サッカー界でイケメンと言えば内田篤人。女性がサッカーを好きになるきっかけを与えたのは内田篤人ではないかと思っています(笑)今回は、そんな内田篤人について記載してきます。

イケメン内田篤人が結婚しているというのは、ファンの中では当然の事実。内田篤人ロスになっていた方も多いのではないかと・・・。めでたく子どもも生まれたんですが名前や年齢が気になりますね!

また嫁の名前は榎田優紀という一般女性です。何でも昔からの友達だったとか・・・。そんな内田篤人の嫁にバツイチの噂を見つけました。どうなんでしょうかね・・・。

Sponsored Link

内田篤人の子供の名前や年齢は何?

空前のサッカーブームの全盛期といえば、ベッカムとかモヒカンヘアーとか世界の中田英寿とか!そして忘れてならない元日本代表で、そのイケメンぶりでも一躍スターになり活躍した、内田篤人。サッカーの女性ファンが増えたのは内田篤人の貢献が大きかったと思います。

そんな形でもサッカーに貢献した内田篤人ですが2015年に幼馴染みの女性と結婚しております。子どももいるので名前や年齢が気になりますね!

ドイツのブンデスリーガ、所属事務所先から結婚発表されたという形式でしたが・・・。

と、その前に内田篤人のプロフィールを!

内田篤人(うちだあつと)1988327日生まれの29歳になります。静岡県田方郡函南町出身のプロのサッカー選手です。さすがのサッカー大国静岡ですね!現在、ブンデスリーガ・シャルケ04所属に在籍していますよね。

で、子供はというと去年の秋に子供は第一子の女の子に恵まれ、記事でもお披露目をしました~!

内田篤人の子どもなだけあり、写真で確認する限り、目が大きく可愛い女の子!やはり遺伝子は裏切らないんですね!

名前についてはやはり非公開でしたが、夫婦のどちらかの一文字を加えた名前との噂もありましたよー。もしかして、キラキラネームな名前だったりするのかな?

年齢は、逆算して一歳未満。まだ何ヵ月かの年齢なんですね~!子供はまだ一人だけど、年子でそのうち二人目にも誕生の朗報もそろそろあるかも!

Sponsored Link

内田篤人の嫁の名前は榎田優紀!

それで、めでたく結婚した相手の嫁の名前は榎田優紀という名前の一般女性だそうです。

内田篤人とその嫁の榎田優紀は、上記にも取り上げた通りの幼馴染み同士で、小学校からのクラスメイトである事が判明!素敵な恋愛だったんでしょうね!

実は…榎田優紀さん、テレビで内田篤人の大親友として出演も果たしていました。この時はまだ嫁じゃなく、あくまでも幼馴染み中の一人だったそうな・・・。

その後、三年前に内田篤人は榎田優紀との20年来の恋を成就させ交際をスタートし、一昨年に結婚した経緯があります。

番組で一般ゲストとして招かれた後の付き合いなので、その名前が挙がり実は嫁になっていたとの事実が発覚した時には、灯台もと暗し的な盛り上がりを一部では見せましたが、口には出さずとも昔からの両思いの二人だったそうです。

どうやら、名前負けせずに本当に思いやりのある優しい嫁さんらしいです。これであれば内田篤人ファンも一安心なのではないでしょうか!

内田篤人の嫁にバツイチの噂が!

Sponsored Link

そんな、長い年月が取り持った夫婦になるべくしてなった仲ですが、内田篤人の嫁にバツイチの噂がありました!因みにバツイチの由来は、あの明石家さんまが大竹しのぶと離婚する際に、額にバツイチのバツマークをマジックで書いた事が始まりという豆トリビア。

それは、さておき。巷で噂での、内田篤人の嫁はバツイチなのか?

この噂、裏があるのでは?と思ったら全くのガセネタでした。どうやら初婚!噂の発端はネットの書き込みらしいんです。ネットの書き込みはやっぱり恐ろしいですね・・・。ファンが多いから仕方ないけど、幸せは素直に祝福してあげましょうよ~!

で、榎田優紀とどこかで聞いたと思ったら、静岡テレビのキャスターだという事が奇跡的に判りました。というか、地方でキャスターを務めていた経歴の持ち主だったんですね~!

とりあえず、カレンダー売り上げでも注目されている内田篤人の人気フィーバーはまだまだ続きそうです!

今回は内田篤人について記載しました。

子どもの名前はやはり非公開でしたが、年齢は1歳未満と、今が1番かわいい年齢ですね!大変だとは思いますが・・・。

嫁の榎田優紀とは昔からの友人関係から結婚というとても素敵な形でした。バツイチの噂はネットの書き込みによるガセネタです。やはりサッカー界のスターと結婚すると根も葉もない噂は出るんでしょうが・・・。きっと2人の仲はそれくらいでは揺るがないでしょうね!

今後も内田篤人と家族が幸せで、内田篤人のサッカー人生も順風満帆にいくことを応援しています。

Sponsored Link

この記事を読んだ方は、こんな記事も読んでます。