コメンテーターとして活躍している三浦瑠麗。実は東京大学出身の超エリートです。今回は三浦瑠麗について記載していきます。

東京大学出身であの綺麗さでコメンテーターですから、人気が出るのは不思議ではないですが、中国人という噂があります。言われてみるとしゃべり方もなまっていますが・・・。実際のところはどうなんでしょうか?

また三浦瑠麗は結婚しているのですが、夫の清志は外務省で働いていました。ちなみに東京大学出身です(笑)

今回はそんな三浦瑠麗について記載していきます。

Sponsored Link

三浦瑠麗は中国人なのか?

朝まで生テレビ!に出演したり、週刊新潮の連載を執筆しつつ、そしてあの小池百合子東京都知事の「希望の塾」の講師をも務めている、三浦瑠麗。

三浦瑠麗って誰だろう?という皆さんに、分かりやすく一言で解説するならば、学者さんという肩書きが見合うだろうか?…と、文章が堅苦しくなってきた(笑)。話を戻し、三浦瑠麗、なんか麗って一文字が名前にあると中国人みたいな勝手な印象を抱いてしまうんだけど、三浦瑠麗は中国人なのか?

という個人的な疑問に進む前に、三浦瑠麗の強烈なプロフィールを。

三浦瑠麗(みうらるり)1980103日生まれの36歳で、学位は博士になります。日本の国際政治学研究者の一人。学歴は東京大学卒業で、現在は東京大学政策ビジョン研究センターで講師を担う。

で、中国人との関係は?出身はサザンオールスターズの桑田佳祐でも有名な神奈川県茅ヶ崎市の出身。アジア系で、蓮舫に通じる個性がチャイニーズと思わせるのかもしれませんが、三浦瑠麗自身は生まれは日本の神奈川県なんです。

在日中国人の可能性はゼロに等しいかも。

Sponsored Link

三浦瑠麗のしゃべり方がなまってる?

神奈川県は関東、すなわち言葉は江戸っ子ほどいかなくとも東京弁に近く関東のいわば標準語。だけど!神奈川県出身でも実はしゃべり方がなまってる人が居るんですよ~!

三浦瑠麗の場合、中国人だからしゃべり方がなまってる?という噂もあるけれど、しゃべり方に関していえば、神奈川県の地方では、だっぺ~!みたいになまりを駆使する中居正広さんみたいな人も沢山いる!

まぁ、横浜に移ると、じゃん!みたいなしゃべり方になりますが。でも、なんとかじゃーん!も、立派ななまりなんだし、外国人特有のなまってるだけで一括りにするには確証が弱い。

なまってると一概に言っても所詮はイントネーションの誤差。それに今の時代正確な標準語を話せる若者はどれだけ存在する事か、情報過多すぎて日本語すら危うい。

こんな時、言語学者ならず、政治学者の三浦瑠麗さんならなんと言うんでしょうね?

三浦瑠麗の夫の清志は外務省で勤務していた!

Sponsored Link

三浦瑠麗は言わずと知れた、学者であり、コメンテーターであり、執筆家であり、多岐に渡り精力的に活動している、美人過ぎる学者さんが代名詞。そんな人の夫となる伴侶、当然気になりますよね~!

夫の三浦清志氏とは、東京大学時代の先輩後輩で、なんと二人!学生結婚だったんですね~!

で、夫の清志は外務省!のエリート街道まっしぐらな人。三浦清志は元外務省で、現在は外務省を退職し、設立した「Saferay Japan株式会社」の代表取締役をしています。

夫婦揃って東京大学卒業ってだけでも圧巻なのに、三浦瑠麗である妻が学者で、夫の清志が元外務省って…超エリート。

本当にごく一般的な関心から資料を集めて取り上げてみましたが、掘り下げてみて、ありふれた感想にはなるけれど、改めてこんな夫婦って世の中にいるんだという好奇心から始まって、三浦瑠麗の本でも読んでみようかなという心境になりました。

専門外のジャンルでも惹き付けるだけの才能が滲み出てる逸材って凄いですね~!

今回は美人コメンテーターの三浦瑠麗について記載しました。

中国人だからしゃべり方がなまってるように思えましたが、純日本人ですね(笑)ちょっと田舎の出身なのかもしれません。

夫の清志は元外務省で現在は起業しています。さすがの東京大学出身ですね!ステップアップがかなり凄いです(笑)

絵に描いたような東大夫婦が今後どのように活躍していくのか楽しみですね!

Sponsored Link

この記事を読んだ方は、こんな記事も読んでます。