日本球界の宝ではなく、ベースボールの宝であり伝説になりつつあるイチロー。

そんなイチローが会長付特別補佐アドバイザーなるものに就任をいたしました。なんでもとても凄いことみたいで、田中将大もビックリしていました。素人には全然わからないんですが・・・。

イチローが就任した会長付特別補佐アドバイザーの仕事内容とはどんな感じなんでしょうか。重みがあるのは、なんとなく理解できますが、詳しいことが全くわかりませんよね。また年収もどのくらいなんでしょうか・・・。

そして、一番気になるのがイチローが引退ではないということ。来季も続けることはできるニュアンスを残していますが、そこもまた不明です。

今回は、そんなイチローについて記載していきます。

Sponsored Link

イチローの会長付特別補佐アドバイザーに就任!

米大リーグ・マリナーズのイチローが会長付特別補佐アドバイザーに就任しました!

イチローはメジャー出場が前提となる40人枠を外れ、今季選手として試合に出ることはなくなりましたが、試合前の練習などには参加、チームに同行しチームメイトや首脳陣をサポートする役割を担います。

マリナーズのディポトGMは「(来季以降の)プレーの道は閉じていない」と話しており「50歳まで現役」と公言しているイチローにとっては意志を尊重してもらったことになります。

マリナーズがイチローに戦力外通告を行ったりマイナーリーグに降格させることをしなかったのは、将来殿堂入りが確実とされているイチローにマリナーズが敬意を表していることに他ならないのでしょう。

イチローの会長付特別補佐アドバイザーに就任というのは、球団からの愛され度がわかりますね。

イチローの会長付特別補佐アドバイザーの仕事内容や年収は?

イチローの会長付特別補佐アドバイザーの仕事内容や年収はどのくらいなのか。

まずイチローが就任にした会長付特別補佐アドバイザーというのはどのような仕事なのかと言うと、マリナーズが発表したのは英語で「スペシャルアシスタント」!

日本語に訳すと「?」となりましたが、球団のスペシャルアシスタントと考えていいのではないかと思います。

マリナーズとイチローはスペシャルアシスタントとして生涯契約とも言われていて、半永久契約になるのではないかと言われています。

生涯契約を結んでもらえる選手は非常に稀なのでとても凄いことだと思います!

会長付特別補佐アドバイザーの仕事内容としては、今季選手としては試合に出場はしませんが、遠征も含めてチームに同行してイチロー自身も練習をしながら選手たちのサポートをします。

来季以降は試合出場の可能性もありますということです。

メジャーリーグでは極めて異例の契約内容なのだそうです。

イチローとマリナーズ、の信頼関係があってこそだと言われています。

イチローの年収は2018年3月に契約した時の年俸は75万ドル(約8千万円)です。会長付特別補佐アドバイザーになることで、プラスアルファの年俸などは公表されていません。

なので、イチローの会長付特別補佐アドバイザーの仕事内容はチームのスペシャルアシスタント、年収は約8千万円ということになります。

Sponsored Link

イチローは引退ではないの?

イチローは引退ではないんですよね。

イチローは今季は試合に出場しないことが発表されましたが、来季は試合出場が可能な契約なんだそうです。

イチローは今季試合に出場しないと発表された時は現役引退か?と日本のみならずアメリカでも話題になったようですが・・・。

マリナーズから「(イチローの来季以降の試合出場の)道は閉ざされていない」と発表されたこともあり、現時点ではイチローは引退ではないと言えますね。

ただプロのスポーツ選手が第一線から離れることで復帰は難しいのではないか?という声もあがっています。

こればかりは人によるとしか言えない部分もあると思いますが、イチローならその心配は無用なのではないかと個人的に思っています。

マリナーズの来季の開幕戦は日本で行われることも決まりましたし、来季の開幕戦でイチローが選手として復帰し試合に出場出来ることを楽しみにしたいと思います!

イチローは引退ではないので、来季以降プレーしている姿を見たいですね!

今回は、イチローについて記載しました。

イチローがマリナーズと会長付特別補佐アドバイザーに就任いたしました。仕事内容は、スペシャルサポーターで年収は据え置きなんでしょうね。引退ではないということで、来季以降のイチローに注目したいですね。

Sponsored Link

こんな記事も書いています。

イチローの現在スパイクメーカーはビモロ!何が良いのか簡潔解説!