ロシアワールドカップ2018もやはり本田圭佑がいるだけで、日本男子サッカー代表もなんだかやってくれそうな感がでますよね。さすがとしか言えません。

そんな本田圭佑ですが、目って結局病気なんですかね…。原因はバセドウ病だとかレーシック手術の影響だとか言われていますが、結局どんな理由なんでしょうかね。

また、本田圭佑の目はこれから治る可能性はあるんでしょうかね。

今回は、そんな本田圭佑について記載していきます。

Sponsored Link

本田圭佑の目は病気?

本田圭佑の目は病気なんでしょうか。

本田圭佑がメディアに出演するたびに言われている目の病気説ですが、実際のところはどうなのでしょう?

ファンも心配していることと思います。

確かに本田圭佑の昔の画像と比較すると髪や眉毛の色の違いを差し引いても明らかに目の周りが違っているのがわかります。

一時は整形では?と言われたくらいの変わりっぷりです。

目が大きくなったというより眼球が大きくなった感じがすることから本田圭佑の目は病気?と言われるようになったのだと思います。

ちょうど本田圭佑の目が変わったのがACミラン移籍前に頸部の手術を受けた時期と重なることから、病気のせいで目が変わったのではないかと言われています。

本田圭佑は頸部の手術については公表をしていますが、原因となる病名については一切発言していないことから憶測を生む結果になっているのだと思います。

本田圭佑の目は病気が原因である可能性が非常に高いと思います。

本田圭佑の目は病気で原因はバセドウ病かレーシック?

本田圭佑の目は病気で原因はバセドウ病かレーシック、理由はどっちなんでしょうかね。

本田圭佑の目は病気の可能性が高いと思いますが、詳しい病名を本人が公表していないこともあり…。

目が明らかに変化した時期が2013年頃なことから頸部の手術を受けた病気のせい(バセドウ病)という意見と2012年に受けたレーシック手術が失敗だったのでは?という意見があります。

レーシック手術に関しては本田圭佑も施術した病院も手術は失敗していないと話していることから、隠しているのでなければ本田圭佑の目の異変にレーシック手術は無関係だと思います。

バセドウ病に関しては病気の主な症状として眼球突出・甲状腺肥大・頻脈があげられることから、本田圭佑の頸部の手術は甲状腺の一部を切除し目が変わったのもバセドウ病の症状だからではないか?と言われています。

本人が公表しない限りは憶測でしかありませんが、大きな病気でないことを祈ります。

本田圭佑の目は病気の原因はバセドウ病かレーシックかは、本田圭佑の一言を待つしかないですね。

Sponsored Link

本田圭佑の目が治る可能性は?

本田圭佑の目が治る可能性はあるのでしょうか。

まず原因がはっきりわからないと治るかどうか何ともいえない部分はありますが、本田圭佑がバセドウ病だとすると頸部の手術をし甲状腺の一部を切除したことで完治が早くなるそうです。

ただ再発した場合は、再手術は行わずに薬剤や放射線による治療になるんだそうです。

これはあくまでも甲状腺に対する治療なのでこれから先、目が治る可能性は低いのではないかと思います。

バセドウ病が完治して目が治るのであれば、手術後の2013年以降に改善されているはずですからね。

調べてみると眼球突出のための手術や治療もあるので、本田圭佑が眼球突出に対しての手術を行えば目が治る可能性はありますが…。

もし、他の病気があるとすると、その病気の治療方法との兼ね合いもあるため難しいのかもしれないですね。

なので、本田圭佑の目は手術など治療の方法があるので治る可能性はあります。

今回は、本田圭佑について記載しました。

本田圭佑の目は病気なのかどうか。原因はバセドウ病かレーシックなのか、それは謎のままだったんですね…。本田圭佑の一言待ちの状態なんですね。なので理由はわかりませんが、いろいろと本田圭佑は治療には挑戦していそうなので、いつの日か治るのを待ちたいですね!

Sponsored Link

こんな記事も書いています。

本田圭佑の嫁が美人すぎる!名前や年齢と職業は?子どもは何人?画像