長澤まさみも有名な女優なんですけど、父親の長澤和明も凄い人だったんですよね。

そんな長澤まさみの父親・長澤和明の現在の職業はなにをしてるのでしょうか。

長澤和明は昔、サッカーの元日本代表だったり、監督をするなどサッカー経歴が凄い人でもあるんですよね。

その輝かしい長澤和明のサッカー歴と監督歴についてもまとめていきます。

今回は、長澤まさみの父親・長澤和明について記載していきます。

長澤まさみの父親・長澤和明のプロフィール!

長澤和明

長澤まさみの父親・長澤和明のプロフィールを紹介していきます。

長澤まさみの父親・長澤和明は1958年2月生まれの60歳、静岡県清水市出身です。

サッカー王国と言われる静岡県とあって、長澤まさみの父親・長澤和明も元サッカー選手です。

高校時代に高校選手権準優勝の経験があり、現役引退後は長年指導者としてサッカーに携わってきました。

2017年のシーズン終了まで母校でもある静岡県立清水東高等学校サッカー部のヘッドコーチを務めていましたが、シーズン終了後に退任しています。

長澤まさみの父親・長澤和明は、コーチや監督としてサッカーに30年も関わっていて、自身が有名になった高校時代から数えると40年以上もサッカー界に身を置いていることになります。

さすがサッカー界では娘の長澤まさみより有名であると言われるだけのことはありますね。

長く携わっているだけではなく、選手としても指導者としても結果を残していることが素晴らしいと思います。

長澤まさみの父親・長澤和明のプロフィールを簡単に紹介しました。

長澤まさみの父・長澤和明の現在職業はなに?

長澤和明

長澤まさみの父・長澤和明の現在職業はなんなのでしょうか。

長澤まさみの父・長澤和明はプロリーグのサッカーチームから学生のサッカーチームの指導まで幅広く活動していました。

そして、2017年の静岡県立清水東高等学校サッカー部のヘッドコーチ退任後は、地元静岡県の浜松市にある「浜松フットボールアカデミー」にて小中学生のサッカー指導を行っています。

長澤まさみの父・長澤和明がいる「浜松フットボールアカデミー」は小学4~6年生のU12ジュニアサッカースクール、中学生時代はジュニアユースチーム「ホワイトドラゴン(U13~U15)」の運営をしているサッカークラブチームです。

長澤まさみの父・長澤和明はサッカースクールのコーチとジュニアユースチームの総監督を務めているとHPに記載されていました。

長澤まさみの父・長澤和明が総監督を務めるホワイトドラゴンU15は2019年度に3部リーグに昇格するそうです。

まだまだ長澤まさみの父・長澤和明のサッカー指導は続きそうですね。

長澤まさみの父・長澤和明の現在職業はジュニアユースチームの総監督でした。

長澤まさみの父・長澤和明のサッカー歴が凄い!

長澤まさみ

長澤まさみの父・長澤和明のサッカー歴が凄いんですよね。

長澤まさみの父・長澤和明のサッカー歴は小中学校時代わかりませんでしたが…。

高校は静岡県立清水東高等学校で1973年には高校総体3位、1974年には高校選手権準優勝、東京農業大学卒業後の1980年日本サッカーリーグ・ヤハマ発動機サッカー部に入部し、1989年に怪我のため30歳という若さで現役を引退しました。

ポジションはMFでゲームメーカーとして活躍していました。

ヤハマ発動機サッカー部時代の1982年にハンス・オフトがコーチとして初来日していますが、長澤まさみの父・長澤和明は当時主将を務めていました。

1978年から1985年までは日本代表にも選出されましたが、同じポジションに大学時代から代表入りしている木村和司がいたため日本代表としてはあまり試合の出場機会はありませんでした。

長澤まさみの父・長澤和明のプロサッカー選手としての現役生涯成績は123試合に出場し9得点をあげています。

引退前の1987~1989年は試合に出場していないので7年間での成績です。

学生時代のサッカー歴も選手時代には日本代表になるなど、長澤和明のサッカー歴は凄いですね。

長澤まさみの父・長澤和明の監督歴が凄い!

