サッカースポーツ少年団でサッカーを始めています。テレビでサッカーの試合を見ていて自分もやってみたいという理由からサッカーを始めたそうです。

家族がきっかけではない理由というのは珍しい感じがしますね。

ュミット・ダニエルは中学時代まではボランチ(守備的MF)としてプレーしていましたが、中学の体育の授業(サッカー)で素人にボールを取られたことで自信を失くしたのかショックを受けたのかは不明ですが、一時期バレー部に転部しています。

当時から身長も高かったでしょうからバレーを続けていたらいいMBになっていたのではないでしょうか。

数か月後にはサッカー部に復帰したそうでバレー部での経験を活かし兼任GKとなり高校時代に正式にGKに転向したそうです。

ここからシュミット・ダニエルのキーパー人生が始まるのですね。

大学時代もなかなかレギュラーにはなれなかったものの経験を積み、ベガルタ仙台に入団後もロアッソ熊本・松本山雅FCへのレンタル移籍がありましたが、2016年にベガルタ仙台に復帰しています。

シュミット・ダニエルのサッカーの経歴を簡単に紹介しました。

今回は、シュミット・ダニエルについて記載しました。

シュミット・ダニエルの父親の国籍はアメリカで母親が日本なんですね。だから、シュミット・ダニエルはアメリカ人とのハーフということになりますね。そしてシュミット・ダニエルの学歴は純日本で、サッカー経歴は高校時代からキーパー転向していたんですね。意外と遅いんですね。そんなもんなのか、シュミット・ダニエルが卓越したセンスの持ち主だったのかわかりませんが、とにかく日本代表になるということは相当すごいのはたしかですね。

Sponsored Link

こんな記事も書いています。

シュミットダニエルが結婚した嫁の画像や年齢は?現在は子どもいる?