旅行に行く際に、ちょっとでも費用は抑えたいところなので、道の駅で車中泊を検討する人も多いと思うですが、やはり費用は抑えたいけど、快適には過ごしたいと思うのでが常なんですが、そんな車中泊するのに必要で便利な100均で揃っちゃうおすすめグッズをまとめてみました。

Sponsored Link

道の駅で車中泊はできる?

とは言っても、道の駅で車中泊は出来るのでしょうか。

なんと言っても、旅の途中の車中泊のメリットは、自由が利くし手軽、そして何より節約術としては宿泊代を浮かせるのだから、かなり財布にも優しいというところ!

さて、そんな車中泊のできる場所といえば、公式でも夜間解放のスペースがある駐車場。一方のデメリットでの、マナー違反になる休憩場所を避けて、悠々自適に車中泊を気楽にできるなら、道の駅はどうなのかなと思い付きましたが…。

その、道の駅で車中泊はできるんでしょうか!

で、道の駅で車中泊をするなら、先ずは安全確保に快適さはもちろん、リフレッシュできる要素もあれば言う事なし!

例をあげると、RVパークの併設された道の駅なんかは、願ったりかなったり、場所でいえば、山形にある道の駅「まほろばステーション」などは車中泊可能な場所として存在します~!

無論、仮眠はOKでも、車中泊禁止の道の駅もあるので気を付けて下さいね~!

なので、道の駅で車中泊をする際には、しっかりとそこの道の駅の注意書きを要チェックですね!

Sponsored Link

道の駅で車中泊する際に必要で便利なグッズは?

車中泊をする時にも、やっぱり快適に過ごしたいと思うのは普通なので、道の駅で車中泊する歳に必要で便利なグッズはどういうのがあるのでしょうか。使い勝手が良くて便利性に富んでれば尚助かるけど、具体的にはどんなグッズが入り用なのか。

キャンプ場ではちょっと、でも今年こそは車中泊デビューと洒落こむので、必携の便利グッズのビギナー向け必要なアイテムと道の駅の場所について記載していきます。

先ずは場所は、道の駅南きよさと山梨県~!宿泊施設もありRVパークも併設されて、初心者でも利用しやすい道の駅スポットになります。そして、必要な便利グッズその一は、熱がこもりやすい車中での宿泊の強い味方の、クリップ式扇風機。クリップ式なので、設置がとても便利な扇風機です。

二つ目の必要で便利なグッズはは、携帯座布団、エアー枕に背もたれクッションなど使い途が何種類もある便利なザブポンなど。今の季節なら、この双方はゲットしたいところですね~!

やはり道の駅で車中泊する際にも快適に過ごすために必要で便利なグッズは揃えておきたいものです!

Sponsored Link

道の駅で車中泊する際に100均で揃うおすすめグッズ一覧!

続いて、おすすめの道の駅での車中泊に、100均でも揃えられるグッズがあればラッキーと思うおすすめなグッズ一覧をずらーっと並べてみる事にします~!

100均でも揃うかと思うので、かなりのおすすめですが、是非グッズ一覧に加えたいアイテムの一つとして、シートバックポケット!これ!

道の駅に限らず車中泊する時の、おすすめグッズのシートバックポケット。狭い車中内で寝泊まりするスペースを確保するなら、場所をとらずシート裏に収納できる、効率良いこのグッズがおすすめなんです~!これで車中泊も快適なはず。

やはり車中泊で揃えたい100均ならではのおすすめグッズなら、枕もおすすめグッズの常連という訳で。100均にネックピローがあるなら、寝る時のリラックス度もUPするので、かなりのおすすめ!無い場合は、簡易な携帯用ピローをおすすめします。

更に、車中泊という事でグッズに欲しいのは、膝上より安定するテーブル。取り外し可能な、ハンドルテーブル!こちらは流石に100均では難しいかもしれないけど、あると食事時には凄く役立ってくれますよ~!

あくまでおすすめ一覧色強めなので、100均越えものもあるけど、道の駅車中泊するには、どれも持ってこいのものばかりです~!

なので、道の駅で車中泊する歳には、100均によって揃うおすすめグッズは買っておくべきですね!

 

今回は、道の駅で車中泊するのに必要で便利な100均おすすめグッズ一覧について記載しました。

道の駅で車中泊して、費用は抑えたいけど、快適さは譲れないですよね(笑)なので、しっかり車中泊をより快適に出来るグッズは揃えたいですね!

Sponsored Link

道の駅についてこんな記事も書いています。

道の駅で車中泊は可能?危険なの?トラブル事例や禁止事項やマナー

北海道の道の駅で車中泊可能で温泉やお風呂や飲食店が近いスポット

冬に道の駅で車中泊する際にいつから毛布が必要?時期や気温や場所