今後のことを考えて、ガン保険を検討する機会があります。

そんなときに気になるのが免責期間でしょう。やはり免責期間なしのほうがすべてをカバーできるので良いんですが、なかなか提供している保険会社も少ないのが実情です。

いったい、免責期間なしのガン保険を提供している保険会社は何社あるんでしょうか。また、そのがん保険の料金比較やメリット、デメリットについて記載していきます。

今回は、免責期間なしのがん保険について記載していきます。

Sponsored Link

免責期間なしのガン保険は何社ある?

免責期間なしのガン保険は何社あるんでしょうか。

ガン保険と言えば、一般的に3ヶ月もしくは90日間の免責期間と呼ばれるものがあります。

ガン保険は告知だけで加入が可能ですが、保障はすぐには開始されません。

ガン保険加入後は保障が受けられなくても保険料の支払いは必要になります。

なぜすぐに保障が受けられないかというと、ガンの発症を知りながら保険に加入する人、悪意はなく本人に自覚症状がないのにガンを発症している人がいないように、保険会社が免責期間を90日間設けています。

これは保険を適切に運用するための公平性を保つためなのだそうです。

この免責期間なしのガン保険を扱っているのが「アクサ生命の治療保障のガン保険」です。

現在、免責期間なしのガン保険はこれ1つのみとなっています。免責期間なしのガン保険は1社です。

免責期間なしのガン保険の料金比較!

免責期間なしのガン保険の料金比較していきましょう。

免責期間なしのガン保険は「アクサ生命の治療保障のガン保険」だけなので、料金比較ではなく こちらの料金を紹介することになります。

細かい注意書きは省略しますので、実際に保険加入を検討する場合はHPなどで詳細を確認してくださいね。

アクサ生命の治療保障のガン保険の保障内容は。

「ガン手術給付金 1回につき20万」「ガン特定手術サポート給付金 1回につき20万」

「ガン放射線治療給付金 1回につき20万」「化学療法給付金 1回につき10万」

「緩和療養給付金 1回につき10万」「上皮内ガン 手術・放射線治療 1回につき20万」が主契約(※2018年8月まで)となっています。

他に特約として保障内容を充実させることが出来ます。※商品の詳細については、アクサ生命のホームページにてご確認ください。

月々の保険料(特約なし)の例としては、30歳男性が1190円 女性1300円、40歳男性が1810円 女性2820円、50歳男性が3070円 女性4210円となっています。

女性の方が乳がん等 女性特有のガンがあるため保険料は少し高めになっていますね。免責期間なしのガン保険の料金を紹介しました。

Sponsored Link

免責期間なしのガン保険のメリットやデメリット

免責期間なしのガン保険のメリットやデメリットについて記載していきます。

免責期間なしのガン保険のメリットは審査が通ればすぐに保障が受けられることです。

免責期間の無駄な保険料の支払いがないことはありがたいですね。

また月々の保険料が安くて保障が受けられることもメリットだと思います。

ただし、アクサ生命の治療保障のガン保険は10年間で自動更新となるので、年齢によっては保険料が高くなってしまうので注意が必要です。

一方、デメリットとしては「ガン診断給付金がない」ことが最大のデメリットと言えます。

免責期間があるガン保険ではガンと診断された時に「診断給付金(一時金)」として100万円ほどの給付金が支払われます。

ガンと診断された時の当面の生活費や治療方法によってかかる金額などを診断給付金で賄えるように、ガン保険に加入する人が多いそうです。

また通院保障がついていないので、ガンの治療方針が決まるまでは保障を受けられないということになってしまいます。

治療に対しての保障を受けるか、ガンと診断されたらすぐに保障を受けて生活をカバーするか、これらは個人の病状や治療期間によって異なるので、どちらがいいかは一概には言えませんね。

免責期間なしのガン保険のメリットはすぐに保障を受けられて、月々の保険料がある程度の年齢までは安くすむこと。

デメリットはガンと診断された時の診断給付金がないことです。

今回は、免責期間なしのがん保険について記載しました。

現在、免責期間なしのがん保険を扱っている保険会社はアクサ生命保険だけなんですね。料金も手頃でありがたいです。ただ、免責期間なしのがん保険であっても、メリットやデメリットもあります。なので、使い方には注意が必要ですし、一概に免責期間なしのがん保険だから良いというわけではないので、自分の状況に合わせて使いわけたいですね。

Sponsored Link

こんな記事も書いています。

ガン保険の一時金が多い保険会社はどこ?メリットやデメリットは?

ガン保険の積立貯蓄型のメリット|加入できる保険会社は何社ある?