美しすぎるヴァイオリニストとして活躍している川井郁子ですが、出身高校や大学はどこなんでしょうか。やはり、ヴァイオリニストだと音楽大学なんですかね。

音楽大学というだけで、なんだかかっこいいんですが!また、川井郁子の経歴も凄いんですよね…、なんだか異次元の人みたいなんですよ。

そんな川井郁子を育て上げた実家が香川県にあるということなんですけど、どの辺なんでしょうかね。そもそも香川県にあるんですかね(笑)

今回は、そんな川井郁子について記載していきます。

Sponsored Link

川井郁子の出身高校や大学はどこ?

日本のヴァイオリニストとして有名な川井郁子の出身高校や大学はどこなのでしょうか。

川井郁子は美人ヴァイオリニストとしてだけでなく作曲家や女優としても活動しています。

川井郁子は1968年1月生まれの50歳、とても若く見えますね!40代前半かと思っていました。

川井郁子はスタイルも抜群で身長168cm、体重48kgとモデル並みですね。

女性ヴァイオリニストは綺麗な方が多いですが川井郁子も演奏中は妖艶な感じがします。

川井郁子は香川県出身で小中高と地元・香川県の学校を卒業しています。

川井郁子の出身高校は高松第一高等学校音楽科を卒業し、大学は東京芸術大学を卒業、さらに東京芸術大学大学院に進学し修了しています。高校を卒業してから上京したんですね。

川井郁子の出身高校は高松第一高等学校、大学は東京芸術大学です。

川井郁子の経歴が凄い!

川井郁子の経歴が凄いんですよね。

川井郁子は東京芸術大学大学院を修了後、ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団やニューヨークシンフォニックアンサンブル、サレーアンタルジプシー楽団、ブルガリアシンフォニーオーケストラなど海外のオーケストラとの共演を始め、国内でもNHK交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団など多数共演やレコーディングを行っているそうです。

川井郁子はオリジナルアルバムやベストアルバムの発売の他に1998年に映画「絆―きずなー」で女優デビュー、1999年にNHK連続テレビ小説「すずらん」に出演と女優業も行い、2001年4月に大阪芸術大学芸術学部音楽学科で指導した後、2005年に大阪芸術大学芸術学部音楽学科の教授となりました。

さらに2008年10月にニューヨーク・カーネギーホールでアメリカデビュー、2013年に「北のカナリアたち」の音楽で第36回日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞するなど女優や演奏者、作曲家として様々な活躍をしています。

川井郁子には天は二物も三物も与えたのですね(笑)

 川井郁子の経歴がもの凄いです。

Sponsored Link

川井郁子の実家は香川県?

川井郁子の実家は香川県なんでしょうかね。

川井郁子の出身地が香川県で小学校は高松市立牟礼小学校、中学校は高松市立屋島中学校、高校は高松第一高等学校をそれぞれ卒業しているので川井郁子の実家は香川県高松市で間違いないと思います。

川井郁子が上京してから引っ越しをした可能性もありますが、調べてみても特に実家が引っ越しをした記事は見当たりませんでした。

川井郁子の実家について調べた時にプロの音楽家の実家なので、両親も音楽に関係した仕事なのかと思いましたが、川井郁子の実家は普通のサラリーマンの家庭のようで驚きました。

プロの演奏家は幼少期から音楽に触れる機会があってプロを目指すようになるイメージで、特にヴァイオリニストなら尚更音楽一家という印象が強いので、川井郁子の実家が普通のサラリーマン家庭というのは意外でした。

川井郁子の実家は香川県にあるのは間違いなさそうですね。

今回は、川井郁子について記載していきます。

川井郁子の出身高校や大学は音楽漬けで、経歴もヴァイオリニストとして華々しい経歴なんですね。さすがの一言です。また、そんな川井郁子の実家が香川県というのが意外ですよね。きっと香川県には音楽家を育てる環境があるんでしょうね!

Sponsored Link

こんな記事も書いています。

川井郁子の色気が凄い!身長や体重とカップやスリーサイズは?画像

川井郁子はバツイチ!元旦那・高柳広との離婚理由や現在子どもは?