長澤まさみの父・長澤和明の監督歴も凄いんです。

長澤まさみの父・長澤和明はプロサッカー選手としては7年間という少し短い活動期間でしたがコーチ・監督としては28年のキャリアがあり現在も継続中です。

1989年に現役を引退後は所属していたヤハマ発動機サッカー部のコーチをしていましたが、1991年に監督に就任しました。

長澤まさみの父・長澤和明が監督在任中にヤハマ発動機サッカー部が現在の「ジュビロ磐田」に改称したので長澤まさみの父・長澤和明はジュビロ磐田の初代監督です。

ジュビロ磐田監督時代は旧J1で1992年に優勝、1993年にはJリーグへ昇格などの実績を残しています。

1995~1996年にはLリーグの鈴与清水FCラブリーレディース、1997年には本田技研工業サッカー部、1999~2001年シーズン途中までソニー仙台FCで監督を務めています。

2001年秋からはプロではなく学生の指導に携わり、静岡県の常葉学園橘高校サッカー部の監督に就任し、2005年には静岡県大会で優勝、全国大会出場を決めています。

2008年1月からは浜松大学サッカー部、2013年からはグランセナ新潟FCの総監督、2014年からは北越高等学校サッカー部の監督を務めた後は、2015年に地元静岡に戻り静岡県立清水東高等学校サッカー部のヘッドコーチを務めました。

長澤まさみの父・長澤和明はJリーグから学生まで様々なチームを指導し結果を出している優秀な指導者なんですね

それにしても長澤和明の監督歴は凄すぎですね!

長澤まさみの父・長澤和明の性格も凄い!

長澤和明

長澤まさみの父・長澤和明の性格も凄いんですよね。

長澤まさみの父・長澤和明の評判を調べたところ、普段は柔和な性格という情報が多かったです。

画像を見るとイカツイ感じに見えるので(笑)少し意外な気がしましたが…。

サッカー指導の時の性格は激変するそうです(個人的には非常に納得です、笑)

長澤まさみの父・長澤和明はサッカーに対しては情熱的で指導も大変厳しいそうです。

完全に見た目からだけの個人の感想になりますが、鬼監督と言われていても「あ~やっぱりね」という印象です。

選手を信頼して「もっと出来るだろう!」と激を飛ばしている姿が容易に想像出来ます(笑)

 長澤まさみの父・長澤和明は試合中もアツくなるようで退席処分になったこともあるそうです(苦笑)

退席後もスタンドからトランシーバーでベンチに指示を出しているところを見つかって審判に注意されたとか。

ベンチ入り禁止処分中にスタンド席のベンチ後方に位置するあたりから大きな声で指示を出し、その指示をベンチにいるコーチがそのまま選手に伝えていたのを審判に気付かれて試合が中断したこともあったそうです(笑)

気持ちはとてもよくわかりますが、審判からの処分には従わないとダメですね(笑)

 かなりの熱血漢であることがわかるエピソードですね。

長澤まさみと父・長澤和明の仲は良い?

長澤まさみ

長澤まさみと父・長澤和明の仲は良いのでしょうか。

長澤まさみは、小さい頃は父に反発してサッカーが嫌いだったと話しています。

長澤まさみと父・長澤和明は学生の頃から有名な選手だったこともあり、子どもとしては反抗期的な気持ちもあったのかもしれませんね。

長澤まさみが大人になってからは良好な関係になったと思われるエピソードがありましたので紹介します。

長澤まさみの父・長澤和明が監督を務めていた静岡県の常葉学園橘高校サッカー部が2005年全国大会に初出場した時には、長澤まさみがサッカー部員にミサンガを送ったそうです。

どうやら長澤まさみは本当は試合の応援に行きたかったけど、自分が応援に行くことで騒ぎになって選手に迷惑がかかるといけないと考え、現地での応援は諦めてサッカー部員にミサンガを作ってあげたそうです。

父親の教え子を気にかけるなんてことは、長澤まさみと父・長澤和明の仲が良くなければあり得ないですね。

長澤まさみは取材でも家族仲はとびっきり良いと答えているので、父親との関係も良好だと思います。

今回は、長澤まさみの父親・長澤和明について記載しました。

長澤まさみの父・長澤和明の現在の職業もサッカーの総監督をしてます。今までのサッカー歴や監督歴は凄いですが、その凄さが継続中ということですね。そうなると長澤まさみの小さい頃の家では、サッカーばかりだったんでしょうね。ひょっとしたら、長澤まさみもサッカーやってたら女子サッカー日本代表になっていたのかもしれないですね!