いよいよ2017年夏の高校野球の甲子園が始まりますが、その前に前売り券購入方法を調べておきましょう!

いろいろと購入方法があって、座席だとか金額も色々です!それを知った上で、応援したいチームが何日の1塁側か3塁側かを調べて、購入することをオススメします。

Sponsored Link

2017年夏の高校野球の甲子園の前売り券購入方法!

2017年夏の高校野球の甲子園がいよいと始まりますね!前売り券購入方法が気になります!

8/7(月)から兵庫県の甲子園球場で第99回夏の高校野球が始まりますが、今年はどんな熱戦が繰り広げられるか楽しみですね。雨などでの順延がないなら決勝戦は8/21(月)ですよ!どんなドラマが繰り広げられるのか!楽しみで仕方がないです!

高校野球の講師変の観戦チケットは当日券と前売り券などがありますが、前売り券の購入方法は試合日によって異なります。

準決勝までは「7/14(金)から試合前日の午後6時」。決勝戦は「準決勝の前日から試合前日の午後6時」となっています。

また、2017年夏の高校野球の前売り券の購入方法は、発売場所はローソンチケット、チケットぴあ、セブンイレブン、サークルK・サンクスでWeb、電話で購入が行えますよ。

甲子園の組み合わせ抽選会は8/4(月)16:00から行われます。このタイミングで第一試合の注目カードが判明しますからプラチナチケットは競争必至ですね。

なので、2017年夏の高校野球の甲子園の前売り券の購入方法を熟知して、購入するしかないですね!

Sponsored Link

2017年夏の高校野球の甲子園の座席はどこがある?

2017年夏の高校野球の甲子園の前売り券の座席ですが、1塁特別自由席と3塁特別自由席の2種類がありますね。いずれも自由席ですから、前の試合が終わってからではいい席が取れないので早めに並びたいですね。

高校野球の甲子園の座席の1,3塁特別自由席は、中央特別自由席と呼ばれるバックネット裏の左右ですね。各校のダッグアウトの上ですから中々いい席ですよ。ぜひ、応援したいチームのダッグアウトが1塁側か3塁側かを調べてから購入したいですね!

ちなみに、1塁特別自由席と3塁特別自由席は、50段以上ありますのでどこに座るかで見え方もかなり変わってきそうですね。迫力ある試合を楽しみたい方は前の方の席がいいですね。前の方であれば席によっては選手たちの表情も楽しめそうですよ。あと、高校生たちがどんな掛け声をチームメイトに掛けているのかも聞こえてきて、より楽しめると思います。

とはいえ、日焼けが気になる方は甲子園名物の銀傘の下がいいでしょう。そうであえれば上の方の席がいいですね。基本的には全席銀傘の下ですが時間帯によっては日が当たる部分もあるかもしれないので・・・。

2017年夏の高校野球の甲子園の座席をしっかり見極め、せっかくなので一日中甲子園を楽しみたいですね!

2017年の夏の甲子園についてこんな記事も書いています。

2017年夏の甲子園の優勝候補を予想!注目選手は誰だ!随時更新

2017年夏の高校野球の甲子園のチケットの金額は?

Sponsored Link

2017年夏の高校野球のチケット代金は券種と座席によって決まっていますね。

まず。当日券ですが、中央特別自由席は2,000円、1,3塁特別自由席は1,500円(こどもは600円)、1,3アルプス席は600円、外野席は無料です。外野は無料なんですね。

前売り(単日)券ですが、1,3塁特別自由席は1,500円(こどもは600円)ですね。1,3塁特別自由席は当日券も前売りも値段は同じなんですね。行くことが決まっているのであれば当日バタバタしなくてもいいので前売り(単日)券を買った方がいいですね!結構並びますからね(笑)

この他、各種指定券(ボックス席、マス席、ペア席、アルプスデッキ席)などがありますが、いずれも割高ですので前売り(単日)券が一番お得な気がしますね!

なので、しっかり予算とチケット代金と身体の体調と相談して、一日中楽しみたいですね!

今回は、2017年夏の高校野球の甲子園の前売り券購入方法について記載しました。

いろいろな座席がありますので、ぜひしっかりと調べてからチケットを購入するのがオススメです!前売り券は、熱い中並ばなくて良いので、本当にオススメです。

Sponsored Link

この記事を読んだ方は、こんな記事も読んでます。