深田恭子が主演するドラマ「ルパンの娘」が面白いですね。

とくに1話に1回はあるミュージカルシーンは最高です。

これから見る度に、今日のミュージカルはいつなんだと気になってしまう中毒性がありますね!

まずは第2話のミュージカルシーンの歌詞をまとめていきます。

また深田恭子と共演してる円成寺役は舞台俳優なんでしょうかね、やっぱり。

違和感が全くないですからね…。

今回は、ドラマ「ルパンの娘」のミュージカルシーンについてまとめていきます。

ルパンの娘|ミュージカルシーンが面白い!

ルパンの娘ミュージカルシーンが面白いと話題になっています。

ルパンの娘は視聴率は今ひとつですが、B級感がたまらないとはまる人が続出中です。

私もそのひとりです(‘ω’)

はまる人にははまるドラマ。

おっさんずラブのような中毒性があります。

ルパンの娘をまだ見ていない人!今からでも楽しめますよ〜。

ルパンの娘を見る時はミュージカルシーンにご注目ください。

ルパンの娘ではミュージカルシーンがあるのですが、毎回爆笑してます(^o^)

ドラマにミュージカルシーンがあるのも?ですが、第2回からはなんと台詞の字幕付きです。

しかも昔の古いカラオケみたいな仕上がりです(笑)

ルパンの娘|ミュージカルシーンの歌詞まとめ!

ルパンの娘ミュージカルシーンの歌詞まとめていきます。

初回は字幕なしだったのが、2回目からは字幕付きでした。

しかも男女のパートが色分けされていて、まるでカラオケみたいです(^o^;)

2回目には字幕がついていたので歌詞をご紹介しますね。

ミュージカルシーンに登場するのは次の2名です。

・ルパンの娘主人公の華(深田恭子)

・華の幼なじみで泥棒の円城寺輝(大貫勇輔)

円城寺輝は華に密かに思いを寄せています。

㊚時々ふと思うの

㊚どうして、私は生まれて来たのかって

If I could be born 裸になって

㊛生まれ変わりたい

If I could be born 普通の女の子に

㊛生まれ変わりたい

㊚生まれ変わって裸の心でまたあなたと

㊚㊛巡りあいたいの

このミュージカルシーンが爆笑もので、ネットでも円城寺の登場シーンをもっと増やして欲しいとの声が多く上がっています。

回を重ねるごとにミュージカルシーンの演出がどのように変化していくのかにも注目です。

ルパンの娘|ミュージカルシーンはオリジナルなの?

ルパンの娘のミュージカルシーンはオリジナルなのでしょうか?

ルパンの娘には原作があります。

累計発行部数10万部を突破している大人気小説【ルパンの娘】です。

作者は横関大さんです。

サクッと読みやすく爽快感のある推理小説の作品が多い作家さんです。

2010年には江戸川乱歩賞を受賞している実力派です。

この小説ルパンの娘を読んだことがあるのですが、大貫勇輔演じる円城寺輝は原作には登場しないんですΣ(Д)

その他にも原作とドラマでは異なる部分がいくつかありました。

つまり円城寺輝はドラマルパンの娘を盛り上げるために創られたオリジナルのキャラということになりますね。

なのでルパンの娘のミュージカルシーンも原作にはないオリジナルということになりますね。

ルパンの娘|円城寺役の大貫勇輔のプロフィール

大貫勇輔

ルパンの娘の円城寺役の大貫勇輔のプロフィールをご紹介します。

1988831日生まれで現在の年齢は30です。

端正なルックスで王子様感がありますよね。

身長180センチで体重は79キロ

意外と体重があり脱ぐと筋肉が凄いですΣ(Д)

現在は俳優としてもテレビで見ることも増えましたが、もともとはダンサーです。

17歳の時からプロダンサーとして活躍の場を広げています。

大貫勇輔は踊れるジャンルが凄いです。

☆バレエ

☆ジャズ

☆コンテンポラリー

☆モダン

☆ストリート

☆アクロバットなどを踊ることができます。

凄い才能ですよね。

大貫勇輔は家系も凄いです。

祖父が体操のオリンピック強化選手で母親やおばも元体操選手です。

ルパンの娘|円城寺役の大貫勇輔は舞台俳優なの?

大貫勇輔

ルパンの娘の円城寺役の大貫勇輔は舞台俳優なのでしょうか?

石原さとみ主演ドラマ【高嶺の花】にも出演していましたが、大貫勇輔は別格感がありますよね。

ミュージカルの王子様という表現がピッタリです。

大貫勇輔はテレビにはそれほどたくさん出演していません。

これまでミュージカルなど舞台をメインに俳優として活躍してきたためです。 

代表作をピックアップしてご紹介します(‘ω’)

【ロミオとジュリエット】

2011年公演のミュージカルです。

死のダンサー役に大抜擢されています。

【キャバレー】

2012年公演のミュージカルです。

藤原紀香の相手役として出演しています。

100万回生きたねこ】

2013年公演のミュージカルです。

森山未来さんと満島ひかりが出演していて大きな話題作となりました。

DORIAN GRAY

同じく2013年公演のミュージカルです。

大貫勇輔は主演をつとめています。

世界的振付家であるマシュー・ボーン氏演出の舞台です。

大貫勇輔は実績・実力共に申し分のない舞台俳優です。

ルパンの娘|ミュージカルシーンの深田恭子も面白い!

深田恭子

ルパンの娘のミュージカルシーンの深田恭子も面白いです。

大貫勇輔演じる円城寺輝のインパクトがあまりにも強いため、ネットでは円城寺の話が目立ちます。

しかし忘れてはならない人物がいます。

ルパンの娘の主役華を演じる深田恭子です。

変身前のキャットウォークなどかなり吹っ切れてます(^o^)

ミュージカルシーンでは円城寺輝と華の掛け合いが面白いです。

深田恭子もミュージカルシーンでは大貫勇輔と一緒に歌ってます♪

深田恭子の歌声はあまり聞くことがないので貴重です。

深田恭子は意外に歌がうまいとネットで話題になっています。

円城寺と華の掛け合いや深田恭子の歌声に注目しながらミュージカルシーンを楽しんでくださいね!

今回は、ドラマ「ルパンの娘」についてまとめていきました。

ミュージカルシーンが面白すぎて歌詞をまとめましたが、歌詞も歌い方も面白いんです。また円成寺役の大貫勇輔は舞台俳優だから余計にコメディにできるんですね。これからも深田恭子との絶妙なやり取りのミュージカルシーンを楽しみにしたいですね。