浅田舞の妹は国民的スターの浅田真央。通称「まおちゃん」で親しまれていますが、今回は姉の浅田舞について記載していきます。

浅田真央が国民的スターとなり、現在は浅田舞との関係は良好そうですが、浅田舞も元フィギュアスケート選手です。当時は、姉妹と言えどもライバル同士です。結果的には、妹の浅田真央がオリンピックにも出場して、浅田舞がオリンピックには出場出来ず・・・。なので、暗黒時代がありました。

今回は浅田舞の暗黒時代について記載していきます。

Sponsored Link

浅田舞に暗黒時代があった!

妹があれだけの国民的スターになれば、姉としての威厳が無くなるというか・・・。グレちゃうのもわかりますよね!

それを浅田舞の暗黒時代と称されているようです。では、その暗黒時代とは浅田舞が何歳の時代だったのか?

なんでも20歳の時に浅田真央のフィギュアスケートの才能に嫉妬し始めていたと・・・。ちなみに、浅田舞と浅田真央の年齢差は2歳なので、浅田真央が18歳の時ですね!まおちゃんが乗りに乗っていた時期ですね!

20歳からスタートし、浅田真央がソチ・オリンピックで6位になったときまで、あまり口を聞かなかったそうです。ちなみに、6位になったときに「おめでとう!」だとか言わなかったみたいです(笑)

その時の浅田真央が24歳なので、浅田舞の暗黒時代は20歳から26歳であることは特定できますね!

浅田舞の暗黒時代はクラブ通いで金髪だった!

そんな浅田舞の暗黒時代はどんな時代だったのか?

ズバリ浅田舞のパリピ時代とでも言い換えることが出来ます。

どういうことかというと、クラブに通い、ちょっとセクシーな私服で金髪!そして、朝までオールして、朝帰り!という王道的なパリピ生活を繰り返していたみたいです。

こんな生活をしていれば、必然的に妹の浅田真央との関係も悪化してきますよね(笑)

こういう感じだと、男遊びも結構していたのではないかと思いますが、そういう情報はありませんので、ただ単にパリピだったんだと思います。

どこのクラブなのか?

Sponsored Link

浅田舞が暗黒時代に通っていたクラブはどこなのか?気になりますね!

浅田舞の出身地は愛知県名古屋市です。名古屋市でのクラブが多い場所は、栄という場所です。そこにはいくつかのクラブがあるみたいですが、そのなかでも浅田舞が暗黒時代に通っていたのは、クラブ「ID CAFE」です。

いろいろな噂があるんですが、結構なパリピが集まっているクラブです。週末にもなれば、音楽好きな人たちや出会いを求める人達がごった返すみたいですね!

そこにちょっとセクシーな衣装を着た浅田舞が現れたら声をかけられるのは、必須でしょうね!

やはり暗黒時代ですから、そういうことでストレスを発散していたんでしょうね!

今回は浅田舞について記載しました。暗黒時代を経て、無事に浅田真央との関係も元に戻った浅田舞。やはり昔はライバルであっても、姉妹という事実は変わりませんから、見えない絆ってやはり大事ですね!

暗黒時代には金髪でクラブ通いでしたが、現在はスポーツキャスターやタレントとして活動しているので、これからもどんどん活躍してほしいですね!

Sponsored Link

この記事を読んだ方は、こんな記事も読んでます。