もしものときに加入していると安心なガン保険。

でも、いろいろな種類がありすぎて、よくわからない保険ですよね(笑)いろいろ紹介されると、余計にわけがわからなくなりますよね(笑)

なので、今回はガン保険で一時金が多い保険会社はどこなのかについてまとめていきます。また、一時金が多いガン保険のメリットやデメリットについてもまとめようと思います。

いろいろな種類があるのは間違いないですが、やはり大切なのは自分が思い描くライフプランに沿った保険を選ぶことですよね。

今回は、そんなガン保険の一時金について記載していきます。

Sponsored Link

ガン保険の一時金が多い保険会社はどこ?

ガン保険の一時金が多い保険会社はどこなのか調べてみました。

生活習慣病の1つであるガン。いつ自分がなってもおかしい病気ではありません。

いざ病気になった時に必要なのが治療費や入院費です。

そんな時ガン保険に加入しておけばお金の心配が無くなり治療に専念することができます。

ガン保険には入院・治療に備える為のガンと診断された時に貰える「一時金」が存在します。

ほとんどの保険会社では悪性新生物と診断された場合100万円から300万円ほど給付されます。備える為に重要な一時金はどこの保険会社が一番多いのか気になりますよね。

年齢や掛け金などによっても変わってきますが、一時金が総合的に一番多いのはFWD富士生命「新がんベスト・ゴールドα」と言えるのではないでしょう。

ガンと診断された時に100万円から受け取れ、前回のガンから2年以上開いていたら2回目も一時金を受け取る事が可能です。

初期がんに対しても50万円から受け取れるそうですね。ガン保険の一時金が多い保険会社の情報でした。

ガン保険の一時金が多い保険のメリットは?

ガン保険の一時金が多い保険のメリットは何か調べてみました。

FDW富士生命「新がんベスト・ゴールドα」の場合、1回1回のガンの診断が2年以上開いていれば何度でも一時金が受け取れる事が最大のメリットでしょう。

多くの場合1度のみという場合が多いのですが、ガンというのは一人1回とは限りません。

最初にできたガンと全く違う場所に新たに出来る事もあります。

その度にまとまったお金が必要になるわけですが、何度でも支給されれば安心ですね。さらに、初期がんにあたる上皮内新生物と診断されても悪性新生物の半額は一時金を受け取る事ができます。

半額というのは少ない様に感じますが、他の保険会社と比べてもかなり多い方になります。

悪性新生物の場合最低100万円の一時金であれば50万円は受け取れる事になります。

ガンと診断され治療が開始する時の初期費用は交通費や入院日込でも50万円は必要と言われているので、最低ラインのお金の心配はないわけです。以上、一時金が多き保険のメリットでした。

Sponsored Link

ガン保険の一時金が多い保険のデメリットは?

ガン保険の一時金が多い保険のデメリットを調べてみました。

一時金が多いタイプのガン保険は掛け金が多いのでは?と考えがちですよね。

しかし、保険料は入院給付金タイプと比べても差はありません。

むしろガン保険に加入する際に必ずチェックしておきたいのが「一時金」なのです。

その事からデメリットというのは無いようにも感じますが、一度にたくさんのお金が用意できる診断給付金タイプでは長期入院になってしまった場合、自分自身で負担するお金が多くなってしまう場合もあります。

長期入院にはあまり向かないという点がデメリットになるかもしれませんね。

しかし医療も進化して短期入院で治療することが可能になった今の時代。一時金が多い保険を選ぶのが一番であるのは間違いなさそうです。

ガン保険の一時金が多い保険のデメリットは保険会社によるというのあるのかもしれませんね。

今回は、ガン保険の一時金が多い保険会社について記載しました。

もしガンになったときに、ありがたい保険のガン保険。一時金が多いだけで経済的なストレスも減りますし、治療に専念できますよね。また、一時金が多いことで治療法もより高度で安心なものを選択できる可能性もあります。ただ、長期化するとそれなりのデメリットはあるので、そこは考慮しておくべきですね!

Sponsored Link

こんな記事も書いています。

免責期間なしのガン保険は何社ある?料金比較やメリットやデメリット

ガン保険の積立貯蓄型のメリット|加入できる保険会社は何社ある?