スマホから食中毒になる可能性があるんだとか!これは注意しないといけないことですね!スマホには食中毒菌がいるです!

まさかのスマホ食中毒なんですが、トイレや食事中などにスマホを触るのが危険みたいで、そういう行動により、食中毒菌が繁殖するんだとか!

しっかり予防対策はたてて、食中毒は避けたいですね!

今回はそんなスマホの食中毒菌について記載していきます。

Sponsored Link

スマホの食中毒菌に注意!

スマホの食中毒菌に注意しましょう!

皆さんが、そう私も日頃手にしているスマートフォン。略してスマホ。このスマホ、もしかしてトイレより不潔なものとして触れない潔癖症の人が世の中にはいます。

いや、潔癖症だからスマホに触れないのか…?

そうなんですよね、スマホに増殖している菌に名前を付けるならば、仮にスマホ菌としましょうか、ボケも捻りもありませんが。このスマホ菌の中に含まれるのは、真っ先に浮かぶのは食中毒菌。

普段から食中毒には注意を欠かさないうるさ方の日本人ですが、注意をする事は決して悪い事ではなく、寧ろ最善策をとる為には最低限のマナーや予備知識には注意をはらいたいところ!!

特に、家族で使い回しをしている場合など、食中毒の菌のもとは、至るところに潜んでいます。

そして、その食中毒菌がスマホにもあるので、注意が必要ですね!

スマホをトイレや食事中は触るの危険?

スマホをトイレや食事中は触るの危険なのか。

スマホ中毒、スマホをトイレでも食事中でも手放さずに、とにかく触っていなければ安心できないという危険性は実は本物の食中毒をも招きかねないんですよね~!

今更すぎて遅すぎたけど、スマホをトイレや食事中は触るの危険なのかもしれませんよ。

急性胃腸炎ってありますよね?私もあれには一度かかった事があるんです。しかも集団生活の場で、初めは隣に居合わせた人が前触れもなく嘔吐。そして次々とヨーグルトを食べた人が食事中やトイレで倒れていき…大袈裟だけど地獄絵図のようでした。

仮に、急性胃腸炎にかかってスマホを触ると、そのスマホにも食事中に飛ぶ唾の飛沫の可能性や、トイレで感染するルートに遭遇したりした場合は、必然スマホを触る触らないに関わらず感染力がただでさえ強いだけに、危険度はあがります。

食事中やトイレなど、移動して持ち歩くスマホは危険な感染源って事になるんですよね。

なので、食中毒菌は見えないので、スマホをトイレや食事中に触るのはある程度のリスクがあるのかもしれません!

Sponsored Link

スマホによる食中毒の予防対策!

続いて、スマホによる食中毒の予防対策について記載していきます。

スマホによって、食中毒やあのO-157を引き起こす原因になるかもしれない。それじゃ、スマホによる食中毒の予防対策はどうしたら良いのか。

近年では、丸洗いできる防水のスマホも出ていますが、メリットはあくまで指紋の汚れや塵が気になる人向けであって、万人向けではなく、需要もあるとは思えず、予防対策としてはまだ弱いみたいです。

なので、スマホを定期的に除菌シートなので拭くというのが1番身近な食中毒の予防策なのではないかと思います。

また、スマホを常に清潔に保つのは困難だとしても、食中毒を防ぐ為の善処はいくつかあるので、身近なところの予防対策に目を向け始めてみてはどうかと思います。

食中毒にならない為の予防対策は、万病の元の風邪の対処法と同じく、嗽、手洗いを徹底化!

次に、空気中の埃が舞い上がり塵とならないように、適度な湿度を保持する!

インフルエンザの予防策みたいになっちゃいましたが、予防とはそういうことなんでしょうかね!

以上が、スマホによる食中毒の予防策でした。

今回は、スマホの食中毒菌について記載しました。

身近なスマホですが、食中毒菌が繁殖しているかもしれないので、注意はしましょう!とは言え、スマホ食中毒が頻繁に発生しているわけではないので、そこまで過度に意識する必要はないと思います。

ですが、トイレや食事中にスマホを利用するのは、しっかり周りを確認した方が良いかもしれませんね!

そして、予防策もこまめにスマホを除菌シートで拭いたり、そもそもの環境にもしっかり気を使っていきたいですね!

明日は、我が身なのでしっかり注意していきましょう!

Sponsored Link