2018年の第100回の夏の甲子園に出場する三重県の白山高校野球部。リアルルーキーズと言われて、話題沸騰中ですし、これから白山高校旋風に期待したいですね。

そんな白山高校野球部を支えていたのが女性部長の川本牧子さん。甲子園見学時には注意されたみたいですが、それもまた良い雰囲気になりましたよね。

気になるのが、川本牧子さんが結婚してるのかどうかですよね。野球大好きなのは伝わるので、子どもがいるなら野球をさせていそうですし。

また、川本牧子さんはずっと野球をしていたみたいで、出身高校や大学はどこだったんでしょうかね。いつまで野球していたのかも気になります。

今回は、そんな白山高校野球部の女性部長の川本牧子さんについて記載していきます。

Sponsored Link

白山高校野球部の女性部長川本牧子は結婚してる?

三重県代表の白山高校野球部の女性部長を務める川本牧子ですが、2018年現在40歳で、監督と同い年だそうです。ということは、結婚して子どももいるのか気になりますよね。

どうやらすでに結婚しているようで、3人の子どもにも恵まれているそうです。

普段は教師として働きながら、部活では大好きな野球に関わり続け、家に帰れば3児の母として頑張っているとは、エネルギーが凄すぎます。

そんな女性を側で見ていれば、そりゃ高校球児たちも触発されて甲子園の切符の一つや二つ取っちゃうぐらいに強くなるってものです。

白山高校野球部が甲子園に進んだ要因には、女性部長の川本牧子が結婚して子どももいる大人の女性だったことが含まれているかもしれませんね。

きっと川本牧子のパワーが伝わったんでしょうね、白山高校ナインに!

川本牧子の出身高校や大学どこ?

川本牧子の出身高校や大学はどこだったのでしょうか。

出身地域について語られていないため、高校や大学がズバリどこだったのかは不明ですが、家庭科教師として最初に勤務したのが三重県名張市だったこと。

今も家庭科の教師として三重県に赴任していることから、進学した女子大というのは家庭科が学べる名古屋女子大ではないか見られています。

そして出身高校についても、三重県のお隣愛知の大学を選んでいることから、三重県内のどこかの高校だったのではないでしょうか。

今回の甲子園出場とグラウンド見学の件で注目されましたが、今はまだこのぐらいしか情報がありません。今後の白山高校の活躍しだいではさらに詳しいことが分かってくるかもしれませんね。

川本牧子の出身高校は三重県内のどこかで、大学は名古屋女子大学ではないかと見られています。

Sponsored Link

川本牧子は野球いつまでしてた?

そんな野球大好き川本牧子ですが、川本牧子自身が野球をいつまでやっていたのか気になりますよね。

父親の影響で小学3年生から野球を始めた川本牧子ですが、中学校では野球部が女子の募集をしておらず、ソフトボールに転身したようですから、野球自体は小学生までのようですね。

川本牧子が中学生だった1990年代前半はまだまだ女子野球に様々な取り組みが始まったころでしたから、募集していないのも無理はありません。

その後、高校でもマネージャーとして甲子園を目指そうとしたそうですが、ここでもマネージャーの募集がないからと突っぱねられてしまったそうです。

川本牧子が野球をやっていたのは小学生までということですから、まさに30年の時を越えて甲子園の切符をつかんだことになります。

今回は、白山高校野球部の女性部長・川本牧子さんについて記載しました。

川本牧子さんは結婚していて、ママだったんですね!ママだからこそ、白山高校野球部の母的な存在として支えていたんでしょうね。また、川本牧子さんの出身高校は三重県内で大学は名古屋女子大学の可能性は高そうです。そして、川本牧子さんも野球をしていたのですが、どうやら小学校までで、あきらめないからこそ、今年甲子園に出場できたんでしょうね。ここにもルーキーズ並のドラマがありそうですね。

Sponsored Link

こんな記事も書いています。

白山高校野球部がルーキーズと言われる理由はヤンキーが多いから?

白山高校野球部の東拓司監督の出身高校や大学はどこ?経歴も凄い!