ヨンアの旦那って誰なんでしょうか?今回はそんなヨンアについて記載していきます。

ヨンアの現在の旦那は芝幸太郎という人で、再婚です。ちなみに、旦那の芝幸太郎はシンガポールでとんかつ屋を経営しているとか・・・。芝幸太郎が実業家である可能性が十分高いですね!やはり、芸能人と結婚するということは、そういうことなんでしょうかね・・・。

ちなみに、現在の旦那の芝幸太郎とは再婚なんですが、元旦那との離婚理由が気になりますね・・・。

今回はそんなヨンアについて記載していきます。

Sponsored Link

ヨンアの旦那は誰?

ヨンアの旦那って誰なんでしょうか?

ヨンアがテレビ番組のメレンゲの気持ちで「吉田栄作実は変わり者ひとり暮らし生活&尼神インター人気秘密」に出演します。。

ヨンアと言えばオスカープロモーション所属の韓国出身のモデルですね。日本でもとても人気があり、ファション雑誌だけでなくバラエティ番組を中心にテレビでもよく見かけます。まだ韓国にいた高校時代にスカウトでモデル活動を始め、日系企業のCMがきっかけで日本での活動を始めたらしいですね。

そんなヨンアは現在結婚しており、旦那の名前は芝幸太郎といいますね!旦那の名前を聞いてピンときた人は芸能通だと思いますよ。ヨンアの旦那こと、芝幸太郎は秋元康などとAKB48を創設したメンバーの1人ですね。そうなんです!ヨンアの旦那は凄い経歴の持ち主なんですね!

前職などでも常にトップの成績を取り続けるようなとてもやり手の人物ですよ。俗に言うエリートですね!

ヨンアの旦那である芝幸太郎は、ヨンアの旦那だけにエリートであることには間違いなさそうです!

Sponsored Link

ヨンアの旦那の芝幸太郎は、シンガポールでとんかつ屋を経営!

ヨンアの旦那の芝幸太郎は、シンガポールでとんかつ屋を経営しているみたいです!

ヨンアはメレンゲの気持ちでも紹介されてましたが、現在、ヨンアはシンガポールの豪邸に家族と一緒に暮らしているようですね。素敵な生活を過ごしているみたいで、良かったです!

ところでなぜ、シンガポールかと言えば、旦那の芝幸太郎が2007年に設立したグラッシーズと言う会社がシンガポールでとんかつ屋を経営しているからですね。

このグラッシーズが運営するとんかつ屋はぶた肉はもちろん、衣に使うパン粉やたまご、小麦粉にいたるまで素材にとことんこだわると言うコンセプトで成功しているお店で、リピーター続出で繁盛しているようですね。さすがの芝幸太郎ですね!やはりエリートであり、カリスマ性もあるみたいです!カッコいいですね!

ちなみに現在、そのとんかつ屋を5店舗営業しているようで、そのうち2店舗がシンガポールにあります。日本にある3店舗は銀座や六本木などで営業しており、素材にこだわっている事もあり、メインのとんかつ御膳は2,160円とちょっと割高。ですがとても美味しそうですよ。

なので、ヨンアの旦那の芝幸太郎はシンガポールでとんかつ屋を経営していることで間違いなさそうです!シンガポールでとんかつ屋と言えば、芝幸太郎のお店になっているんでしょうね!

Sponsored Link

ヨンアと元旦那は離婚!理由は?

ヨンアは芝幸太郎とは再婚ですが、前の旦那とはどんな理由で離婚したんでしょうかね?

ヨンアの1回目の結婚は2009年ですね。

結婚相手は韓国人の実業家で、有名な「辛ラーメン」を扱っている会社の社長らしいですよ!これまた、かなりの大物とヨンアは結婚していたんですね!ちなみに、結婚式は韓国で挙げたようです。

ヨンアは既に日本での活動を始めていたので、ヨンアは活動の拠点を日本に、元旦那である実業家は韓国を拠点に結婚生活を続けていたそうですよ・・・。やはり、お互い行き来しながらの結婚生活がうまくいくはずもないでしょうね。ヨンアの活動も順調でしたし、旦那も自分の会社が忙しいと言う状態が継続した事もあり、次第に冷えていったようですよ。

新婚で遠距離の結婚生活はなかなかしんどいんだと思います・・・。最終的には10年間の結婚生活を離婚言う形で終わらせたようですね。

現在のヨンアは幸せなのは、元旦那との離婚の経験があって、遠距離結婚生活という離婚理由があったからこそなんでしょうね!

今回はヨンアについて記載しました。

ヨンアが再婚した現在の旦那である芝幸太郎は実業家で、シンガポールでとんかつ屋を経営しています。ヨンアもシンガポールで生活をしており、幸せな生活を送っていたんですね!

やはり、元旦那との離婚理由が現在のヨンアの幸せな生活を形成していそうです!結婚生活が遠距離っていうのは、誰しもがしんどいことだと思いますので・・・。

現在はシンガポールに滞在しているヨンアですが、もう少し日本での活動も増やしてほしいですね!応援しています!

Sponsored Link