サッカー日本代表の次期監督候補と呼び声が高いクリンスマン監督ですが、しっかりと結婚しておりました。

クリンスマン監督の嫁の名前は、デビー・チンなんですけど、元モデルだけあって、とっても美人なんですよ!さすがのクリンスマン監督ですよね(笑)

しかも、クリンスマン監督の息子はサッカー選手なんですよ。なかなか日本では親子世代でプロサッカー選手ってみかけないですが、ドイツ人は結構多いのかもですね!

今回は、そんなクリンスマン監督について記載していきます。

Sponsored Link

クリンスマン監督のプロフィール

サッカー日本代表の次期監督候補と言われている、クリンスマン監督のプロフィールを紹介します。

クリンスマン監督の名前はユンゲル・クリンスマン、1964年生まれの53歳、西ドイツの出身でドイツ国籍とアメリカ国籍を持っています。

クリンスマン監督は元サッカー選手でポジションはセンターフォワード、ドイツやセリエAでのプレイ経験があり、1980年のU-16から始まり1998年までドイツ(西ドイツ)の代表に選ばれています。

2004年にドイツ代表監督に就任し、2011~2016年はアメリカの代表監督を務めています。

クリンスマン監督は「どの監督にも好みの選手とそうでない選手がいる」と語っており選手の好みがはっきりしている監督と言われています。

監督の戦術にハマる選手が好みなのでしょうか?国の代表監督となれば結果が全てですからクリンスマン監督は自分の考えに自信もあるのでしょう。クリンスマン監督のプロフィールでした。

クリンスマン監督の嫁・デビー・チンは美人!

クリンスマン監督の嫁・デビー・チンは美人なんですよ。デビー・チンの画像を見ると確かにめちゃめちゃ美人です!

さすがのクリンスマン監督といったところでしょうね(笑)

クリンスマン監督の嫁・デビー・チンは1979年4月生まれの39歳、中国系アメリカ人で1995年にイタリアのミラノで出会い結婚しています。

クリンスマン監督の嫁・デビー・チンは17歳でモデルを始めたそうでニューヨーク、ミラノ、パリでモデル活動をしていたそうです。

17歳からモデルをするだけあって、さすがの美貌の持ち主なんですよね!

クリンスマン監督と嫁・デビー・チンは14歳の年の差がありますが、クリンスマン監督も若い時はイケメンのサッカー選手と美人モデルという完璧な組み合わせの夫婦です!

クリンスマン監督の嫁・デビー・チンはモデルでとても美人です!

Sponsored Link

クリンスマン監督の息子はサッカー選手!

クリンスマン監督の息子はサッカー選手なんですよ。

クリンスマン監督と嫁・デビー・チンの間には息子と娘の2人の子どもがいます。

そして、クリンスマン監督の息子がサッカー選手で名前はジョナサン・クリンスマンと言います。

1997年生まれの21歳、ヘルタ・ベルリン所属で身長192cmという高さを活かしたゴールキーパーです。

国籍は生まれたドイツと育ったアメリカの両方を持っています。

クリンスマン監督の息子はアメリカのU-20代表で活躍した選手でもあり、ヘルタ・ベルリンの1次キャンプにテスト生として参加した後契約を獲得しているので実力と将来性を買われたと言ってよいでしょう。

おまけに(笑)イケメンでもあります!

これから日本でも話題になるかもしれませんね。クリンスマン監督の息子のジョナサン・クリンスマンはサッカー選手です。

今回は、クリンスマン監督について記載しました。

クリンスマン監督は現在結婚しており嫁の名前はデビー・チン。さすがの美人さでした!そして、息子もサッカー選手ということもあり、クリンスマン監督の家族は華麗なる家族の可能性はとても高そうですね。こういった部分が戦術と関係してくるのかもですね(笑)

Sponsored Link

こんな記事も書いています。

クリンスマン監督はドイツ出身で年齢や年俸は?監督の実績は?画像

クリンスマン監督の若い頃もイケメン!選手時代の成績や経歴は?画像