いよいよ【世界水泳2017決勝】のシンクロが始まりますね!今回はそんな【世界水泳2017決勝】のシンクロ日本代表メンバーについて記載していきます。

マーメイドJAPANが【世界水泳2017決勝】でどんな結果を残すのか、かなり期待していますが、その決勝に出場するシンクロ日本代表メンバーってどんな人がいるんですかね!また、【世界水泳2017決勝】を見るのは良いけど、ルールがわからないと楽しめないですよね!

今回はそんな【世界水泳2017決勝】のシンクロについて記載していきます。

Sponsored Link

【世界水泳2017】シンクロの決勝!

いよいよ【世界水泳2017】シンクロの決勝が始まりますね!

世界水泳2017がハンガリーの首都、ブタペストで始まっているのですが、様々な注目競技がありますが、なんと言っても井村ヘッドコーチのシンクロ女子が大注目ですよね。

シンクロは7/20にフリーの決勝、7/21にフリーミックスデュエットの決勝、7/22にフリーコンビネーション フリーミックスの決勝が行われますよ。なんと毎日決勝というすごい日程ですね。選手は大変でしょうけどファンは嬉しいですね。

井村ヘッドコーチが2009年に日本のヘッドコーチを辞めた後、低迷していた日本シンクロですが、2014年に復帰した後は以前の実力を取り戻し、2016年のリオ五輪ではとうとう銅メダルを獲得するまでになりましたから、この世界水泳も期待できますよ。それにしても井村ヘッドコーチの敏腕ぶりには驚きますし、日本代表をここまで持ち上げるのは凄いと思います。

【世界水泳2017】シンクロの決勝を見て、応援しないといけないですね!

Sponsored Link

【世界水泳2017決勝】シンクロ日本代表メンバーの一覧!

そんな世界水泳2017決勝を戦う日本シンクロの日本代表メンバーをお知らせしましょう。

乾 友紀子(いぬいゆきこ)は、1990年生まれの27歳で滋賀県出身。出場種目は、ソロ、デュエット、チーム、フリーコンビネーション。

中村 麻衣(なかむらまい)、1989年生まれ28歳で兵庫県出身。出場種目は、デュエットテクニカル、チーム、フリーコンビネーション。

田崎 明日花(たさきあすか)、1997年生まれ20歳で大阪府出身。出場種目は、チーム、フリーコンビネーション。

中牧 佳南(なかまきかなみ)、1992年生まれ25歳で大阪府出身。出場種目は、デュエットフリー、チーム、フリーコンビネーション。

丸茂 圭衣(まるもけい)、1992年生まれ25歳で大阪府出身。出場種目は、チーム、フリーコンビネーション。

小俣 夏乃(おまたかの)、1996年生まれ21歳で神奈川県出身。出場種目は、チーム、フリーコンビネーション。

林 愛子(はやしあいこ)、1993年生まれ24歳で大阪府出身。出場種目は、チーム、フリーコンビネーション。

安部 篤史(あべあつし)、1982年生まれ35歳で東京都出身。出場種目は、ミックスデュエット。

足立 夢実(あだちゆみ)、1989年生まれ28歳で埼玉県出身。出場種目は、ミックスデュエット。

阿久津 咲子(あくつさきこ)、1998年生まれ19歳で千葉県出身。出場種目は、チーム、フリーコンビネーション。

福村 寿華(ふくむらじゅか)、1996年生まれ21歳で京都府出身。出場種目は、チーム、フリーコンビネーション。

大澤 友里子(おおさわ ゆりこ)、1996年生まれ20歳で東京都出身。出場種目は、チーム、フリーコンビネーション。

河野 みなみ(こうの みなみ)、1996年生まれ20歳で東京都出身。出場種目は、チーム、フリーコンビネーション。

山嵜 舞子(やまざき まいこ)、1997年生まれ19歳で大阪府出身。出場種目は、チーム、フリーコンビネーション。

【世界水泳2017決勝】シンクロ日本代表メンバーの平均年齢が23歳というとってもフレッシュなメンバーですね!気になったのが、関西出身の多さですよね(笑)14人中8人も関西出身ですからね(笑)さすが、井村ヘッドコーチですね(笑)

Sponsored Link

【世界水泳2017決勝】シンクロのルールは?

ところで、【世界水泳2017決勝】シンクロのルールってどんなルールなんでしょうかね(笑)さすがに知らないと楽しめないので・・・。

シンクロは採点競技です!

何人かのジャッジが協議を見て採点する訳なんですが、大きくフィギュアとルーティンの2つの競技があります。私たちがよく見るシンクロは、ルーティンで1名~8名が音楽に合わせて演技したものを審査員が採点しますね。

ルーティンにも技術面を競うテクニカル・ルーティンと芸術性や構成力が問われるフリー・ルーティンの2種類がありますね。

採点には演技がそろっているか?どれくらい難しい技に挑戦したかを採点するテクニカルメリットと、構成、演技などを評価するアーティスティックインプレッションの2項目があります。

元々は女性のみの競技でしたが、競技会にも女性7名、男子1名でチームを組んで出場するようになりましたね。ウォーターボーイズのように全員が男子という時代も来るかもですね。

なので、シンクロのルールはフィギュアスケートに似た採点競技だったんですね!

今回は【世界水泳2017決勝】シンクロについて記載しました。

平均年齢が23歳のマーメイドJAPANことシンクロの日本代表。関西出身のメンバーが多いんは、井村ヘッドコーチならではしょうね!どんな結果を出してくれるのか注目ですね!

ルールもフィギュアスケートと同じ採点競技なので、主に芸術性や演技の構成が重要になってくるんですね!他国の演技構成も見ながら、日本の演技構成も見たりすると面白いんでしょうね!

頑張って欲しいですね!マーメイドJAPAN!

Sponsored Link