年賀状の宛名や住所、字を間違えた場合の修正方法は、修正液や修正テープ、二重線など、様々な方法が考えられます。

ですが、年賀状の宛名や住所、字を間違えた場合の修正方法は、相手に失礼のないような修正方法をとらないといけませんよね。

また、年賀状の宛名や住所、字を間違えた場合、年賀状を郵便局に持参すれば交換していただけますが、留意しておかなければならないこともあります。

Sponsored Link

年賀状の宛名・住所・字を間違えた場合の修正方法は?

会社の上司や取引先に年賀状を出す際に、宛名や住所、字を間違えてしまうことはよくあります。

年賀状の宛名や住所、字を間違えた場合によく考えられることは、修正液や修正テープ、二重線を利用して訂正する方法です。ですが、修正液や修正テープ、二重線を利用して修正してはいけません。そもそも修正液や修正テープ、二重線を利用して修正をすることには、書き直すことがめんどくさい、新しい年賀状を使うのがもったいないということを暗に意味しています。

考えてみてください。あなたが受け取った年賀状に修正液や修正テープ、二重線が利用して修正してあったら、同じように捉えてしまいませんか?

Sponsored Link

年賀状の宛名・住所・字を間違えた場合は、修正液や修正テープはNG

ですので、年賀状を出す相手に、不快な思いをさせないようにしましょう。年賀状の宛名や住所、字を間違えた場合には、修正液や修正テープ、二重線などを利用せずに、新しい年賀状に新しく書き直しましょう!

あなたから相手に送る今年初めての手紙の役割も果たしているので、しっかりと思いを込めて修正してください。

年賀状を書き損じた場合、郵便局で交換可能です。

Sponsored Link

年賀状の宛名や住所、字を間違えた場合に、新しい年賀状に新しく書き直します。それでは、書き損じた年賀状はどのようにすれば良いのか?お金を払って年賀状を購入していますから、捨てるのももったいないですよね。

年賀状を書き損じた場合には、書き損じた年賀状を郵便局に持参すれば交換可能です。切手や年賀状と交換してくれます。

ただし、年賀状を郵便局で交換する際には、交換手数料が発生します。1枚=5円です。ですので、52円の年賀状を20枚持参した場合は、本来であれば年賀状の購入金額は1,040円ですが、郵便局で交換する場合には、1枚に付き5円かかりますので、940円分の切手や年賀状を交換可能ということになります。ちなみに、現金での交換は不可です。

郵便局で書き損じた年賀状を交換する場合の留意事項として、郵便切手や料額印面(※すでに年賀状に郵便切手が印刷されているもの)部分が汚れていたり、破れている場合などは、交換不可ににることがあります。

Sponsored Link

年賀状の宛名や住所、字を間違えた場合の修正方法は、修正液や修正テープ、二重線など、様々な方法が考えられますが、今年初めてあなたから相手に出すお手紙ですので、相手に失礼がないように新しい年賀状に新しく書き直しましょう。

書き損じた年賀状は、郵便局で交換が可能です。窓口に持っていって、交換していください。

コチラの記事もご参考にどうぞ

【年賀状遅れた場合の返事】お詫び挨拶例文・元旦以外の時には?