嵐・大野智主演の映画「忍びの国」。

大野智の演技がうますぎて話題になりました。

そんな映画・忍びの国ですが累計の興行収入はいくらだったんでしょうか?

結構お客さんが入ってただけに気になりますね。

また、映画・忍びの国には原作があるんですが、どこか違いはあるんでしょうか。

この記事では結末やネタバレもしてしまうので、知りたくない方は見るのは控えてくださいね笑

では、今回は映画【忍びの国】について記載していきます。

【映画】忍びの国のあらすじ

【映画】忍びの国のあらすじについてご紹介します。

時は戦国!

今まさに織田信長の次男・織田信雄(知念侑李)率いる織田軍と伊賀の無門(大野 智)率いる忍び達の戦いが始まろうとしています。

無門は伊賀一と言われる凄腕の忍者ですが、普段は怠け者で恋女房お国(石原 さとみ)の尻にしかれています。

殺伐としたシーンが多い中、無門とお国のやり取りには思わずクスッと笑ってしまいます(*´`*)

そんな伊賀の国にまさに織田軍が攻め込もうとしていたのです。

武力や兵力は織田軍が圧倒的に忍びの軍団を上回っています。

しかし、無門率いる忍びの軍団は誰も想像できない秘策を用意して織田軍に抗戦します!

果たして結末やいかに!?という内容です。

以上、【映画】忍びの国のあらすじについてご紹介しました。

【映画】忍びの国の累計興行収入はいくら?

【映画】忍びの国の累計興行収入はいくらだったんでしょうか?

忍びの国は映画館で201771から公開されました。

嵐の大野智が主演、そして妻役が石原さとみのため映画が公開される前から大きな話題になっていました。

実は私も観に行ったんですよね。

嵐の大野智が主演のため1020代の若い女性が多いかなぁと思っていました。

でも、周りを見ると観客は年齢層が幅広かったです。

60代くらいの人もけっこういました。

【映画】忍びの国は夏休みもあったため連日定員が埋まっていたようです♪

気になる【映画】忍びの国の累計興行収入は25.1億円です!

観客動員数は198万人と発表されました。

2017年の実写映画では第3位となる結果に終わりました。

ちなみに1位は銀魂、2位は君の膵臓をたべたいです。

しかし、同じ原作者の映画『のぼうの城』の累計興行収入が28.4億円だったため、手放しで喜ばれる成績ではなかったようです。

以上、【映画】忍びの国の累計興行収入はいくらだったのかご紹介しました。

【映画】忍びの国の累計興行収入は嵐映画の中で何位?

【映画】忍びの国の累計興行収入は嵐映画の中で何位なんでしょうか?

嵐のメンバーは演技力にも定評があり、数々の大ヒット映画を世に送り出してきました!

個人的には、二宮和也のGANTZや松潤の花男が記憶に残ってますね〜(*´`*)

【映画】忍びの国の累計興行収入は嵐映画の中では9です。

1位から7位までは次のようになっています。

映画のタイトル・主演・累計興行収入の順に記載しています。

1位 花より男子ファイナル「松本潤」 77.5億円

2位 硫黄島からの手紙「二宮和也」 51億円

3GANTZ「二宮和也」 34.5億円

4位 謎解きはディナーのあとで「櫻井翔」 32.5億円

5位 ヤッターマン「櫻井翔」 31.4億円

6位 怪物くん「大野智」 31.3億円

7位 GANTZ PERFECT ANSWER「二宮和也」 28.2億円

8位 プラチナデータ「二宮和也」 26.4億円

そして第9位が【映画】忍びの国となります。

以上、【映画】忍びの国の累計興行収入は嵐映画の中で何位なのかについてご紹介しました。

【映画】忍びの国と原作の違いは?

【映画】忍びの国と原作の違いはどこかあるんでしょうか?

【映画】忍びの国の原作は歴史小説の『忍びの国』です。

2008年に出版された小説で作者は和田竜です。

ところで映画を見てすごく気になることがありました(@@;)

原作小説ではけっこう存在感があった人物が映画に登場していないのです。

1番驚いたのは織田信長が映画に出ていなかったことです。

原作でも登場回数は少なかったですが、存在感はありました。

この他に文吾という名前の若い気の強い忍びも映画には登場していません。

小説では何かと無門と張り合っていい存在感を放っていたんですけどね。

文吾は映画にも出ているものだと思っていたので、なんだかぽっかり心に穴が開いてしまいました。

この他にも数人原作小説にいた登場人物が映画には出ていません。

以上、【映画】忍びの国と原作の違いについてご紹介しました。

【映画】忍びの国の結末ネタバレ!

【映画】忍びの国の結末ネタバレを書いていきます!

この映画の最大の見どころは無門率いる忍びの軍団がどのような秘策で織田軍に戦いを挑んだかにあります。

そして、ラストは悲惨な結末を迎えてしまいます…

実は伊賀の忍者達はお金のことしか考えていません。

これまで戦ってきたのは他国からお金で雇われていたからです。

織田軍が伊賀に攻めてくるのが分かった時、伊賀の忍び達の多くが伊賀を捨てて出ていこうとします。

自分の国のために戦っても一銭もお金がもらえないためです。

その危機を救ったのが北畠家の家宝である『小茄子』!

小茄子を売って報酬にすると無門が宣言します。

これにより忍び達が戻り織田家に逆転勝利をします。

しかし、話はこれでは終わりません。

無門は伊賀の頭衆に踊らされて戦をしたことを知ってしまうのです。

これに無門は激怒するのですが、身に危険を感じた頭衆がこんな発生をします。

無門を倒したものに年貢を一生与える

この発言により無門は伊賀の忍び達に取り囲まれます。

そこに登場したのが小茄子を持ったお国でした。

この小茄子を壊されたくなかったらと言うお国に一斉に毒矢が放たれ、お国は死んでしまいます…

 以上、【映画】忍びの国の結末ネタバレをご紹介しました。

【映画】忍びの国のロケ地はどこ?

【映画】忍びの国のロケ地はどこだったんでしょうか?

映画の公開が終わり、人気のあまり現在ではロケ地を巡るバスツアーなるものまで登場していますね(*´`*)

今回はエキストラ募集メールをもとに忍びの国のロケ地をまとめました♪

信州をメインに千葉県や茨城県でも【映画】忍びの国のロケが行われていました。

◎国営アルプスあづみの公園

長野県安曇野市にある国営の公園です。

井上真央の朝ドラ『おひさま』のロケ地としても有名です。

◎ワープステーション江戸

茨城県つくばみらい市にある時代劇などのロケ施設です。

◎富士見高原スキー場

長野県諏訪郡にあるスキー場です。

◎蓼科(たてしな)高原

長野県茅野市にある高原です。

この他にも多数Twitterに大野智が撮影してたよ〜などの投稿を見つけることができました。

以上、【映画】忍びの国のロケ地はどこなのかをご紹介しました。

今回は、映画「忍びの国」について記載しました。

忍びの国の累計興行収入は25.1億円。嵐映画のなかでは9位でした。やはり嵐はどこでも結果を残しますね。さすがです。また原作との違いは多々ありましたが、結末ネタバレは視聴者の予想を裏切るカタチにはなってるので満足感は高いですよね。嵐が解散するまえに、個人的には全員が参加してる映画を見てみたいですね!