ワールドカップ2018の解説として活躍している早野宏史。一見、めちゃくちゃ真面目そうに見えますが、時折繰り出されるダジャレは秀逸ですね。

サッカーの解説者って面白い人が本当に多いですよね(笑)

そんな早野宏史ですが、かつら疑惑があるんですね!ぜんぜんカツラには見えないんですが、実際のところはどうなんでしょうかね。

また、ダジャレといえば早野宏史なので、早野宏史のダジャレ集もまとめていこうと思います。

今回は、そんな早野宏史について記載していきます。

Sponsored Link

早野宏史(サッカー解説)の経歴は?

テレビで見かけるサッカー解説者の早野宏史の経歴はどのようなものなんでしょうか。

松木安太郎やセルジオ越後、中山雅史(ゴン中山)など、他のサッカー解説者たちと同様に元サッカー選手です。

早野宏史は中央大学法学部を卒業した後、日産自動車サッカー部、のちの横浜Fマリノスに加入します。

169㎝という小柄な体格でも卓越した技術によって活躍したようですね。

現役を退いたあとはガンバ大阪や柏レイソルの監督を務め、2007年はかつて前身チームに在籍していた横浜Fマリノスの監督を1年だけ務め、2008年以降はNHKのサッカー解説者としてダジャレを交えた個性的な解説で人気を博しています。

サッカー解説者の早野宏史の経歴は、監督としての芽は出なかったものの、サッカーや喋りなどで自分の技術を披露することには長けているようですね。

早野宏史(サッカー解説)にカツラ疑惑があるの? 

サッカー解説者の早野宏史にカツラ疑惑があるそうですが、 実際のところどうなのでしょうか。

確かに、髪型は不自然とまではいかなくとも特徴的で、どこかの大統領のような前で流しているため、そう見えなくもありません。

加えてボリュームも一向に衰えないためにカツラ疑惑をかけられてしまったようです。

しかし、早野宏史がカツラかどうかは不明です。

それこそ某大統領のように頭をクシャクシャさせてもらわない限り真偽のほどは確かめようがありません。

単純にケアをしっかりしている結果のような気がしますが……。

サッカー解説をしているだけなのにカツラ疑惑が出てしまう早野宏史がちょっとかわいそうに思えます。このまま疑惑も鎮まっていけばいいですね。

Sponsored Link

早野宏史(サッカー解説)のダジャレ集が面白い!

早野宏史がサッカー解説の際に発したダジャレ集が面白いです!

ネット上にはサッカー解説を始めてから2年ほど経った1998年あたりから視聴者に刺さった珠玉のダジャレが収集されています。

個人的に気に入っているものは、イタリアに一方的に押されるアゼルバイジャンを見て。

「アセる場合じゃないジャン」と漏らしたり(笑)

お手上げ状態になったスペインのカマーチョ監督を見て。

「カマーチョられないですね」と発した際には隣にいた実況に「おそれいりました」と言わせたりと、キレッキレです(笑)

松木安太郎も相当ぶっ飛んだ解説ですが、早野宏史のダジャレも負けていませんね。

早野宏史自身、元々はサッカー解説の時にダジャレを言っていなかったようですが、次第に口をつくようになったようですが、それでこれだけ面白いダジャレ集が生まれてしまうのですから、

やはり喋りに関しても高い技術を有していたということですね。

今回は、早野宏史について記載しました。

サッカー解説者の早野宏史の経歴はさすがの元サッカー選手ですね。また、カツラ疑惑が早野宏史にはありますが、ちょっとこれは噂でしかなさそうですね。それにしても早野宏史のダジャレ集は面白いので、これからどんどんダジャレを言ってもらって、書籍化とかしてほしいですね(笑)

Sponsored Link