【TEPPEN】に匠が出場しますが、ピアノが凄いですね!そんな匠ですが、本名や年齢はどんな感じなんでしょうか。芸名が一文字で「匠」ってインパクト強すぎですよね!

そんな匠のプロフィールについても記載していきます。

今回は、そんな匠について記載していきます。

Sponsored Link

【TEPPEN】匠が出場!

【TEPPEN】匠が出場します。

2018年の【TEPPEN】こと、芸能界特技王決定戦に、オスカープロモーション所属で話題の匠さんが出場するんです。

芸能界広しといえど、【TEPPEN】で披露する特技には様々なものがありますが。

その【TEPPENに】に匠が引っ提げて出場する技術とは…。ピアノ!

5歳の頃からクラシックピアノを習い始め、ジャンルを超えての音楽に影響を受けながら、ギターなども弾きこなせる、マルチな才能ありきの匠ですが、現在は、ドラマで音楽プロデューサーの役を務めているのも、ミュージシャンとしての素質を買われた事からなのかもしれませんよね。

【TEPPEN】に出場するのが決まって、Twitterでも喜びの報告を叫んでいる匠、その匠の尊敬するアーティストの中には、あのXのYOSHIKIも居たりと。

リアルタイムでの審査員は難しくても、匠の熟練されたピアノをYOSHIKIにも聴いて欲しいと密かに思ったりしています。

【TEPPEN】匠のピアノが凄い!

【TEPPEN】匠のピアノが凄いんです。

幼少時には、エンターテイメント界に憧れを持ち、一転してピアノを始めたら音楽界にのめり込むと、高校ではゴスペル、言わば聖歌隊ですね。

大学時代には、軽音楽部に所属していた凄い経歴もある、匠。

匠のピアノが凄い訳は、その天性や情熱もさることながら、今でもピアノを続けているという、継続は力なりを地でいってるところ。

【TEPPEN】に出場する人にだけ言える事ではないけれど、好きこそモノの上手なれとは良く言ったもので、持続するって実は努力も必要だし、口で言うより簡単な所業ではないですよね。

【TEPPEN】では、キャリアもあるピアノ歴を活かした選曲はもちろん、凄いと前評判のピアノテクニックも魅せてくれるはず!

2013年に俳優デビューした際に使用された、ピアノ音源や演奏シーンは、全て匠のものだといいます。表現者としても役に徹してる姿も、その後の【TEPPEN】では発揮されるかもと、ある意味匠のピアノには、これからの期待と楽しみがありますよね。

Sponsored Link

【TEPPEN】匠の本名や年齢のプロフィール!

【TEPPEN】匠の本名や年齢のプロフィールはどんな感じなんでしょう。

では、ここでズバリ!【TEPPEN】に出場する匠の気になるプロフィールを明かしていきます。

【TEPPEN】に出る匠の本名や年齢をプロフィールに纏めて紹介しますよ。

匠(たくみ)のフリーランス時代の芸名は、和音匠(かずねたくみ)と名乗ってはいましたが、本名ではないようです。年齢は、1988年5月13日生まれの29歳になります。今年で30歳の年齢とは、まだまだ若手!

東京都出身者で、タレント及び俳優さん。

と、ここで、匠の本名は多分、志垣ではないかとの情報がありました。

それというのもプロフィールにもありますが、匠の両親は、俳優の志垣太郎と女優の白坂紀子で、匠がサラブレッドの謂れも分かるというもんなんです(笑)。

志垣太郎といえば、ベルサイユのばらでは、アンドレの声優を担当してましたよね。あれだけ、それこそ巧みな、俳優での声優さんを後にも先にも見た事がないほどに、作品での役作りも絶品でした。

【TEPPEN】では、父親譲りのルックスで、どう特技を極めてくるのか、期待大!

今回は、次世代のエンターテイナー、匠について記載しました。

TEPPENに出場する匠ですが、ピアノが凄いですね!そんな匠の本名はベールに包まれていましたので、判明次第に追記していきます。また、年齢は30歳ということでまだ若手です!これからどんどん活躍してほしいですね!応援しています。

Sponsored Link