池井戸潤の「陸王」が面白いですね!というより、池井戸潤が原作のドラマは、視聴率が凄いので、それが凄いですね!

そんな池井戸潤の小説やドラマを見ながら思ったんですが、銀行がいつもちょっと嫌味な存在で描かれていますよね(笑)

池井戸潤は元銀行員なので、銀行が嫌いなんでしょうかね(笑)また、どこの銀行に勤めていたんでしょうか。学歴や経歴も気になります。

今回は、そんな池井戸潤について記載します。

Sponsored Link

池井戸潤は元銀行員だから銀行が嫌いなのか?

池井戸潤は元銀行員だから銀行が嫌いなんでしょうか。

池井戸潤の本や原作となったドラマを見ていると、毎回銀行が嫌味な役をやっているので、気になりますね(笑)

池井戸潤は、1988年慶応義塾大学を卒業後三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)に入行しました。

池井戸潤は約7年後に銀行を退職しコンサル業の傍ら執筆活動をし、作家デビューします。池井戸潤の作品は銀行員時代の経験を生かしたミステリーや銀行を舞台にした作品、中小企業を舞台にした作品など池井戸潤は幅広いジャンルのエンタメ作品を発表しています。

池井戸潤の2012年のインタビュー記事では、池井戸潤は銀行員時代に就いていた中小企業に融資する仕事は面白かったが、会社員である以上会社のやり方にある程度従わなくてはならないところがマニュアルが用意されているようで窮屈だったと語っています。

池井戸潤は元銀行員だから銀行が嫌いということはないようですが、何かしらはあったんでしょうね(笑)

Sponsored Link

池井戸潤はどこの銀行だった?

池井戸潤はどこの銀行だったんでしょうか。

池井戸潤は、1988年慶応義塾大学を卒業後三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)に入行しています。

池井戸潤は小さい時から本を読むのが好きで、特に江戸川乱歩賞受賞作は必ず買って読むほどだったそうです。

ちなみに、池井戸潤は大学生の時に推理同好会に入っていましたが、本を書くために世の中のことを知ろうと銀行への就職を選んだのかというと全くそういうことではなく、銀行へは勢いで入ったようです(笑)

世の中はバブル時代だった時のことです。

池井戸潤は三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)での中小企業への融資という仕事は面白かったが、銀行という組織は何でも一緒にと横並びで細部まで何事もマニュアルで決められている大人の幼稚園みたいなところとインタビューで語っています。

やっぱり銀行という存在をどこかで何か嫌っているのかもですね(笑)

池井戸潤は三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)の銀行員でした。

Sponsored Link

池井戸潤の学歴や経歴!

池井戸潤の学歴や経歴について記載してきます。

池井戸潤は岐阜県加茂郡八百津町という街で育ち、岐阜県立加茂高等学校に入学しました。現在の偏差値は、53から57ですね!当時の偏差値は分からないですが、頭が良いのは間違いないですね!

大学は慶応義塾大学文学部を出て法学部に学士入学をしています。ちなみに、慶応義塾大学文学部の現在の偏差値は65で、慶応義塾大学法学部の現在の偏差値は70なので、インテリであったことは間違いないでしょう!

池井戸潤は慶応義塾大学卒業後に、三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)に入行し7年間勤務した後、顧客のデータベースを作る会社を1人で設立。起業していたんです!

1日24時間働く状態から楽になりたくて、融資の基礎知識をふまえたお金の借り方についての原稿を出版社に持ち込みライターの仕事をしつつ、税理士・会計士向けの講演みたいなことをしたり、ソフトウェアを作って全国で売ったりを2年くらいしていたんだとか。いろいろと試行錯誤をしていたんですね!

池井戸潤は銀行を退職後から小説も執筆していましたが、1998年「果つる底なき」で江戸川乱歩賞を受賞し作家専業になりました。

池井戸潤は2010年「鉄の骨」で吉川英治文学新人賞、2011年に「下町ロケット」で直木賞を受賞しています。

池井戸潤の学歴は慶応義塾大学文学部・法学部卒業、池井戸潤の経歴は銀行員からライターを経て作家になるというものでした。

今回は、池井戸潤について記載しました。

池井戸潤が元銀行員だから銀行が嫌いなのではないかと思いましたが、嫌いというまでも、何かしら銀行に思う所があったんでしょうね!池井戸潤の本や原作のドラマを見ていると銀行の立ち位置がいつも嫌味な役ですからね(笑)

それにしても、池井戸潤の学歴や経歴も凄いですね!三菱東京UFJ銀行の元銀行員になり、起業して、作家になるという凄い経歴です。これからも池井戸潤の本は読み続けようと思います。楽しみですね!

Sponsored Link