いろんな種類のガン保険が登場していますが、そのなかでも比較的新しいのが掛け捨て保険ではなく積立貯蓄型のガン保険です。

いままで掛け捨て保険が主流だったなかで、積立貯蓄型のガン保険はとても魅力的ですよね。

そんな積立貯蓄型のガン保険のメリットはどのようなものがあるのかまとめていきます。また、実際に積立貯蓄型のガン保険に加入できる保険会社は何社あるのでしょうか。

今回は、そんな積立貯蓄型のガン保険について記載していきます。

Sponsored Link

ガン保険の積立貯蓄型のメリットは?

なんとなく「ガンにならなかった場合もったいない」と感じてしまうガン保険。

積立貯蓄型ならガンにならなくても払った保険料が無駄にならなくていいかも?なんて思いますよね!という事で、積立貯蓄型ガン保険のメリットをまとめてみるとこんな感じ・・・。

「途中で解約する場合、解約払戻金を受け取れる」って事。

ガンになった場合の保証を準備しながら、万が一「まとまったお金が必要だけど借り入れという手段が取れない」という緊急事態にも対応出来るということですね。

しかし、解約払戻金は「いつ解約しても払った保険料が全額戻ってくる」ってものではないのは当然ですが理解している必要があります。

この「解約払戻金」がメリットといえるかどうかはデメリットを知った上で判断する必要がありますが「ガン保険に入ってもガンにならなかったら保険料捨てるみたいで入るのにためらう」って人にはいいんじゃないかな?と思いますね!

ガン保険の積立貯蓄型のデメリットは?

正直、今までは掛け捨ては勿体無い!と思うタイプだったのですが、ガン保険について知れば知るほど積立貯蓄型はメリットよりデメリットの方が大きく感じてしまいましたね^^;

ということで、一般的に積立貯蓄型ガン保険のデメリットを紹介するとこんな感じ・・・。

1つ目は、月々支払う保険料が高い。家計に余裕があれば月々数千円の差額はどうってことないでしょうけど、子供がいる家庭は教育費なども掛かりますし、数千円の余分の支出は大きな負担になりますよね。

2つ目は、積立貯蓄型のメリットを利用して解約払戻金を受け取った場合「ガン保険の保証が無くなる&新たに契約する場合に保険料が高くなる」ってのもデメリットですね。

保険料は加入時の年齢が上がれば上がるほど高くなるってのを忘れてはいけません(T_T)

そして、個人的には一番衝撃というか不安に襲われた積立貯蓄型ガン保険のデメリットはこれ・・・。

保険会社の倒産。

何十年も貯蓄してるつもりで保険料を払い続けてきたのに、保険会社が倒産してあてにしていた払戻金を受け取れなかった場合のショックったらないですよね(T_T)

まさかそう簡単には倒産なんて・・・と思いますが^^;

この20年で倒産した生命保険会社が数社(7~8社)あるのですが、これらの保険会社でガン保険を含め積立貯蓄型の保険に入っていた人の多くが大きく損をしたというニュースを見て「デメリットの方が大きいな」と感じてしまいました。

Sponsored Link

ガン保険の積立貯蓄型に加入できる保険会社は何社ある?

積立貯蓄型のガン保険に加入できる(取り扱っている)保険会社が何社くらいあるのか気になって調べてみたのですが・・・結論から言うと1社だけでした。※他にもあっったら教えてほしいです。

その保険会社は東京海上日動あんしん生命保険。

なぜ1社しかないのかというと、あちこちの他社サイトを見てみると保険料からして「ガン保険は積立貯蓄型ではなく掛け捨て型が主流」という風潮が強いからです。

その理由は、生命保険とは違いガン保険は「医療の進化と共に治療内容も大きく変化していく」ので長期契約が基本である「積立貯蓄型」のガン保険では時代の流れに対応出来ないんですよね。

ガン保険を契約した当時には無かった治療方法を適用したけど、その方法は保証対象に含まれてない為実費負担になってしまった・・・なんて事も起こりえるのです。

そんな理由から、時代に沿ったガン治療の保証を維持することが難しいので「積立型貯蓄のガン保険か加入希望者が少ない=人気がない=保険会社も力を入れてない」ってのが現状のようです^^;

今回は、ガン保険の積立貯蓄型について記載しました。

掛け捨て保険ではなく、積立貯蓄型のガン保険。メリットはお金が戻ってくることですが、その分だけ考慮すべきデメリットもあります。掛け捨て保険か積立貯蓄型のガン保険か、いずれを選んでもデメリットやメリットは存在します。やはり大切なのは、ライフプランをどう描くかですね。また、現在は積立貯蓄型の保険を提供してる保険会社は少ないので、加入する際には迷わなくて良さそうですね(笑)

Sponsored Link

こんな記事も書いています。

免責期間なしのガン保険は何社ある?料金比較やメリットやデメリット

ガン保険の一時金が多い保険会社はどこ?メリットやデメリットは?