お年玉の入れ方にもマナーがあるので覚えておきたいところです。

ですが、1年に一回のことなので忘れてしまうこともしばしば。

お札と硬貨の向きや折り方にもマナーがあり、名前の書き方も意識しておきたいところです。

今回は、お年玉の入れ方について記載していきます。

Sponsored Link

【お年玉の入れ方】お札の向きや折り方を解説

【お年玉の入れ方】お札の向きや折り方を解説していきます。

まずお年玉は新しい年をお祝いするという意味があることからご祝儀を同じで「新札」を用意するのが望ましいです。

新札を用意するには銀行で両替をするのが確実です。年末だと銀行窓口ではなく両替機に新札が入っていて両替の時に新札を指定することも出来る銀行もあるので確認してみて下さい。

【お年玉の入れ方】の折り方はきちんと折り目を付けるのではなく、折り目が出来るだけ付かないように曲げるように折ります。【お年玉の入れ方】の折り方は表(肖像画がある方が表です)を上にして、左側(漢数字の書いてある方)を先に折ります。

お札の左→右の順に折り、向かって右側が上に来るようにします。

【お年玉の入れ方】のお札の向きは折ったお札の上下に注意して折った時の状態のまま お年玉袋に入れます。お札が複数枚ある時は重ねて折ります。

以上が【お年玉の入れ方】お札の向きや折り方の解説でした。

【お年玉の入れ方】硬貨の向きを解説

【お年玉の入れ方】硬貨の向きを解説していきます。

【お年玉の入れ方】で硬貨の向きは硬貨の表(500や100などローマ数字の「ない方」が表になります)がお年玉袋の正面に向くように入れます。

硬貨の裏はローマ数字があり製造年月日が書いてある面が裏面になります。

硬貨の表は500円…桐、100円…桜、50円…菊、10円…平等院鳳凰堂、

5円…稲穂&5の数字、1円…若木です。5円玉だけは5と書いてある方が表になります。

注意して下さい!

硬貨に表と裏があるのは知っているとは思いますが、お年玉袋に入れる時に硬貨の向きに注意する必要があります。

【お年玉の入れ方】硬貨の向きの解説でした。

Sponsored Link

【お年玉の入れ方】ポチ袋の名前の書き方を解説

【お年玉の入れ方】ポチ袋の名前の書き方を解説していきます。

日本ではご祝儀などを袋で包む場合には袋の表側に自分の名前を書きますが、【お年玉の入れ方】ポチ袋には表書きにお年玉を渡す相手(子ども)の名前を記入しポチ袋の裏側に自分の名前を記入します。

【お年玉の入れ方】ポチ袋の表面のデザインの関係で書くスペースがない場合は、シールを貼ったり裏面に名前を記入しても失礼にはなりません。

【お年玉の入れ方】ポチ袋の名前の書き方は相手との間柄や年齢なども考慮し「○○ちゃんへ」「○○くんへ」「○○さんへ」など使い分けてあげると良いでしょう。

また【お年玉の入れ方】ポチ袋に自分の名前を書く時は裏面の左の下側に「おじさんより」「○○おばさんより」など子どもが見てもわかりやすく書いてあげると良いでしょう。

【お年玉の入れ方】ポチ袋の名前の書き方の解説でした。

今回は、お年玉の入れ方について記載しました。

お年玉の入れ方にもマナーがありますが、1年に1回のことなので忘れてしまいますよね。硬貨やお札の折り方にもマナーはあるので、新年早々のことなので、しっかり守っていきたいですね!

Sponsored Link