のど運動で寿命が延びるんだとか!

ってそもそものど運動って何のか記載していきますが、肺炎対策にもなるんだとか!

そして、のど運動である「のど体操」のトレーニング内容についても記載していきます。

今回は、そんなのど運動について記載していきます。

Sponsored Link

のど運動で寿命が延びる?

のど運動で寿命が延びるんだとか!

例えば、フリータイムのカラオケに出かけ、マイクを離さずして歌いっぱなしで、何かの拍子で一息ついた時に、あれ?声が掠れてる?みたいな症状が最近よくある人。それは喉を酷使しての疲労のサインだけじゃなく、老化を疑うべきかもしれませんよ~!

また、年齢と共に声が低くなるものですが、もしかしたら、のど運動で周囲の筋肉を鍛える事ができる!

即ち、のど運動で寿命が延びる事も考えられるのかもしれません。本当に!

提唱されているのは、西山耕一郎著の「肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい」の中の説なんですが、鍵を握るのはのど仏で、この上下運動なんです~!

誤嚥がある高齢者は圧倒的に飲み込む力が弱い事が分かっているとか。

だからこそ、のど運動を日頃から意識して鍛えれば誤嚥は避けられ寿命が延びるという事なんだそうです。

のど運動での発声を強くすれば、基本他の箇所のインナーマッスルも鍛練でき、寿命が延びる事に繋がるんでしょうね~!

しかも身に付けば、自然体でのど運動だけでも寿命が延びるのが可能なのかも!

のど運動が肺炎対策にもなる?

さらにのど運動が肺炎対策にもなるという情報も!どれだけ凄いんだ、喉運動(笑)

そして、よく咳き込んだり噎せたりする人は、のどからくる肺炎が原因だったりするとの意外な話もあります。

のど運動が肺炎対策にもなるのか?

肺炎は、のど運動の老化からくるのがほとんどらしく、飲み込みによるミスが重なり、やがては肺炎になるという経緯があるんですね~!

その危険信号を見逃さない為にも、対策にのど運動を心掛けるようにしたいものです。

のど運動の対策が大事な理由は、確かに声から年齢って判りますよね。

聞くところによると、のど運動をしないと40代辺りから急に肺呼吸する度に、何らかの息苦しさを微妙に感じるとの話も聞きました。

肺炎のもとは、飲み込む等ののど運動が衰え、誤嚥性肺炎の予備軍となる咳き込みとかの症状があるのを言うみたいなんですよねー。

だから、のど運動から始まる肺炎対策としては、食事中のながら食いや、先ずは汁物からを止める事、そこからだそう。

なので、喉運動が肺炎対策になりうるということなんですね!

Sponsored Link

のど運動の「のど体操」トレーニング内容!

で、肝心ののど運動の「のど体操」による、トレーニング内容なんです。

のど体操トレーニング内容その一!

飲み込む力をつける為の、のど運動の基礎、ごっくんトレーニング。

のど体操トレーニング内容その二!

冒頭に述べた、歌好き人にもストレス解消にもお薦めの、ハイトーンボイスカラオケののど運動。

のど体操トレーニング内容その三!

これは手軽で簡単、ペットボトルを膨らませたりしぼめたりして、肺活量ものど運動で鍛えよう。などなど。

のど運動をして、喉仏の位置を平常に保つ発声をする喉仏スクワットなるものまであります~!

声帯って、他の筋肉と一緒で筋肉繊維に囲まれてるので、鍛え方次第ではのどの筋力をUPする事にも、直結してるというのが分かったと思います。

運動の「のどの体操」トレーニング内容をぜひ実践してみましょう!

今回は、のど運動について記載しました。

まさかのど運動することで、寿命が延びる可能性があったり、肺炎対策にまでなるとは思いませんでしたね!

せっかくなので、のど運動の喉体操トレーニングをしていきたいですね!

Sponsored Link